光スマート

インターネットをお得に契約!初心者のための比較&ランキングサイトです。知識ゼロからもっと快適に、いちばんお得につなぐ!選び方から契約方法までわかりやすい情報をお届けします。

【auひかりの引っ越し】継続利用と新規契約のどちらが良いのか?

投稿日:

auひかり利用者が引越しするでは、転移転手続きと一度解約して新規契約する方法があります。

他の光回線同様に引っ越し手続きをすれば、継続利用できますが、場合によっては、新規契約をした方が良い場合もあります。

この記事では、契約利用と新規契約のどちらが良いか比較しました。

auひかり 引越し料金(手続き費用)

auひかりの引越しにかかる料金は次の2点です。

  1. 登録料:800円
  2. 工事費残債

auひかりの引っ越しでは、他社回線と異なり、一度契約を解除する手続きをとります。

ここで不安に感じるのが、auひかりの「違約金」と「工事費残債」ですね。

違約金に関しては、引越し手続きで免除され、改めて転居先で1ヶ月目からスタートします。

工事費残債に関しては引越し前の残債の支払いが必要となります。

ですが、転居後の工事費相当分を還元・割引するため実質負担はありません。

auひかり ホーム・マンション(一括型除く)ご利用中でお引っ越し(移転)の場合、お引っ越し(移転)先で同一プロバイダのauひかり ホーム・マンション(一括型除く)を継続してご利用いただいた場合、初期費用残額分と同額を一括して割引または還元致します。

参考auひかり:お引っ越しお手続き

こちらは、合わせて問い合わせしました。

問い合わせた内容

回答

具体例)マンション24回分割のうち20回支払い済み、4回分残債だった場合。

  1. 引越し時に6,000円(1250円×4回)支払い
  2. 開通後6000円割引

この点はご安心ください。

auひかり 引越し 初期費用(工事費用)は実質無料

auひかりは引越しのに工事費は初期費用相当割引で実質無料です。

auひかり
工事費
一括 分割
ホーム 37500円 625円×60回
マンション 30000円 1250円×24回

ホームタイプ「ネット」+「電話」の同時申し込み。マンションタイプはお得プランAの申し込みで初期費用相当額割引が適用されます。

auひかり ホームに関しては、2018年3月1日より改定により分割回数が30→60回に増えました。(マンションタイプは以前のままで変わりません。)

また、ホームタイプは引越しの際に改めて再契約という形をとるため、改定後のプランが適用され、解約時の撤去工事費28,800円の支払いが義務化されました。

引越しをすることでひとつのデメリットです。

【auひかりの引越し】継続と新規の費用を比較

では、auひかりは引越しを伴う継続利用と新規契約ではどちらがお得なのでしょうか。比較しました。

区分 引越し継続 新規契約
手数料
800円

3000円
違約金
負担なし

負担あり
工事費残債
実質負担なし

負担あり
キャッシュバック
なし

あり

比較すると引越し手続きの方が良さそうに見えますね。

引越し手続きより乗り換え新規契約をおすすめな人とは

auひかりを契約利用する場合は、登録料800円だけが必要でした。違約金も免除されるし、低コストで行えます。

でも、次のような方はauひかりを解約して新規契約した方がお得です。

新規契約の方がお得な人

  • 引越し時期が更新月だった
  • 違約金の発生しないプランを利用中
    (マンションの標準プラン/ホームの標準プラン)
  • もう工事費残債がない

auひかりは業界屈指のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

工事費残債がある場合は、引越し手続きをした方が良いのですが、違約金だけであれば、キャッシュバック受け取りの方がお得になります。

ココがポイント

ホームタイプのキャッシュバック金額 最高55,000円に対して、違約金は最大15,000円※。つまり、40,000円もお得!

※ずっとギガ得プラン:15,000円、ギガ得プラン:9,500円

マンションタイプのキャッシュバック金額 最高45,000円に対して、違約金は7,000円※。つまり、38,000円もお得!

※お得プランA:7,000円

比べると大きく差がありますよね。そのまま新規で契約した方がお得なんです。

高額キャッシュバックあり!

今すぐ申し込む

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください

【重要】auひかりを解約して再契約時は別名義で契約しよう

auひかりのキャンペーンは基本的に新規契約者向けです。

そのため、同一人物が解約して再契約した際には適用されません

auひかりを再契約する場合は、これまでの契約者とことなる家族名義で申し込むようにしましょう。(支払いも家族名義となります。ご注意ください)

まとめ:auひかりの引っ越しは工事費残債状況による

  1. auひかりの引越しは継続利用・新規契約の2通り
  2. 引越し費用は実質800円
  3. 工事費残債がなければ新規契約の方がお得

工事費残債を支払えており、引越しされる方は新規契約の方がお得です。高額キャッシュバックは開通から最短1ヶ月で受け取れるため、直近の負担も少ないはずです。

もし、どちらの方が良いかわからない!ということがあれば代理店にご相談くださいね。

高額キャッシュバックあり!

今すぐ相談する

無理な提案はありません。

auひかりの引越し手続きの流れについて

  1. 転居先のauひかりエリアの確認
  2. KDDIへ連絡・受付
  3. 「回線工事日」と「新しいお電話番号」の連絡
    (以降、工事日程等はauひかり新規開通の流れと一緒です)

参考auひかりの申し込みから開通までの流れ・期間と3つの注意点

STEP1:引越し先のエリアを確認しよう

auひかりは公式サイトで郵便番号を入力すれば確認できます。

公式auひかりの提供エリア検索

『住居タイプ・都道府県』を入力し、『エリアを確認する』から次へ進み、詳細な住所情報を選択します。すると以下のような表示となります。

対応エリアならこのまま手続きします。

→エリア外の方はこちらへ

STEP2:契約プロバイダから引越し手続きの連絡をしよう

auひかりの引越し手続きは各プロバイダから行います。

プトバイダ一覧

au one net、So-net、@nifty、AsahiNet、BIGLOBE、@TCOM、DTI

こちらは各社のHP(マイページ)から行います。各社あらお問い合わせください。

auひかりの引越しでエリア外だった場合

auひかりのエリアを検索してエリア外だった場合は引越しできません。

引越し先のエリアがKDDI 提携回線エリアだった場合は、別途連絡があります。

例:コミュファ光、eo光など

エリア外だった場合は、引越し手続きするよりも改めて別回線を新規乗り換えした方がお得です。

以下の記事で光回線を総合的に比較しているので、ぜひ参考にしてください。

-auひかり

Copyright© 光スマート , 2018 All Rights Reserved.