光スマート

インターネットをお得に契約!初心者のための比較&ランキングサイトです。知識ゼロからもっと快適に、いちばんお得につなぐ!選び方から契約方法までわかりやすい情報をお届けします。

LAN配線方式は遅い?回線品質と料金が安い理由を解説

更新日:

集合住宅でフレッツ光・光コラボには「光配線方式」「VDSL方式」「LAN配線方式」3つの配線方式があります。

中でもLAN配線方式は、LANケーブルに差し込むだけで使えるため、インターネット完備を売りにしたマンションやアパートなどに多く設置されています。

メリットも多い配線方式でしたが、光回線の進歩とともに古い方式となりデメリットが目立ってきた為に注意が必要となりました。

この記事ではLAN配線方式で回線契約を検討中の方、契約中の方に向けて、LAN配線方式の通信品質・メリット・速度改善案について解説したいと思います。

LAN配線方式とは?

LAN配線方式とは、集合住宅に光ファイバーをつなげ、LANケーブルで各部屋に設置する方式のことです。

イメージは以下のような形です。

  1. 電柱から集合住宅まで光ファイバーを引き込み
  2. PT(Premises Termination)に接続します。そこからPTから「集合型回線終端装置」を経て
  3. 各部屋のLANコネクタへとつなげます。
  4. そのLANコネクタにLANケーブルをさして利用します

詳しい設置方法はNTT東日本のサイトに記載があります。

参考集合住宅の導入工事と配線方式について

用語が並んでいるので難しく感じますが、水をイメージしてもらうとわかりやすいかと思います。

集合住宅で使う生活用水は貯水タンクに水を貯めて各部屋に届けています。

集合型回線終端装置が貯水タンクのような役割でインターネットのデータを送り出す役割を担っています。

LAN配線方式は、集合住宅(マンション・アパート)のオーナーの意向で建築時に設置しているため、『インターネット無料マンション』や『インターネット対応マンション』と表記されていることが多いです。

光回線が始まった当時はインターネット対応マンションというのは、非常に価値の高い物件でした。

LAN配線方式の3大メリット

LAN配線方式のメリットは次の3つ

  1. LAN配線方式だからつなげるだけで使える
  2. 料金が圧倒的に安い
  3. VDSLと比較すると電波の影響を受けにくい

ただ、圧倒的にデメリットの方が大きいので気になる方のみクリックして読んでくださいね。

LAN配線方式だからつなげるだけで使える

LAN配線方式はすでに部屋までLANケーブルでつながれているので、改めて工事をする必要がありません。

LANケーブルをPCやWi-Fiルーターにカッチっとつなげるだけ!

賃貸物件でもワンルームなどで「インターネット無料!」と表示しているところに多いです。

料金が圧倒的に安い

工事費用がないので派遣工事なし。初期工事費用がないですよね。

さらに、回線料金は光配線方式よりも1000〜2000円程度安く3000円台が相場です。

フレッツ光なら2年縛りで1,500円。集合住宅が導入しているから撤去工事も不要なので最後まで安く使えます。

VDSLと比較すると電波の影響を受けにくい

似た配線方式でVDSL方式と言われるものがあります。

参考VDSL方式は遅い?その仕組みと回線品質を徹底解説!

