光スマート

インターネットをお得に契約!初心者のための比較&ランキングサイトです。知識ゼロからもっと快適に、いちばんお得につなぐ!選び方から契約方法までわかりやすい情報をお届けします。

ドコモ光のプロバイダはどこがおすすめ?料金・速度・特典から徹底比較!

更新日:

ドコモ光は2015年にスタートし400万件を超える人気の光コラボです。プロバイダを自分で選べる、少し特殊な光コラボといえます。

ドコモ光を契約するにあたって、20種類以上もるプロバイダから1つ選ぶわけですから、どれを選べば良いのか分からないはずです。

プロバイダ選びはフレッツ光時代から重要。ドコモ光のプロバイダ選びでは最新通信技術が登場したためまずます重要度は高くなりました

同じドコモ光でもプロバイダによってサービス内容が全く違います

この記事では、知識ゼロからでもドコモ光のプロバイダを選ぶことを目標に、プロバイダの基礎知識、選び方のポイント、おすすめプロバイダをわかりやすくまとめています。

これ以上、ドコモ光のプロバイダ選びで悩まなくなると思います。ぜひ、契約前の参考にしてくださいね。

ドコモ光のプロバイダとは?

ドコモ光のISPの例

そもそもプロバイダって何をやるの?と思う方も多いかと思います。

プロバイダとは、インターネットを接続する役割を担っています。今使っているスマホやケータイも契約している会社があるからネットに接続できます

簡単に言えば、プロバイダとはインターネットの扉のような存在なのです。

ドコモ光ではこのインターネットを接続してくれるプロバイダを選べるわけです。

ドコモ光のプロバイダの種類

ドコモの料金は大きくAタイプとBタイプの2通りがあります。

Aタイプ ドコモnet、Plala、So-net、GMOとくとくBB、DTI、タイガースネットドットコム、BIGLOBE、excite、andline、ic-net、U-Pa、@nify、エディオンネット,SYNAPSE、TiKiTiKi、Rakutenブロードバンド、hi-ho、01COARA、@ネクス、SIS
Bタイプ @Tcom、OCN、TNC、AsahiNet、WAKWAK、チャンプルネット

馴染みのあるプロバイダから初めて見るプロバイダがありますよね。全26種類から選びます。

公式FAQによるとタイプAとタイプBの違いは料金だけという記載があります。

タイプAとタイプBでは、対応プロバイダが異なります。

また、月額料金はタイプAをベースに、タイプBはプラス200円(税抜)となります。

サービス内容に違いはありません。それぞれの料金プランは以下のようになります。

料金 マンション 戸建
タイプA 4,000円 5,200円
タイプB 4,200円 5,400円

200円の差ですが、年間で2400円も増額されます。

マイナーなところは終了する危険あり

2015年にスタートしてサービスですが、すでに1社のプロバイダサービスが終了していました。

https://www.qit.ne.jp

サービス終了後は、別プロバイダへ変更となりますが、設定内容も変わるためできるだけ避けておきたいところです。

なので…

プロバイダ選びの最低条件として有名なプロバイダを選ぶことがポイントなります。

ドコモ光のプロバイダは変更可能できないの?

ちなみにドコモ光のプロバイダは契約後でも変更可能です。

気に入らなかったら変更できます。

ただ、変更の事務手数料3,000円プロバイダ毎の解約金が発生するところもあるので注意してください。

参考ドコモ光のプロバイダの規約

プロバイダ選びのポイントは特典と接続方式

ドコモ光の全プロバイダは公式サイトにて表にまとめられています。

参考ドコモ光 対応プロバイダ一覧

どのプロバイダも料金はAタイプ・Bタイプで決められているので料金に違いはありません。(Aタイプの方が200円安いです)

プロバイダごとで異なってくるのは特典接続方式の2点だけです。

プロバイダ特典について

プロバイダ独自の特典はそれぞれの強みを生かしたもので大きく差があります。

  • Wi-FI無料レンタル
  • セキュリティソフトの無料提供
  • リモートサービス(遠隔操作)
  • 訪問サポート
  • 専門チャンネルが見れる
  • メールアドレスが複数使える
  • …etc

