光スマート

インターネットをお得に契約!初心者のための比較&ランキングサイトです。知識ゼロからもっと快適に、いちばんお得につなぐ!選び方から契約方法までわかりやすい情報をお届けします。

光コラボから光コラボへの乗り換え|手順や注意点を徹底解説!

更新日:

スマホの乗り換えとともに光回線の乗り換えを検討中している。もしくは、サービス内容やサポートに不満があり乗り換えしたいと考えているのではないでしょうか。

フレッツ光から光コラボ乗り換えは、工事無し・簡単な手続きの『転用』ができました。とてもスムーズに切り替えられて料金も安くなりましたよね。

でも、光コラボから光コラボへの乗り換えは転用できません。手順を間違えると「開通までネットを使えない」「電話番号が引き継げない」可能性があります。

最悪の事態を避けるために光コラボ間をスムーズに乗り換える方法と注意点をまとめました。ぜひ参考にしてください。

光コラボから光コラボの乗り換えの手順・流れ

光コラボから光コラボの乗り換え方法は

  1. ネットのみ
  2. ネット+電話サービス

で大きく対応が変わります。

【超簡単】光コラボの乗り換え手順(ネットのみ編)

光コラボの乗り換えでもネットだけの乗り換えなら超簡単です。

スケジュールはこんな感じ

順番 旧光コラボ 新光コラボ
1 - 契約手続き
2 解約手続き
(工事日程より後に決定)
工事日程調整
3 - 回線工事〜開通
4 新光コラボで接続設定
(両回線とも使える状態です)
5 解約・機器返却 利用中

光ファイバーは入っているし無派遣工事なのかな? とも思いましたが、工事はありました。

工事といってもONUを交換して接続確認をするだけの簡単な作業で20分程度で終わりました。

気をつける点は工事日程・解約日の日程後ほど記載する違約金に関する内容くらいです。

その2つが問題なければ、簡単に乗り換えできます。

ちなみにSo-net光からソフトバンク光へ乗り換えた際はSo-net光を解約するまで、So-net光の接続設定でネット利用できました。

【要注意】光コラボの乗り換え手順(ひかり電話あり編)

光コラボから光コラボへの乗り換えは、フレッツ光から光コラボへの転用とは異なる手順となります。

転用の際は、とても簡単な手続きでした。

フレッツ光から光コラボ

  1. 光コラボへ申込み
    ↓(転用承諾番号の取得)
  2. 回線工事
    ↓(局内工事で自動的に切り替え)
  3. 開通
  4. 必要な方のみ乗り換え前のプロバイダを解約

フレッツ光から光コラボへ乗り換える場合は、回線をそのまま利用するので基本的にそのまま利用。機器の返却もなくプロバイダが一緒なら設定不要で切り替えが完了となりました。

しかし、ひかり電話を伴う光コラボから光コラボへの乗り換えは、一度ひかり電話を解約した上で新規契約しなければなりません。

光コラボから光コラボ【ひかり電話あり編】

  1. 旧光コラボのひかり電話の解約申し込み
    電話のアナログ戻し
  2. 新光コラボに申し込み
    ↓(回線工事※)
  3. 旧光コラボを解約
    ↓(機器の返却)
  4. 初期設定後、開通

※工事といっても基本的にONUを変更するだけです。

この流れでお解りのように、光コラボから光コラボに乗り換えでは、先にひかり電話を解約しなければなりません。

+ どうして転用できないのか?

そもそも光回線での「転用」とは、フレッツ光回線の回線部分を光コラボ業者がそのまま利用する仕組みをいいます。

同じフレッツ光回線でも光コラボ業者に渡った(卸売りで)時点で、そのフレッツ光回線は光コラボ事業者が運用するようになります。

NTTの手を離れる訳ですから、後の光コラボ業者がどのように利用するかはNTTとて手出しはできません。

その光回線を利用者が解約、光コラボとして使わなくなったからやっぱりNTTで引き取ってくれという訳にはいかないわけです。

卸売りはできても買い戻しはしないということですね。

かといって光コラボ業者間でも「うちで返品があったからそっちで売ってくれ」という訳にもいかないわけです。

よって結果、光コラボの利用者は他社に変更する場合まずは利用中の光コラボを解約、そして次の光コラボに新規で契約ということになるんです。

ココがポイント

2018年現在、ひかり電話の乗り換えは「事業者変更」と工事なしで簡易的な切り替えの導入を検討しています。

参考光コラボレーションモデルにおける 「事業者変更」の対応について

検討中なので、そのうち簡易的な切り替えになるかもしれません。ただ、現在は面倒ですが、アナログ戻し→ひかり電話の契約となります。(また情報が更新されたら追記します)

