【auひかりの引っ越し】継続利用と新規契約のどちらが良いのか?

auひかり利用者が引越しするでは、転移転手続きと一度解約して新規契約する方法があります。

他の光回線同様に引っ越し手続きをすれば、継続利用できますが、場合によっては、新規契約をした方が良い場合もあります。

この記事では、契約利用と新規契約のどちらが良いか比較しました。

auひかりの引越し手続き

auひかりを利用している方、引き続き引越し先でもauひかりを使い続けたい方は、移転手続きが必要です。

auひかりは、建物によって利用の有無が異なる上、タイプも変わります。

  • ホームタイプ:一戸建ての住居、マンションでも直接部屋に引き込み可能な物件
  • auひかり マンションタイプ:集合住宅でauひかり設備が設置されている物件

手続きの流れは以下の通りです。

  1. KDDIへ連絡
  2. 回線工事日を決定
  3. ご利用開始の案内と宅内機器のお届け
  4. 回線工事の実施
  5. 宅内機器の接続→利用開始

大まかな開通までの流れは通常申し込みと一緒です。

参考auひかりの申し込みから開通までの流れ・期間と3つの注意点

KDDIに連絡を入れてから、工事日程連絡まで1〜3週間程かかります。

auひかり 引越し 申し込み方法

auひかりの引越しの申し込みは電話 または WEBから申請できます。

auひかり契約プロバイダがau one net

電話:0077-7078(無料)
年中無休(9:00~20:00)

WEB:お引っ越し情報入力フォーム

au one net以外のプロバイダ契約の方は以下の連絡先から引越し手続きを行います。

提携プロバイダ名 電話番号 営業時間 営業日
@nifty 0570-03-2210(有料) 10:00~19:00 年中無休
03-6625-3232(有料)
(IP電話/国際電話/携帯電話定額制プラン)
@T COM 0120-805633(無料) 月~金 10:00~20:00
土日祝 10:00~18:00
年中無休
ASAHIネット 0120-577-108(無料) 10:00~17:00 平日
03-6631-0856(有料)
BIGLOBE 0120-86-0962(無料) 9:00~18:00 年中無休
03-6385-0962(有料)
DTI 0570-004740(有料)
(IP電話/国際電話からはご利用いただけません)
10:00~17:00 平日
So-net 0120-80-7761(無料) 9:00~18:00 年中無休
050-3383-1414(有料)
リンククラブ 03-5778-3881(有料) 10:00~19:00 平日
楽天ブロードバンド 0800-600-0111(無料) 9:00~21:00 年中無休
0800-600-0222(無料)
GMOとくとくBB 0570-045-109(有料) 10:00~19:00 平日
SmartLINE 0120-954-046(無料) 11:00~17:00 平日
エディオンネット(エンジョイ☆auひかり) 0120-71-2133(無料) 9:00~19:00 年中無休(年末年始は除く)
メガ・エッグ 0120-505-898(無料) 10:00~19:00 年中無休

