auひかり ずっとギガ得プランとギガ得プランなら契約はどちら?

auひかりには戸建向けのホームタイプ、集合住宅向けのマンションタイプがあります。

ホームタイプでは、さらに「ずっとギガ得プラン」「ギガ得プラン」の2種類のプランが用意されています。(自動更新なしの「標準プラン」もあります)

「ずっとギガ得」「ギガ得」には月額料金や契約期間の違いからどちらが良いのかわからない人も多いかと思います。

結論をお伝えすると「ずっとギガ得プラン」がおすすめです。今回は、両プランの違いとずっとギガ得プランをおすすめする理由をまとめます。

auひかり ずっとギガ得プランの月額利用料金

auひかり ずっとギガ得プランは3年単位の継続利用を条件としたauひかり ホームタイプの料金プランです。

利用期間に応じて値引きがあり、auひかり ホームタイプでは最も安くなります。

auひかり ずっとギガ得プランの料金は以下の通りです。

(auひかり ホーム1ギガ の場合)
契約内容/プラン ずっとギガ得プラン
3年単位のご契約
1年目 2年目 3年目
以降
ネット+電話
auスマートバリュー
適用対象
プロバイダ利用料込みで
5,600円
(税込6,160円)
5,500円
(税込6,050円)
5,400円
(税込5,940円)
ネット+電話+テレビ
auスマートバリュー
適用対象
プロバイダ利用料込みで
6,100円~
(税込6,710円~)
6,000円~
(税込6,600円~)
5,900円~
(税込6,490円~)
ネットのみ プロバイダ利用料込みで
5,100円
(税込5,610円)
5,000円
(税込5,500円)
4,900円
(税込5,390円)
ネット+テレビ プロバイダ利用料込みで
5,600円~
(税込6,160円)
5,500円~
(税込6,050円)
5,400円~
(税込5,940円)

電話には、500円(税込550円)テレビには、500円~(税込550円~)が含まれています。

初期工事費‎

625円×60カ月 (37,500円(税込41,250円))

工事に関してはキャンペーン値引きがあり実質無料になります。

auひかり ずっとギガ得プランの契約解除料

auひかり ずっとギガ得プランの契約解除料は更新月以外の解約で16,500円です。

申し出がない限り、本プラン加入月から3年単位で自動更新されます。解約・プラン変更された場合、契約解除料16,500円がかかります(更新期間を除く)。

自動更新月は利用開始月を1ヶ月目として、36ヶ月間です。

自動更新月は37ヶ月目(1ヶ月目)、38ヶ月目(2ヶ月目)の2ヶ月間でこの期間に関しては違約金が発生しません。

ずっとギガ得プランとギガ得プランの違いについて

ずっとギガ得プランとギガ得プランの大きな違いは、月額料金、契約期間、違約金の3点です。

表で両者の違いをまとめました。

auひかり
(ネットのみ)
ずっとギガ得プラン ギガ得プラン
料金 1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目以降:5,390円
5,720円
契約期間
(自動更新)
3年単位 2年単位
違約金 16,500円 10,450円

ずっとギガ得プランは、3年目以降5,390円とギガ得プランに比べて300円程度安く利用できます。

年間で3600円節約できます。その代わり、3年縛りで更新月以外の違約金が16,500円と高くなるデメリットがあります。

この料金プランの違いに関しては以下の記事をご覧ください。

参考auひかり料金|公式プランのおすすめは?

ずっとギガ得プラン 通信品質に違いはない

auひかりの通信品質に違いはありません。ずっとギガ得プランを選んだから速度が速い!遅い!ということはありません。

auひかりのプランで通信量をどれだけ使っても速度制限がかけられたり遅くなることはないです。

過去に、auひかりのギガ得プランだと遅いという評判も一部ありますが、プランの違いで速度に変化はありません。ギガ得プランで遅いという評判は過去の口コミかもしれません。

ずっとギガ得プラン、ギガ得プラン共に、最大1Gbpsの回線速度です。

ただし2018年3月1日より開始された、auひかり ホーム 10ギガ/5ギガを申し込みした方は最大10Gbps、5Gbpsで利用できます。

もっと詳しく

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の関東地区の一部エリアで提供開始されたサービスです。

高速サービス利用料は、10ギガ 1,408円、5ギガ 550円で利用できます。

参考【超高速】auひかり5G・10Gサービスの概要とエリア判定方法を紹介!

