光スマート

インターネットをお得に契約!初心者のための比較&ランキングサイトです。知識ゼロからもっと快適に、いちばんお得につなぐ!選び方から契約方法までわかりやすい情報をお届けします。

auひかり撤去工事費28,800円を無料にする方法

投稿日:

2018年3月より、auひかりはauひかり ホームの改定を行いました。

KDDIは、2018年3月1日より、光ファイバーを用いたインターネットサービス「auひかり ホーム」において、サービス解約時の光ファイバー引き込み設備の取り扱いを改定致します。また、光ファイバー引き込み設備の撤去費用についても改定致します。

参考「auひかり ホーム」解約時の引き込み設備の取り扱い、および撤去費の改定について

この改定により、auひかりの撤去工事が実質強制となり、28,800円の撤去工事費がかかるようになりました。

auひかりを検討中のあなたは、この解約時に発生する撤去費にデメリットを感じ申し込みを躊躇しているのではないでしょうか。

しかし、これからauひかりを申し込む人でも撤去工事費を無料にする方法がありました。

auひかりの撤去工事を無料にする3つの方法を紹介します。

申し込み時点で撤去工事費を0円にする方法

auひかりの撤去工事を申し込み時点で0円にする方法は、KDDI正規代理店のNNコミュニケーションズからauひかりを申し込むことです。

NNコミュニケーションズでは、auひかり ホームの解約時の解約撤去費用が不安な方へ向けて撤去費用相当のキャッシュバックを実施しています。

適用条件

  1. NNコミュニケーションズでauひかりを契約する
  2. プロバイダはBIGLOBEであること
  3. 解約時に新たにBIGLOBE光を契約すること

以上の3点を満たすことでBIGLOBE光の開通2ヶ月末に撤去費用相当のキャッシュバックが振り込まれます。

ココがポイント

BIGLOBE光へ乗り換えた際の3つの安心

  1. 標準工事費は実質無料
  2. auスマートバリューの引き継ぎ適用可能
  3. auひかり解約時の撤去工事費は2ヶ月後キャッシュバック

様々なauひかり代理店がある中でNNコミュニケーションズで実施しています。

auひかりの撤去費に不安を感じていた方は代理店独自のキャンペーンがあるのでご安心くださいね。

高額キャッシュバックあり!

NNコミュニケーションズで申し込む

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください

auひかりの撤去工事費の詳細について

auひかりの撤去工事費について詳しく知らない方もいるかと思うので詳しく解説します。

2018年3月1日以前なら撤去工事不要

2018年3月改定で新たに撤去工事が必要となりましたが、2018年2月28日までに申し込みした方は、撤去工事は不要です。

電柱から宅内までの光ファイバーの引き込み設備はそのまま残り、撤去は任意によるものです。撤去工事を行った際は10,000円となります。

2018年2月28日までの申し込みをされた方でも、2018年3月1日以降にauひかり ホーム 10ギガ、auひかり ホーム 5ギガへの変更した方は、撤去工事費必須となります。ご注意ください。

マンションタイプは対象外

auひかりの強制撤去工事のニュースでマンションも対象なの?と不安かもしれませんが、auひかり ホームだけです。マンションは対象外です。

マンションに関しては、2018年3月改定で変化するものはありません。

集合住宅にお住いで【auひかり ホーム】を導入される方は、撤去費用がかかります。

auひかりの撤去工事費を避ける2つの方法

auひかりの撤去工事費を避ける方法は次の2つです。

  1. 引越し後もauひかりを使う
  2. 違約金負担のある光回線へ乗り換える

撤去工事費を避ける方法1:引越し後もauひかりを使う

auひかりの改定内容では次のような注意書きがありました。

お引っ越しによる解約で、お引っ越し先でも引き続き同一プロバイダにてauひかり(注2)をご利用いただける場合や、au Wi-Fi ルータ(注3)をご利用いただける場合は、本費用をお支払いいただく必要はございません。

+ 注意書き3点

  1. auひかり ホーム(RF)には適用されません。
  2. auひかり マンションの加入型が一括型、都市機構16M(B)ベーシック・16M(R)レンタルの場合には適用されません。
  3. お引越し元のauひかりにおいて、auonenetをご利用の場合。

引越し後もauひかり・同一プロバイダで使う場合は、撤去費用免除となります。

問題となるのはauひかり非対応の場合

問題となるのは引越し先でauひかり 非対応の場合です。

先ほどの注意書きだau Wi-Fi ルータ契約なら撤去費はかからない。と記載がありましたが、プロバイダau one netの場合のみとなります。

結果として、auひかり非対応ならほぼ撤去費用がかかることになります。

そこで、冒頭でもお伝えしたようにNNコミュニケーションズの独自キャンペーンが強力にサポートしてくれます。

プロバイダBIGLOBEを契約することで、auひかり非対応でもBIGLOBE光を契約すれば撤去費用をキャッシュバックしてくれます。

auひかり契約時で変わるので逃げ道のある代理店から申し込みをしておきましょう。

撤去工事費を避ける方法2:ソフトバンク光への乗り換える

もう一つが、他社回線違約金負担キャンペーンを行なっているソフトバンク光への乗り換えです。

こちらは、違約金や撤去工事費を最大10万までソフトバンクが負担してくれます。

実際、筆者は他社回線違約金を申請しもらいました。

参考ソフトバンク光の違約金負担キャンペーンの申請方法と注意点

条件

  1. キャンペーン契約者が申込者と同一である
  2. 紙請求書の場合は①契約者指名、②回線設置住所、③違約金・撤去工事費用の3点を確認できること※
  3. 会員サイトの場合は、上記3点の記載されているウェブ画面のコピーを利用すること

今回、ソフトバンクに問い合わせをしてみましたが、引越しの際にもこのキャンペーンは適用するととのことでしたので、現在の住所での解約、引越し時でも活用できます。

最大10万円まで適用してもらえるわけですから、もう一つの乗り換え先の候補になりますね。

まとめ:auひかりの28,800円の撤去工事費は0円にできる!

auひかり ホームの撤去工事費を0円にする方法

  • NNコミュニケーションズでauひかりを契約
  • プロバイダをBIGLOBEに指定する
  • 解約時にBIGLOBE光に乗り換えること

以上でauひかりの撤去工事費を0円にできます。

また、BIGLOBEを選ぶことで最も高額なキャッシュバックを実施しています。

auひかり ホームをご検討の方は、撤去費用0円にする方法でお申し込みくださいね。

-auひかり

Copyright© 光スマート , 2018 All Rights Reserved.