あなたのネット回線を賢く決める! 最適なネット回線選びから設定までやさしく解説するサイトです。

インターネット選びを徹底比較!光スマート

ドコモ光の評判は悪い?速度・料金の評価とメリット・デメリットまとめ【2018年版】

更新日:

ドコモ光はドコモのスマホを使っている方がお得に使える光回線で2015年からサービスをスタートしました。

何かと「ドコモ光に切り替えるとお得!」と言われているけど、本当にそうなのか?と疑問を持っている方も多いかと思います。

口コミを調べてみると良い評判・悪い評判が本当に契約しても良いのか不安ですよね。

結論を伝えるとドコモ光はプロバイダ選びに成功すれば料金も速度も満足できる光回線となります。

この記事では、ドコモ光の実際の利用者の口コミ・評判からメリット・デメリットを紹介し最適な申込方法を紹介します。

ちなみにドコモ光はプロバイダで料金・通信品質に差が出ます!よりお得にドコモ光を契約したあなたは以下のページを参考にしてください。

ドコモ光の3つのメリット

ドコモ光を利用するメリットは

  1. フレッツ光よりも安くなる
  2. スマホ割引
  3. ドコモポイントをもらえる

の3つです。それぞれわかりやすく解説します。

基本料金が安くなる

 光回線(戸建) 実質 基本料金 プロバイダ
フレッツ光の場合
プロバイダ:So-net
5,600円 5,700円 1,000円
ドコモ光
タイプA
5,200円 5,200円 -

※割引 3点適用①にねん割(24カ月間700円割引)②フレッツ光メンバーズクラブ マンスリーポイント(100円割引(1年目))③ギガ推し!割引(30カ月300円割引)

ドコモ光に切り替えるだけで基本料金が安くなります。

これまでフレッツ光利用料・プロバイダ料を別々に支払っていたのが、ドコモ光では『ネット料金+プロバイダ料金』がひとまとめになりました。

スマホ割引がある

ドコモ光の最大のメリットであるスマホ割引があります。

家族利用を割引ひとり利用の割引
ご利用のパケットパック ドコモ光パック
(セット割金額)
ウルトラシェアパック100 -3,500円/月
ウルトラシェアパック50 -2,900円/月
ウルトラシェアパック30 -2,500円/月
シェアパック15(標準) -1,800円/月
シェアパック10(小容量) -1,200円/月
シェアパック5(小容量) -800円/月
ご利用のパケットパック ドコモ光パック
(セット割金額)
ウルトラデータLLパック -1,600円/月
ウルトラデータLパック -1400円/月
データMパック(標準) -800円/月
データSパック(小容量) -500円/月
ケータイパック -500円/月

例えば、4人家族でウルトラシェアパック100を利用されているご家庭なら毎月3500円割引され…

年間42,000円お得になります。

申し込みサイトでは

  1. お住まいの住居タイプ
  2. ご家族のご利用状況
  3. ドコモ携帯のご契約プラン
  4. ドコモ携帯のご利用年数

の4つの情報を入力すれば割引額が提示されます。

まずは申し込む前に計算してみてください。

ドコモポイントをもらえる

ドコモ光ではdポイントプレゼントキャンペーンを行なっています。

  • 新規:dポイント20,000pt
  • 転用:dポイント10,000pt

開通の翌々月にもらえます。

フレッツ光からドコモ光に乗り換えるだけでもらえるのが嬉しいポイントですよね。

これまでの話をまとめると…

  1. プロバイダ料が含まれているから安くなる
  2. 最大2500円/月のスマホ割引が適用される
  3. ドコモポイント最大20,000ptもらえる

ドコモユーザーは、スマホも光回線もひとつにまとめておきましょう。

ドコモ光の口コミ・評判は速度が遅いが目立つ?

ドコモ光を実際に利用している方の評判や口コミが気になりますよね。

メリットに関しては紹介したので、悪い評判・口コミを集めてみました。

特に多かったのがスピードに関するものでした。

光回線なのに遅いなんて契約する意味がありませんよね!

いくつかネット回線の速度が遅くなる原因がありますが、ドコモ光の通信品質を左右するものは接続方式にありました。

原因はプロバイダの接続方式にあり

最近のフレッツ光系(光コラボレーション)の速度は、NTT東西の網終端装置の混雑(IPv4 PPPoE方式・IPv6 PPPoE方式)の接続方法がボトルネックとなっています。

ちょうど以下の画像のようなドコモ光とインターネットをつなげるプロバイダ部分で混雑が起きている状態ですね。

ドコモ光のISPの例

この『速度が遅い問題』の解決策の一つとして、次世代接続方式のIPoE接続があります。

これがドコモ光というサービスのデメリットで、プロバイダごとで接続方式が異なるために速度が変わってしまうわけです。

つまり、「ドコモ光は速いよ!」「ドコモ光なんて遅い!」という評価が混在するのはごく自然なことなんです。

V6プラスなら爆速

この速度問題を解決するために新しく『IPv4+IPv6』(V6プラス)方式の接続を開始をスタートしました!

イメージは以下の画像のような形で混雑するポイント通らない技術を使っています。

V6プラスは、通常のIPv4よりも速いと考えてください。

混雑時に測定したら5倍程度速くなりました。

詳しくは『IPv6接続オプションとV6プラスの違い何?速度は速くなるの?』にて解説していますが、現状のインターネット環境としては最高の環境と言えます。

この利用環境の問題を唯一解消してくれているのがドコモ光プロバイダのGMOとくとくBBとSo-netでした。

おすすめはGMOとくとくBB



GMOとくとくBBでは、最高の環境を提供するためにV6プラスに対応したWI-FI機器も同時に無料レンタルを実施しています。

他社プロバイダではWi-FI機器を無料レンタルしているところもありますが、残念ながらV6プラス非対応でした。

  • 無料Wi-Fiレンタル
  • V6プラス対応

で提供しているのはGMOとくとくBBとSo-netだけなので当サイトではこの2社をおすすめしています。

ドコモ光の満足度はプロバイダによって左右されることを覚えておいてください。

まとめ

  1. ドコモユーザーならドコモ光に切り替えればお得
  2. ほぼ全てプロバイダで速度の問題で評判が悪い
  3. GMOとくとくBBとSo-netのみV6プラス対応で速度の評判は良い

V6プラスは外部委託が必要なのでそれなりコストのかかる接続方式です。

特にGMOとくとくBBでは1万円相当のWi-Fi機器レンタルとセットで提供しているので太っ腹ですよね。

このGMOとくとくBBのキャンペーンはWeb申込限定です。

ショップや家電量販店での契約では特典はつきません。

これからお申し込みされる方は特典のもらえる以下のリンクから契約してくださいね。

-ドコモ光

Copyright© インターネット選びを徹底比較!光スマート , 2018 All Rights Reserved.