契約前に確認!auひかりの特徴と最新の評判(料金・速度・特典)を徹底調査

auひかりは、KDDIの提供する固定回線で、超高速回線5ギガ・10ギガと最新技術の導入や高額キャッシュバックが高評価を得ています。

auひかりは、2016年頃までは悪い評判も目立っていましたが、現在の評判はかなり良くなりました。

固定回線の中でも、auひかりは、最新機器・サービスを導入しているため、最新の評判を確認することが重要です。

そこで、auひかりの最新の評判・評価を料金・速度・特典の3項目に分けて整理しました。

結論を先に伝えするとauユーザーならauひかりはおすすめです。(ホーム・マンションともに)

契約を考えている方は読み進めてください。

【auひかり 回線速度の評判】タイプ別で差がある

auひかりに関わらず固定回線で最も気になるのが回線速度だと思います。

auひかりには、大きく3種類の回線タイプがあるのでタイプごとの評判を見ていきましょう。

5ギガ・10ギガホームの速度 評判は高評価

auひかりの5ギガ・10ギガホームは現在の光回線で最強回線と言えます。

参考【超高速】auひかり5G・10Gサービスの概要とエリア判定方法を紹介!

ココがおすすめ

  1. 宅内まで最大10Gbpsで利用可能
  2. 次世代無線LAN規格で最大2.4Gbpsで利用可能※
  3. 5ギガプランは1ギガプランと同じ値段で利用可能

※時代を先取りし過ぎているので対応端末は未発売。2019年頃に発売されると予測しています。

言うことなしです。

auひかり ホームの速度 評判は高評価

auひかりホームも最大速度1Gbpsで実測値の評判は良好です。

2017年のRBBのスピードランキングの調査を見てみると各地域で1位となっています。

東海・近畿・沖縄ではauひかりを提供していないので、全国レベルで速度が速い回線だとわかりますね。

auひかりホームの速度評価は高いです。

auひかりのマンション速度 評判はやや低め

auひかりのマンションタイプでは、やや速度の評判は低めです。

というのも提供している回線タイプが、VDSL方式、LAN配線方式、光配線方式の3タイプを扱っているからです。

  1. 光配線方式:光ファイバーで宅内までつなげる
    (マンションギガ、マンションミニギガ、タイプF)
  2. LAN配線方式:建物まで光ファイバー、室内はLANケーブル
    (タイプE)
  3. VDSL方式:建物まで光ファイバー、室内は電話回線
    (タイプV、都市構造デラックス)

速度順位は1→2→3の順で遅くなります。

マンションギガ、マンションミニギガは最大1Gbpsですが、他の最大速度は100Mbpsです。

これらのタイプはマンション設備によるものなので自分で選択できません。

結果、一部のマンションプランでは速度の評価は低くなっています。

極端に悪い評判は通信障害の可能性あり

auひかりに限らず、光回線は最大速度(ベストエフォート)にて記載されています。

実測値に関しては次の3つが影響します。

  1. 接続部分の込み具合(プロバイダによって左右されます)
  2. 地域の利用者数(光ファイバーの込み具合)
  3. 機器や設備のトラブル(一番多いトラブル)

auひかりの速度が極端に遅い!という評判は通信障害の可能性について疑ったくださいね。

参考ネット 繋がりにくい原因は電波?対処法は?

公式発表障害・メンテナンス情報 | 個人のお客さま | KDDI株式会社

【auひかり料金の評判】は安い方ではある

auひかりの料金はホームタイプで5,610円マンションタイプで4,180円となっています。

ホームタイプは3年自動更新タイプの「ずっとギガ得プラン」です。

この料金には「機器レンタル料・インターネットサービス料・プロバイダサービス料」の3セットが含まれています。

では、他社回線と比べてどうなの? と気になるかと思います。他社回線と比較するとそこまで変わらないです。

主要回線(NURO光、ドコモ光、ソフトバンク光)のようなプロバイダ料込みの回線と比較してみました。

戸建てプラン(ホーム)の場合

光回線 月額料金 キャンペーン等
auひかり 5,610円 ・工事費実質無料
・他社違約金負担
・キャッシュバック
NURO光 5,217円 ・工事費実質無料
・設定サポート
・キャッシュバック
ソフトバンク光 5,720円 ・工事費実質無料
(期間限定)
・他社違約金負担
・キャッシュバック
ドコモ光 5,720円 ・工事費実質無料
(期間限定)

参考auひかりの料金は高い?他社回線との比較と高くなり理由を解説
(マンション向けの記述あり)

あえて言うならauひかりの工事費実質無料が期間限定ではないことでしょう。(ドコモ光、ソフトバンク光は期間限定です)

こうしてみると、ほぼ横並びなことがわかりますね。安さなら、NURO光の方が上です。

しかし、auひかり申し込み時のキャッシュバック特典やスマホ割引を含めると料金は安いと高評価につながります。

【auひかり特典】の評判

auひかりの特典は次の3点です。

  1. 工事費無料
  2. auスマートバリュー
  3. 高額キャッシュバック

工事費無料・auスマートバリューは「ネット+電話」の申し込みが必要です。

工事費の評判

注:割引は当時のキャンペーンです。

auひかりホームなら「ネット+電話」で申し込み。マンションならお得プランAで申し込むことで工事費割引が適用され実質無料です。他社回線では工事費無料をやっていない期間もあるため嬉しいポイントかと思います。