全てあげるとキリがないのですが、人気プロバイダSo-net※の例をあげると同時申し込みで高性能なセキュリティソフト『カルスペルキー』を24ヶ月無料で使えます。

So-netは国内プロバイダでシェア3位。

参考ブロードバンド回線事業者の加入件数調査(2017年3月末時点)

ウイルス検知テストで最高評価を得ていて、パソコン、スマホ、タブレットなど最大5台まで使える優れもので利用者の評価は高いです。

ちなみにSo-netでは、安全なインターネットを提供するために訪問での初回設定を無料適用しています。ネット接続・無線LAN・セキュリティ設定などを全ておまかせできることから選ばれています。

→So-netの公式サイト

【重要】接続方式は注目しよう

ドコモ光の評判でも紹介していますがドコモ光ではプロバイダごとで異なる接続方式をとっています。

接続方式は次の4つです。

  1. IPv4
  2. IPv6
  3. IPv4 over IPv6
  4. V6プラス(IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6機能)

参考IPv6接続オプションとV6プラスの違いは何?速度は速くなるの?

小難しい話は抜きに上から順番に速度が速くなると考えてください。

IPv4が一番遅い。V6プラスが一番速い。単純に知っておいてください!

ちなみに一番速いV6プラスのイメージは下の画像のようなイメージです。

V6プラスだと速度が遅くなるポイントを素通りできるというものなんですね。だから速い。

ドコモ光プロバイダでV6プラスを提供しているのは『GMOとくとくBB』と『So-net』だけです。(他の会社は提供していません)

中でもGMOとくとくBBでは、V6プラスの接続に必要なWi-FI機器の無料レンタルも同時に行なっています。

市販で1万円程度でGMOとくとくBBからレンタルすれば自動的に接続されます。オールインワンで提供しているので速さにこだわっているのはGMOとくとくBBなんですよね。

→GMOとくとくBBでレンタルWi-FIの詳細を見る

プロバイダ選びのポイントまとめ!

  • ドコモ光プロバイダはAタイプの方が安い
  • プロバイダによってサポート内容・特典が異なる
  • 接続方式が異なるのでプロバイダで速度に差が出る

ドコモ光プロバイダのおすすめランキング

ドコモ光のプロバイダ選びのポイントからおすすめのプロバイダをランキング形式にしました。

それぞれ強み・弱みがあるので確認していきましょう。

1位 GMOとくとくBB



料金 速度 特典

Aタイプ

V6プラス

最大15,500円キャッシュバック
Wi-Fi機器無料レンタル

GMOとくとくBBは20年以上の運営実績のある会社で、ドコモ光の販売に最も力を入れているプロバイダです。

訪問設定サポートなどの設定サポートを行っていませんが、特設サイト申込限定特典のWi-Fiルーターレンタルを活用すれば、設定不要でインターネットが使えます。

V6プラスという最新接続方式を採用しているため、他社に比べて速度が速いのが特徴です。

ドコモ光でも回線速度にこだわる方はGMOとくとくBBを優先的に選んでください。

ここに注意!

Wi-Fiルーターの無料レンタルには最低利用期間があります!

最低利用期間は37ヶ月間。満了前の解除で契約解除料:10,000円(税抜)が発生します。

ドコモ光の2年縛りの違約金と別に発生するので注意してください。

1位 So-net



料金 速度 特典

Aタイプ

V6プラス

最大5,000ptプレゼント
訪問サポート初回無料
リモートサポート6ヶ月間無料
セキュリティ24ヶ月無料

So-netは国内シェア3位のプロバイダで、ドコモ光を安心して使えることに力を入れています。

安心なインターネットは万全なセキュリティから。」をモットーに初回の訪問設定にてインターネット設定と同時にセキュリティ設定も行なってくれます。

設定のわからない人でも安心して使い始められることが嬉しいポイントです。

また、速度に関してもV6プラス対応で環境を整えています。

速度も安心も取りたい方はSo-netを選んでください。

ここに注意!