auひかりはプロバイダ毎での契約なのでプロバイダ毎に連絡を行ってくださいね。

auひかり 引越し先のエリアを確認しよう

auひかりの引越し申請の前に行ってもらいたいのがエリア確認です。

というのも引越し先がauひかり対応エリアがなければ引越し手続きができないからです。

auひかりは公式サイトで郵便番号を入力すれば確認できます。

公式auひかりの提供エリア検索

『住居タイプ・都道府県』を入力し、『エリアを確認する』から次へ進み、詳細な住所情報を選択します。すると以下のような表示となります。

対応エリアならこのまま手続きできますので、各プロバイダに連絡をとって手続きを進めていきましょう。

auひかりの引越しでエリア外だった場合の対処法

auひかりのエリアを検索してエリア外だった場合の対処法を解説します。

引越し先がauひかりエリアでなければ当然手続きできません。

引越し先のエリアがKDDI 提携回線エリアだった場合は、別途連絡があります。

例:コミュファ光、eo光など

ですが、基本的には、auひかりは解約し、別回線へ乗り換えとなります。

auひかりの代わりとして優先的に契約したい光回線を紹介します。

auスマートバリューを使うならBIGLOBE光

これまでauひかりを利用しており、auスマートバリューを適用されていた方は解約でauスマートバリューも解除されます。

auの携帯割引がなくなると負担も増えるかと思います。

auスマートバリューは、auひかり以外にも適用できる光回線があるため、選べる状況にあります。

おすすめしたいのがBIGLOBE光です。

auひかり プロバイダ提携もあるBIGLOBEですが、フレッツ光回線を使った光コラボを提供しています。

月額料金(3年プラン)

  • ファミリータイプ:5,478円
  • マンションタイプ:4,378円

BIGLOBE光のポイントは、「工事費実質無料」「auスマートバリュー または auセット割が選べる」の2点です。

工事費実質無料は、auひかり同様に工事費をビッグローブで割引され実質無料となるサービスです。さらに、3年プランなら引越し先での工事費は何度でも0円です!

auひかりセット割も1人で契約するならお得です。

auスマートバリューは1台あたり最大1,100円割引です。一方、ビッグローブ光×auセット割は、同時契約でビッグローブ光の月額料金が最大1,320円/月割引きになるサービスです。

エリア外だった場合は、引越し手続きするよりも改めて別回線を新規乗り換えした方がお得です。

しかしながら、求めるタイプによって光回線は異なります。

通信速度を重視するのか、auと相性の良い光回線にするのか。

突然のことでお悩みになられた方は、以下の記事で光回線を総合的に比較しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

auひかり 引越し費用

auひかりの引越しにかかる費用は次の3点です。

  1. 登録料:880円
  2. 初期費用
  3. 工事費残債

auひかりの引っ越しでは、他社回線と異なり、一度契約を解除する手続きをとります。

auひかりは引越し先でも引き込み工事を行うので基本的には以下の初期費用がかかります。

  • ホーム:687.5円×60ヶ月間=41,250円
  • マンション::1,375円×24カ月間=33,000円

ただ、この初期費用(工事費)は改めてKDDI公式キャンペーンが適用され実質無料となります。

ここで不安に感じるのが、auひかりの「違約金」「撤去費相」「工事費残債」ですね。

違約金(10,450円 or 16,500円)撤去費(31,680円)に関しては、引越し手続きで免除され、改めて転居先で1ヶ月目からスタートします。

工事費残債に関しては引越し前の残債の支払いが必要となります。

ですが、転居後の工事費相当分を還元・割引するため実質負担はありません。

auひかり ホーム・マンション(一括型除く)ご利用中でお引っ越し(移転)の場合、お引っ越し(移転)先で同一プロバイダのauひかり ホーム・マンション(一括型除く)を継続してご利用いただいた場合、初期費用残額分と同額を一括して割引または還元致します。

参考auひかり:お引っ越しお手続き

こちらは、合わせて問い合わせしました。

問い合わせた内容

回答

具体例)マンション24回分割のうち20回支払い済み、4回分残債だった場合。

  1. 引越し時に6,600円(1,375円×4回)支払い
  2. 開通後6,600円割引

auひかりは、実質的に引越し登録費の880円のみ負担する形となります。

auひかりを解約する場合

引越し先でauひかりが使えず解約する場合は「違約金」「工事費残債」「撤去費用」がかかる可能性がかかります。

違約金

  • 戸建て2年:10,450円
  • 戸建て3年:16,500円
  • マンション2年契約:7,700円

工事費残債

最大41,250円

撤去工事費

31,680円

auひかり ホームに関しては、2018年3月1日より改定により分割回数が30→60回に増えました。(マンションタイプは以前のままで変わりません。)