速度に関しては上記のように高速サービスの提供が始まっています。

ただ、一部ISP(プロバイダ)で通信量に合わせて規制するところもあります。 auひかりプロバイダのBIGLOBEや@TCOMでは、1日30GBで規制しています。一般的な使い方であれば速度は遅くならないです。

auひかり ずっとギガ得プランがギガ得プランより選ばれている理由

auひかり ずっとギガ得プランとギガ得プランならどちらを契約すべき?と悩まれるかもしれません。

実はauひかりは圧倒的にずっとギガ得プランが選ばれているのです。

auひかり ずっとギガ得プランが選ばれている理由は以下の3つです。

  1. 月額料金が5,390円~と安い!
  2. auひかり10ギガ・5ギガの割引がある
  3. ずっとギガ得プラン限定のキャッシュバック特典がある

メリット1:月額料金が5,390円~と安い!

ずっとギガ得プランは、ギガ得プランより安い5,390円~のサービス料で利用でき、1年ごとに110円安くなります。

auひかり ギガ得プランを選ぶと5720円のままです。ずっとギガ得プランなら3年以上は5,390円~と長期的に利用する人ほどお得に使えます。

auひかりの工事費は60回分割なので5年以上使い続けなければ実質無料になりません。途中解約する人はほとんどいないです。

月額料金の安さという観点からauひかり ずっとギガ得プランは選ばれています。

ずっとギガ得プランだと3年縛りだし…16,500円の違約金はやっぱり高い…

こんな意見もありますが、2018年3月に料金改定した際に工事費割引を60ヶ月に伸ばしたのも長期利用者向けと位置付けたからです。(注:2018年3月以前は30回分割)

ホームタイプでは5年以上契約しているユーザーが多いから変更したと発言していました。

現在のところ、auひかり ホームの平均契約期間は60カ月(5年間)を超えています。他方、auひかり ホームには「ギガ得プラン(2年契約割引)」や「ずっとギガ得プラン(3年契約割引)」を始めとする各種割引も導入しています。

顧客還元(割引サービス)、設備維持にかかるコストのバランスを鑑みて、利用期間の実態に合わせて支払い回数を変更した次第です。

参考残置後の設備再利用が進まず――「auひかり ホーム」設備撤去義務化&値上げ 背景に迫る

もし、「3年以上使うかわからないから…」という方はauひかりは向いていません。

au携帯割引のauスマートバリューは別回線でも提供しているので以下の記事から別回線を検討してくださいね。

メリット2:auひかり10ギガ・5ギガの割引がある

auひかり注目の高速サービス「auひかり ホーム10ギガ」「auひかり ホーム5ギガ」利用時に3年間550円割引を実施しています。

auひかり ホーム5ギガにおいては、3年間ずっとギガ得プランの料金のまま利用できます。

参考【超高速】auひかり5G・10Gサービスの概要とエリア判定方法を紹介!

最新の通信技術を安く利用できる点でメリットがあります。

メリット3:ずっとギガ得プラン限定のキャッシュバック特典がある

最後のメリットは、ずっとギガ得プラン限定のキャッシュバックがつくことです。

auひかり公式「スタートサポート」キャンペーンの場合

内容:他社違約金をKDDIが最大30,000円まで負担

条件

  1. 他社回線からauひかりの新規加入
  2. auひかり(ずっとギガ得プラン)、マンション(お得プランA)である
  3. auひかり開通月を含む7ヶ月以内に他社違約金の領収証コピーを添付して送付

他社回線からauひかりに乗り換える場合に違約金や回線撤去工事が発生します。その際の負担額を少しでも節約するなら auひかり スタートサポートの利用は必須です。

ずっとギガ得プランは月額料金も安く、キャンペーンも充実しています。

auひかりの特典をフルに獲得したい方は、ずっとギガ得プラン一択です。

以上のメリットがあるため、auひかりでは『ずっとギガ得プラン』をおすすめしています。

ずっとギガ得プランでお得に契約しよう

ずっとギガとくプランのメリット

  • 月額料金が5,390円~と安い!
  • auひかり10ギガ・5ギガの割引がある!
  • ずっとギガ得プラン限定のキャッシュバック特典がある!

auひかりを契約するならずっとギガ得プランがお得です。

違約金が高い!契約期間が長い!と一定のデメリットはありますが、それ以上にメリットは多いです。

auひかりを契約するならずっとギガ得プランでお得に契約してくださいね。

-auひかり

© 2021 光スマート