So-netではWi-FIルーターの提供がないため自分で購入しなければなりません。V6プラス対応Wi-Fiは限られているのでお申し込みと同時に『バッファロー WXR-1750DHP2』を購入してください。

※無線LAN設定はやってくれるので安心してください。

2位 ドコモnet

料金 速度 特典

Aタイプ

IPv4 over IPv6

セキュリティ12ヶ月無料

ドコモnetは、ドコモが提供する「ドコモ光」プロバイダです。

スマホを販売するドコモが提供していると考えて下さい。(面倒な話ですが…)

他社と比較すると特典は少ないのですが、すべてドコモにまとめられるメリットがあります。

一般的にプロバイダを通すと問い合わせ先がプロバイダを通すことになります。

その問い合わせ先をドコモに統一できることに安心感があります。

とにかく一つにまとめたい方はこちらを選択してください。

ここに注意!

ドコモネットでは、次世代接続方式『IPv4 over IPv6』に対応していますが、利用するためにはドコモ光ルーター01を使わなければなりません。

購入はオンラインショップにて1万円程度。必ず必要となるので利用される場合は注意してください。

3位 BIGLOBE

料金 速度 特典

Aタイプ

IPv6接続(IPoE方式)

セキュリティ12ヶ月無料
訪問サポート初回無料
リモートサービス何度でも無料

BIGLOBEの特徴は、面倒な初期設定を初回のみ訪問で行なってくれる点です。

『インターネットを使うための初期設定』『ひかり TV』などの設定方法がわからない人に向いています。

老舗プロバイダで訪問サポートはフレッツ光時代から行なっているため、インターネットのプロに任せられます。

さらに訪問サービスがなくても電話でのサポートやリモートサポート(遠隔操作)も用意しています。プロバイダでも安心できる大手で契約したい方はBIGLOBEを選んでください。

ここに注意!

BIGLOBEの次世代接続方式『IPv6接続(IPoE方式)』利用は、ドコモ光電話を利用しないと無料になりません。

光回線のみの場合は接続機器(無線LAN付きを月額500円(税別)にてレンタルしなければなりません。

ドコモ光電話も同時加入しないと高くなるので注意してください。

プロバイダを徹底比較

比較
料金
Aタイプ

Aタイプ

Aタイプ
速度
V6プラス

V6プラス

IPv4 over IPv6
Wi-Fiレンタル
あり

なし

なし
サポート
なし

訪問あり

なし
独自特典
最大15,500円

最大5000pt

なし
公式HP 公式HP 公式HP 公式HP

こうして比較すると各プロバイダの強み弱みが見えてきますね。

まとめ

改めてドコモの光のプロバイダについてまとめると

  1. プロバイダの役割はインターネット接続の窓口
  2. 速度を左右するのはプロバイダの提供している接続方式
  3. V6プラスを提供しているのはGMOとくとくBBとSo-netのみ

GMOとくとくBBとSo-netの違いはキャッシュバック特典・Wi-Fi機器レンタル・サポートです。

比較
Wi-Fiレンタル
あり

なし
サポート
なし

訪問あり
独自特典
最大15,500円

最大5000pt
  • 少しでもお得に使いたいならGMOとくとくBB
  • 初期設定や遠隔サポートで安心して使いたいならSo-net

とこの2つから選べばOKです。

このGMOとくとくBB・So-netのキャンペーンはWeb申込限定です。

ショップや家電量販店での契約では特典はつきません。

これからお申し込みされる方は特典のもらえる以下のリンクから契約してくださいね。

→料金の安さが人気のGMOとくとくBBで申し込む

→サポート体制万全のSo-netで申し込む

-ドコモ光

Copyright© 光スマート , 2018 All Rights Reserved.