より詳しい解説はこちらauひかりの工事費|実質無料キャンペーンの詳細と注意点

auスマートバリューは好評価

au携帯割引の「auスマートバリュー」はかなり高評価を得ています。

auスマートバリュー

auスマートバリューは、「auスマートフォン(au携帯サービス)」+「ネットと電話」or「auスマートポート」を利用するとau携帯電話の利用料金を値引きするサービスです。

対象プラン

各料金プラン・データ定額サービスの割引額 値引額
au データMAX プランPro 永年1,000円/月割引
auデータMAXプラン Netflixパック 永年1,000円/月割引
au フラットプラン25 Netflix パックN
(シンプル)
永年1,000円/月割引
au フラットプラン20N
(シンプル)
永年1,000円/月割引
au フラットプラン7プラスN 永年1,000円/月割引
新auピタットプランN ~7GB 永年500円/月割引
~4GB 永年500円/月割引
~1GB ※新auピタットプランNでデータ容量~1GBご利用の月は割引適用されません。
auピタットプランN(s) 2G~20GB 永年1,000円/月割引
~2GB 永年500円/月割引
ISフラット、
プランF(IS)シンプル、
LTEフラットforTab/Tab(i)/Tab(L)/DATA(m)
最大2年間:1,410円/月割引
3年目以降ずっと:934円/月割引
ジュニアスマートフォンプラン、
カケホ(3Gケータイ・データ付)
永年934円/月割引

この恩恵は大きくauひかりの月額料金の大幅割引ありで使える可能性があります。

家族4人でauを使っているなら、割引額は4,400円/月で実質auひかり代金は1000程度で利用できます。

例として4人家族をあげましたが、50歳以上の家族で離れて暮らす方も割引対象となるので、親のケータイがauならまとめて割引を受けることができます。

もう一つ、注目したいのがWI-FI機能を無料でつけられる特典です。

最新Wi-Fi機器は最先端技術!

通常500円/月で使えるWI-FI機能をauスマホ利用者(スマートバリュー適用者)限定で無料利用できるようになります。

注目してもらいたいのが、5ギガ・10ギガに合わせて登場したBL1000HWです。

こちらは、内臓の無線LAN機能は最大2.4Gbpsの「Draft IEEE802.11ax」に対応しています。

11axのWI-Fi規格は、11acの次世代規格で2018年時点では対応端末が登場していません!今、最も最新のWi-Fi機能を搭載しているよね。こちらが無料です!

高額キャッシュバックが人気(ただし、注意あり)

最後は、auひかりの高額キャッシュバックです。こちらを加味するとauひかりが最もお得になる方が多いです。

auひかりでは、公式・プロバイダ・正規代理店の3つからそれぞれキャッシュバックを提示しています。

公式サイトよりもプロバイダ・正規代理店での申し込みがお得なのですが…

So-net・BIGLOBEのようなプロバイダサイトでは「月額料金割引+キャッシュバック」「全額キャッシュバック」などで対応しています。でも、複雑でどれがお得かわかりにくい。悪徳代理店では誇大表記のキャッシュバック金額提示、厳しい条件は小文字で実際には受け取れない

といったような形で満足度にバラツキがあります。

当サイトでは、高額キャッシュバック確実に受け取れるKDDI正規代理店をおすすめしています。

中でもNNコミュニケーションはKDDIからの表彰状を最多受賞しており多くのお客様から支持されています。

おすすめ度
月額料金 5,610円(税込)〜
(ネットのみ)
速度 最大1Gbps
(一部地域で10Gbps)
特典 ・CB:52,000円
・工事費実質無料
・他社違約金負担あり
・セキュリティ2年間無料

詳しい申し込み窓口の選び方に関しては以下の記事で紹介しているので契約前に確認してください。

auひかりのデメリット:ホームタイプの解約撤去費がかかる

auひかりのデメリットはいくつかありますが、大きなデメリットは次の3つです。

  1. auひかりは3年縛りである
  2. auひかり ホームの工事費が60回分割へ
  3. auひかりホームの撤去費31,680円に

主に2018年3月に改定されたホームタイプがデメリットとなりました。ただし、これらのデメリットを回避する方法も増え、対策できるようになりました。

参考auひかり撤去工事費28,800円を無料にする方法

まとめ:auユーザーならauひかりはおすすめ

こんな方におすすめ

  • 料金:auユーザーが一人でもいれば大幅割引あり!
  • 速度:独自回線利用。auひかりホームはWi-Fi環境含めトップクラスの品質
  • 特典:工事費無料・キャッシュバック特典は業界トップクラス

auひかりは料金・速度・特典で優れています。

au携帯×auひかりは最強の組み合わせだと思っています。

マンションタイプでは、料金が安い代わりに下り最大速度(下り最大100Mbpsの場合)が遅い可能性があります。

この場合、WiMAX(最大440Mbps)などのモバイル回線と比較されます。しかし、電波状況によって速度は変わります。安定性・料金の安さはauひかりに軍配が上がります。

現状、マンションでもauユーザーなら、auひかり一択です。

工事費実質無料、高額キャッシュバックで契約しやすい回線です。ぜひ、auひかりを開通させて最良のインターネット環境を手に入れてくださいね。

-auひかり

© 2021 光スマート