光スマート

インターネットをお得に契約!初心者のための比較&ランキングサイトです。知識ゼロからもっと快適に、いちばんお得につなぐ!選び方から契約方法までわかりやすい情報をお届けします。

スマホで操作できる照明器具Hue Philipsの使い方と利用すまでの手順

更新日:

メンタリストDaigoさんの著書『自分を操る超集中力』にて紹介されていた照明器具『Hue Philips』を購入し、使ってみたので紹介します。

Hue philipsとは、IoT機器の一種でスマホアプリやGoogle Home、Amazon Alexaなどを通して、ON/OFF、明かりの調節ができます。

寝起きを良くしたい、集中したい、リラックするしたいと光を使って感情をコントロールしたい方は是非読み進めてください。

Hue Philips導入に必要なもの

Hue Philipsを利用するにはHueの電球(シングルランプ)とコントロールするHueブリッジが必要となります。

Hueブリッジは、最大50個までの電球のコントロールを行います。

これから導入される方はHue Philipsスターターキットを購入してください。

さらにhue philipsは26型のLED電球です。LED電球設置可能なソケットが別途必要です。

今回は寝室につけたかったので、3灯ソケットも同時に購入しました。

同じように使いたい方はこの2つを購入してください。

Hue Philipsを使うにはWI-FI環境が必要

hue philipsは、HueブリッジをLANケーブルでWI-FI機器に繋げて利用します。

もし、WI-FI環境がなければ『光回線(フレッツ光)の接続設定・無線LAN設定方法』を参考に構築して見てください。

固定回線以外…UQ WIMAX(Speed Wi-Fi HOME L01)やSoftBank Airでも有線LAN接続可能でWI-FI環境を構築できるので利用できます。ご安心ください。

参考【工事不要のネット回線】据え置きWI-FIルーターのメリットとおすすめ機種を紹介!

Hue Philipsの使い方

Hueを使うまでの手順は

  1. Hueを設置する
  2. Hue Philipsの公式サイトにアクセスして設定
  3. アプリをダウンロードして利用する

の3ステップです。

ここでは設定を完了させ、Google Homeの設定方法も解説していきます。

なお、Hue Philipsの設置は繋げるだけなので省略します。

Hue Philipsの設定

hueの設置が終了したら設定を行います。

まず、Hue Philips公式サイトにアクセスします。

公式サイトHue Philips

上記のような画面が出たら『始めましょう』をタップしてください。

すると会員登録画面に移行するとでメールアドレス、名前、パスワードを作成してください。Googleアカウントでのログインも可能なのでGoogleアカウントがある方はそちらで進めてください。

設定を進めると「ブリッジをリンクするには、上に示されている大きなボタンをクリックしてください」と表示されるのでHueブリッジのボタンを押してください。

正常に設定ができれば、「ブリッジは正常にリンクされました。」と表示されます。そのまま続行を押してください。

MY ランプ設定という購入したランプの名前を設定できます。

ここまで進めたらPhilips Hueアプリをダウンロードしてアプリに切り替えましょう。

Philips Hue

Philips Hue
無料
posted with アプリーチ

Philips Hueアプリでルームのタイプを設定

設置したランプのの設定を行なっていきます。今回の場合は3つ同じ場所、寝室に設置したのでその設定を行います。

設定を行ったら保存をかけます。

ここまでの内容でアプリからの操作ができます。

Hue Philipsを使ってみた【レビュー】

ライトの色を選択できますが、シーン毎に設定が行われているものがあるのでそちらを使ってみました。

例えば『やる気を出す』なら白い色で明るい照明に切り替わります。

『夜間照明』なら温かみのある照明に切り替わります。

別途明るさ調整も行えるので、気分によって微調整可能です。

Hue PhilipsとGoogle Homeの設定方法

一緒に使いたいのがGoogle HomeやAmazon Alexaなど音声でのコントロールです。

今回はGoogle Homeにて設定を行いました。

Google Homeアプリを開き、設定から『スマートホーム』を開きます。

するとデバイスの追加画面が出るので、Philips Hueを選択して追加してください。

追加されば、以下のような画面となります。

あとは、『OK Google,電気をつけて』と命令すれば電気がつきます。

他にも『電気を明るくして(暗くして)』『電気の色を◯色に変えて』は反応しました。『夜間照明』などのシーンは反応しませんでした。当面は、電気をつけてくらいで使うかと思います。

Hueのルーチン設定(光で起きたい人向け)

これは、Daigoさんの著書に影響を受けた方がやりたい設定かと思います。これはとても簡単でした。

ルーチン設定から起床、就寝などを選択して設定を行います。

起床の場合は、以下のような画面が表示されます。

  • 時間
  • 曜日
  • フェードイン
  • 場所
  • 照明をオフにする時刻

を設定していきます。起きたい時間に設定すれば良いです。

フェードインは、10分単位で最大30分前から徐々に照明を明るくしてくれます。(就寝の場合は徐々に暗くなります)

混乱する部分なのですが、5:30起床と設定すれば、5:00から徐々に明るくなります。

実際に使って見て調節してくださいね。

hue philipsで生活を豊かにしよう

ネット回線、WI-FI環境を使って、照明器具を操作できるようになり生活の質が向上しました。

単なる照明器具ではなく、シーンに合わせて明るさ調整ができるので毎日ワクワクするようになりました。光一つで寝室がまるでホテルのような感覚。自然に照明が落とされていくため、眠りの質が劇的に良くなりました。

Hue Philipsはスターターキットとソケットが必要です。これから使われる方はぜひ当記事を参考にしながら豊かな生活を手に入れてくださいね。

光回線も同時に見直そう

光回線は最適化されていますか?スマホ割引や独自の得点を用意した光回線が続々と登場しています。切り替えるだけで年間3~5万円程度の節約が可能かもしれません。

光回線を最適化したい方は『【光回線比較】料金・速度で選びたい光回線ランキング』をご覧ください。

-コラム

Copyright© 光スマート , 2018 All Rights Reserved.