また、ホームタイプは引越しの際に改めて再契約という形をとるため、改定後のプランが適用され、解約時の撤去工事費31,680円の支払いが義務化されています。

負担額としては工事費が残っていなくても31,680円支払う可能性があります。

auひかり 解約に関しては手続きが異なりますので以下の記事をご覧くださいね。

参考auひかりの解約手続きの流れと注意点。違約金・機器はどうなるの?

auひかりは引越し継続より新規契約がお得なの?

auひかりは引越しを伴う継続利用と新規契約ではどちらがお得なのでしょうか。

比較しました。

区分 引越し継続 新規契約
手数料
880円

3,300円
違約金
負担なし

負担あり
工事費残債
実質負担なし

負担あり
キャッシュバック
なし

あり

比較すると引越し手続きの方が良さそうに見えますね。

引越し手続きより乗り換え新規契約をおすすめな人とは

auひかりを契約利用する場合は、登録料880円だけが必要でした。違約金も免除されるし、低コストで行えます。

でも、次のような方はauひかりを解約して新規契約した方がお得です。

新規契約の方がお得な人

  • 引越し時期が更新月だった
  • 違約金の発生しないプランを利用中
    (マンションの標準プラン/ホームの標準プラン)
  • もう工事費残債がない

auひかりは業界屈指のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

工事費残債がある場合は、引越し手続きをした方が良いのですが、撤去費用だけであれば、キャッシュバック受け取りの方がお得になります。

撤去費だけの場合

ホームタイプのキャッシュバック金額 最高52,000円に対して、撤去費は最大31,680円※。つまり、約20,00円もお得!

※ずっとギガ得プラン:16,500円、ギガ得プラン:10,450円

マンションタイプのキャッシュバック金額 最高42,000円です!撤去費用は発生しないのでまるっとお得になります。

また、違約金が発生した際も考えて負担の大きいホームタイプで試算してみます。

ホームタイプ 引越しによる解約時の負担

  • 契約解除料:16,500円
  • 撤去工事費:31,680円
  • 工事費残債:残債による

合計48,180円〜かかります。

ホームタイプ 引越し 新規契約のキャンペーン

  • 契約手数料:-3,300円
  • キャッシュバック:最大52,000円
  • 工事費:実質無料

支払う手数料を差し引きすると48,700円手元に残ります。

結果として違約金があったとしても1,000円程度は手元に残る計算となるのです。

比べると大きく差がありますよね。そのまま新規で契約した方がお得なんです。

高額キャッシュバックあり!

今すぐ申し込む

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください

【重要】auひかりを解約して再契約時は別名義で契約しよう

auひかりのキャンペーンは基本的に新規契約者向けです。

そのため、同一人物が解約して再契約した際には適用されません

auひかりを再契約する場合は、これまでの契約者とことなる家族名義で申し込むようにしましょう。(支払いも家族名義となります。ご注意ください)

auひかり再申し込みおすすめ代理店・プロバイダ

auひかり 再契約するにしても代理店・プロバイダ選びは重要です。

代理店選びに失敗するとキャッシュバック特典を一切もらえないからです。

現状、当サイトとしておすすめの代理店はNNコミュニケーションズです。高額キャッシュバックを手に入れやすい環境が整っています。

auひかりを再契約するなこちらからお申し込みくださいね。

  1. オプション加入不要のキャッシュバック実施
  2. 最高52,000円のキャッシュバック金額を最短1ヶ月後に振り込み実施
  3. KDDIからの9期連続 表彰実績あり

まとめ:auひかりの引っ越しは工事費残債状況による

  1. auひかりの引越しは継続利用・新規契約の2通り
  2. 引越し費用は実質800円
  3. 工事費残債がなければ新規契約の方がお得

工事費残債を支払えており、引越しされる方は新規契約の方がお得です。高額キャッシュバックは開通から最短1ヶ月で受け取れるため、直近の負担も少ないはずです。

もし、どちらの方が良いかわからない!ということがあれば代理店にご相談くださいね。

高額キャッシュバックあり!

今すぐ相談する

無理な提案はありません。

-auひかり

© 2021 光スマート