乗り換え前で注意したい3つのポイント

注意したい3つのポイント

  1. 電話番号の切り替わる可能性
  2. ネットの使えない空白期間の可能性
  3. 解約金・工事費用の残債

電話番号をアナログ戻しする必要がある

光コラボを乗り換える際に注意すべきは「光コラボを解約すると光電話も解約になる」という点です。

光コラボ業者から契約の際に発番された電話番号や050番号を利用していた場合は、すべて使えなくなります。

+ 具体的な例

ソフトバンク光を契約後、BBフォンにて『050-XXXX-XXXX』の電話番号を発番してもらった。

▶︎ソフトバンク光で発番なので解約で使えなくなります。

これは光コラボ乗り換え時の必然なのでどうすることもできません。

問題は、光コラボで従来からの電話番号を使っていた場合です。

  • フレッツ光→光コラボ:光電話の番号はそのまま移行
  • 光コラボ→光コラボ:一旦解約なので番号移行不可

光電話を利用する場合では、もともと使っていた従来の電話番号をそのまま引き継いで使えていましたが、光コラボからの乗り換えの際には番号移動ができません。

  1. NTTの固定電話を復旧
  2. 光電話を解約
  3. 新たに契約した光コラボで改めて光電話契約

という手法をとる必要があります。具体的な方法は以下の通りです。

戻すと言っても具体的な手続きとしては、乗り換え前の光電話の解約時にNTT加入電話へ戻したい意向を伝えるだけです。

するとNTTにより加入電話に戻す工事が行なわれます。工事費は工事内容により若干異なる場合がありますが、概ね2,000円程度です。

参考ひかり電話の乗り換え!電話番号をそのまま使う際の対処法

ネット空白期間の対策が必要

上記のツイートにもあるようにネットの空白期間にも要注意です。

光電話もまとめて乗り換えようとすると一度、現在使っている回線を解約しなければなりません。この点がフレッツ光からの転用と異なる点ですよね。

先にひかり電話を解約しておけば新規契約もスムーズに行きます。

ただ、自動更新月ですぐ解約しなければならない場合や万全の対策をしても工事日程にズレが生じる可能性があります。

解約する光コラボの日付は解約時に明確になりますが、ハッキリしないのは新規契約する光コラボの開通日です。

ONU(モデム)の取り替えだけで済めば良いのですが、工事を伴う場合は早くても2週間、通常1カ月以上かかると覚悟しておいた方がいいでしょう。

また工事日(開通日)のお知らせもあくまで「予定」ですから、どんな事情で延期になるかわかりません。

こうした光コラボ乗り換え時の空白期間をできるだけ効率よくやり過ごすために

  1. スマホ4G・LTEのデータ容量のプラン変更で対応
  2. ポケットWi-Fiの一時的な利用(レンタル)
  3. PCならケータイのテザリング機能で対処する

などの対策が必要です。

それでも結局データ制限を気にしながらの利用は、何だか落ち着いてネットが利用できないかと思います。

解約違約金・工事費残債に要注意!

光回線は2年契約の自動更新型です。24,25ヶ月目が更新月で違約金0円。それ以外の月で解約すると1万円前後の違約金が発生します。

工事費は最大60回払いなどで組んでいたり、割引で実質0円というものをやっているので残債の支払う可能性もあります。

でも、最も怖いのは受け取ったキャッシュバックの違約金です。

一例として価格.comのSo-net光の違約金を見てみましょう。

価格.comの場合は高額なキャッシュバックを出している代わりに違約金が発生します。過去にキャッシュバックをもらっている方は、違約金が異なっている可能性があるので注意してください。

まとめ

光コラボから光コラボへの乗り換えは

  1. 転用ではなく新規契約扱いになる
  2. 注意する点は、電話番号・ネット空白期間・違約金
  3. ひかり電話の乗り換えは先にひかり電話を解約

乗り換え前に対策をしていれば大丈夫です。

あとは光コラボの自動更新月に解約をして解約金がかからないようにしてくださいね。

光コラボを料金・速度・特典から徹底比較しました。これから乗り換える方は参考にしてくださいね。

乗り換えでキャッシュバックを受け取ろう

光コラボから光コラボの乗り換えでは転用ができないというデメリットでした。

しかし、新規契約扱いということで転用時よりもキャッシュバック特典が多いです。お得なネット代理店からお申し込みを済ませてキャッシュバックを受け取りましょう。

  • 違約金負担のあるソフトバンク光
  • 次が地域限定特典のあるドコモ光
  • 特典狙いならMarubeni光
  • auスマホならSo-net光
  • とにかく安くしたいならDMM光

お得に乗り換えるならこの5社がおすすめです。

ソフトバンク光

  • 戸建:5,200円
  • マンション:3,800円
  • 新規申し込みで28,000円の高額キャッシュバック
  • SoftBankのスマホ割引あり(最大1,000円/1台)
  • 全国対応
  • 他社解約金満額負担

※最短2ヶ月後に入金。

ドコモ光

  • 戸建:5,200円
  • マンション:月額4,000円
  • ドコモ光のスマホ割引あり(最大3500円/月)
  • 無線LAN機器の無料レンタル実施
  • 新規:16,000キャッシュバック(GMOとくとくBBより)
    +最大30,000pt(ドコモ光より)

※開通翌々月にポイント進呈。

Marubeni光

  • 戸建:5,230円
  • マンション:月額3,880円
  • 最大33,000円キャッシュバックあり

So-net光

  • 戸建:5600円
  • マンション:4300円
  • auスマホ割引あり(最大2,000円/1台)
  • キャッシュバック最大33000円
  • 次世代通信方式V6プラスあり

DMM光

  • 戸建:4,820円
  • マンション:月額3,780円
  • DMMモバイル割引あり(最大500円/月)
  • 20,000円キャッシュバックあり

-コラム

Copyright© 光スマート , 2018 All Rights Reserved.