こちらは電話回線を利用しており電子レンジ・FAXからの電波の影響をモロに受けるため速度が不安定です。

しかし、LAN配線方式はこれらの影響に強いのでVDSL方式より安定している点でメリットと言えます。

LAN配線方式の通信品質について

LAN配線方式の通信品質は光配線方式と比べるとわかりやすいかと思います。

光配線方式は光ファイバー経由を部屋まで経由できる

最もメジャーな配線方式の光配線方式は以下のようなイメージで接続します。

光ファイバーを電柱から部屋まで引き込む接続方式をとっています。

屋外の電柱 → MDF室(スプリッタ)で分岐 → 各部屋のONU

全て光ファイバーを通しています

部屋まで引き込まれるわけですから、フレッツ光網の最大速度である下り最大1Gbpsをそのまま利用できます。

LAN配線方式が遅い理由は最大速度が原因

光配線方式に対して…LAN配線方式は建物まで光ファイバー。建物から各部屋でLANケーブルで配線を張り巡らせます。

屋外の電柱 →集合型回線終端装置 → 各部屋のLANコネクタ

黒字は光ファイバー。赤文字はLANケーブルです。

結果、光配線方式の最大速度1Gbspに対して、LAN配線方式は100~200Mbspまで下がります。

速度は下がりますがそれでも200Mbpsまで出ますよね。

遅くなる最大の要因は、回線終端装置を全員で共有していることにあります。

回線終端装置とは、正確には光回線終端装置(ONU)と呼ばれ光配線方式の各家庭に以下のような機器を設置します。

役割

光ファイバーの中を流れてきた光の信号を電気信号に変えたり、光ファイバーへ送り出す電気信号を光の信号に変える働きをしています。

1家庭に1台だったものを無理やり複数に分けているので物理的に無理が来るのがわかりますよね。

Wi-Fiルーターでも6~9人レベルになれば、処理速度を高めるCPUを搭載しています。

しかし、10年以上前から利用している機器ですから性能もしれています。

結果、LAN配線方式は遅くなっているのです。

代表的な光回線だとレオパレス21専用インターネット回線のレオネットがそうです。

参考レオパレスのレオネットは遅い?評判と速度対策方法を紹介!

記事内で利用者の声を紹介していますが、非常に速度が遅く1Mbsp以下なこともしばしばあります。

LAN配線方式以外の選択肢はないのか?

LAN配線方式のインターネットを導入している集合住宅は、工事のある光回線の導入をお断りしているところが多いです。

「LAN配線方式の光回線しか導入できない?速度を我慢して使うべきなの?」と落胆されるかもしれませんが、据え置きWi-Fiルーターを使う選択肢があります。

解決策1 WiMAX

解決策の一つが下り最大440MbpsのWiMAXです。

カシモWiMAX

  • 料金
    〜2ヶ月:1,380円
    3ヶ月目〜24ヶ月目:3,380円
    25ヶ月目〜:4,079円
  • 最低利用期間:2年

WiMAXは、工事不要で使えるWi-Fiルーターです。

LAN配線方式よりも早い下り最大440Mbpsでネットは使い放題です。

3日で10GB以上で制限がありますが、よほど使わない限り制限されません。

賃貸マンション・アパートに導入許可なし。勝手に申し込めばOKなので楽ですよね。LAN配線方式よりは高くなりますが、値段相応の速度が出るので満足するはずです。

最大8日以内のクーリングオフ制度に似た初期契約解除も利用できるので、我慢できない方は試してみることをおすすめします。

参考カシモWiMAX公式サイトへ

また据え置きWi-Fiルーターの性能などは、以下の記事で解説しています。

参考【工事不要のネット回線】据え置きWI-FIルーターのメリットとおすすめ機種を紹介!

解決策2 NEXTモバイル

nextモバイル

  • 料金
    20GBプラン:2,760円
    20GBプラン:3,490円
    20GBプラン:4,880円
  • 最低利用期間:2年

こちらは、WiMAXが使えなかった人向けのモバイル回線です。

最大速度150MbpsとWiMAXに比べると遅くなりますが、スマホで使われているLTE回線を利用しています。

その違いは以下のような感じです。

つまり、WiMAXと比べて電波が届くため、WiMAXの使えない地区に住む方におすすめです。

デメリットは、WiMAXの使い放題と違って20GB〜のデータ容量を選ぶこと。データ容量以上使えば下り最大128Kbpsまで制限されるのでご注意くださいね。

参考nextモバイル公式サイトへ

まとめ

LAN配線方式は光回線が始まった当時はインターネット対応マンションということで非常に価値の高い物件でした。

当時は光回線というだけでADSLやVDSLよりも速い!と言えたんですよね。最大速度(ベストエフォート)が物語っていますね。

LAN配線方式は最低限メールができればOKというレベルなら最適な配線方式です。これ以上安いネット回線はありません。

しかし、大容量データを使う現代は足を引っ張る要因。これから契約される方は注意してくださいね。

-基礎知識

Copyright© 光スマート , 2018 All Rights Reserved.