auひかり料金|公式プランのおすすめは?

auひかりを含めインターネット回線の契約で重要視されるのが月額料金プランです。

他社回線に比べ、auひかりの料金プランは複数存在しているので、非常にわかりにくいです。

さらに公式サイト、プロバイダサイトでキャンペーン値引き後の月額料金でさらにわかりにくい状況です。そこで、auひかりの料金プランをわかりやすく解説します。

申し込み前に、対応プラン毎の月額料金を確認してきましょう。

auひかり 月額料金プランの詳細

auひかりの月額料金は、契約する「料金プラン」「基本サービス」で変わります。

「料金プラン」は、戸建タイプ・マンションタイプ毎で用意されたプラン基本サービスとは、「インターネット」「電話」「テレビ」のことです。

「電話」「テレビ」に関しては、それぞれ500円利用者に加算されます。

まずは、料金プランを一覧にしてみたのでご確認ください。

auひかり ホームタイプの料金プラン

料金プラン 月額料金
1年目
月額料金
2年目
月額料金
3年目
ずっとギガ得プラン 5,610円 5,500円 5,390円
ギガ得プラン 5,720円
標準プラン 6,930円
5ギガ +550円
10ギガ +1,408円

auひかり マンションタイプの料金プラン

提供タイプ ネットのみ ネット+電話
タイプV 3,800円
(税込4,180円)
4,300円
(税込4,730円)
都市機構 東日本/西日本 3,800円
(税込4,180円)
4,300円
(税込4,730円)
タイプE 16契約以上 3,400円
(税込3,740円)
3,900円
(税込4,290円)
8契約以上 3,700円
(税込4,070円)
4,200円
(税込4,620円)
マンション ギガ※2 4,050円
(税込4,455円)
4,550円
(税込5,005円)
マンションミニ ギガ 5,000円
(税込5,500円)
5,500円
(税込6,050円)
タイプF 3,900円
(税込4,290円)
4,400円
(税込4,840円)

では、より細かくホーム、マンションに分けてプランを確認していきましょう。

auひかりホームの月額料金

auひかりの料金は、ネット・機器レンタル料・プロバイダ料を含む利用料金です。

提供プランはずっとギガ得プラン、ギガ得プラン、標準プランの3つです。

3つのプランの違いは以下の通りです。

戸建プラン 特徴
ずっとギガ得プラン 料金:5,620円(3年目以降5,390円)
長期間利用することを前提のプランです。
3年自動更新、違約金16,500円。
ギガ得プラン 料金:5,720円
2年契約を前提としたプランです。
2年自動更新、違約金10,450円。
標準プラン 料金:6,930円
契約期間のないプランです。いつでも解約できます。
契約期間、違約金なし。

比較すると、契約期間が3年自動更新と長く・違約金が高くなりますが、ずっとギガ得プランが最も安くなります。

auひかりのキャンペーンで他社違約金負担を用意しているのもずっとギガ得プランです。他社回線から乗り換えなどでは、ずっとギガ得プランが選ばれています。

auひかり ずっとギガ得プランの料金料金

ずっとギガ得プランは3年自動更新の料金プランです。1年毎に110円ずつ安くなり、3年目で月額5,390円〜とホームタイプで最も安くなります。

強いキャンペーンも揃えていることから一番人気のプランです。

契約内容/プラン ずっとギガ得プラン
3年単位のご契約
1年目 2年目 3年目
以降
ネット+電話
auスマートバリュー
適用対象
プロバイダ利用料込みで
5,600円
(税込6,160円)
5,500円
(税込6,050円)
5,400円
(税込5,940円)
ネット+電話+テレビ
auスマートバリュー
適用対象
プロバイダ利用料込みで
6,100円~
(税込6,710円~)
6,000円~
(税込6,600円~)
5,900円~
(税込6,490円~)
ネットのみ プロバイダ利用料込みで
5,100円
(税込5,610円)
5,000円
(税込5,500円)
4,900円
(税込5,390円)
ネット+テレビ プロバイダ利用料込みで
5,600円~
(税込6,160円)
5,500円~
(税込6,050円)
5,400円~
(税込5,940円)

電話には、500円(税込550円)テレビには、500円~(税込550円~)が含まれています。

違約金は、自動更新月以外の解約で16,500円です。

auひかりで最も安い料金プランです。他社回線と比較しても大きく差のない月額料金となっています。

主要回線の比較

回線名 月額料金
auひかり
(1年目)
5,610円
ソフトバンク光 5,720円
ドコモ光
(Aタイプ)
5,720円

auひかり ホームの回線はダークファイバーという独自回線を利用しているので通信品質が高い傾向があります。

3年縛りというデメリットはあるものの、月額料金、回線品質なら納得できる設定です。

auひかり ギガ得プランの料金料金

auひかり ギガ得プランの料金プランを紹介します。

ギガ得プランは2年更新の料金プランでずっと同じ料金となっています。ここでは標準プランの呂菌も含めて紹介します。

お申し込み区分 ギガ得プラン 標準プラン
ネット 5,720円 6,930円
ネット+電話
auスマートバリュー対象
6,270円 7,480円
ネット+テレビ 6,270円〜 7,480円〜
ネット+電話+テレビ
auスマートバリュー対象
6,820円〜 8,030円〜

auひかり ギガ得プランの違約金は2年更新月以外の解約で10,450円です。

この料金は大手キャリア回線と同等の料金設定となっています。

ずっとギガ得プランと速度は変わらない

ずっとギガ得プランとギガ得プランは料金プランだけが異なるのでサービス内容は変わりません。どちらか一方の速度が遅くなったり、速くなるということはありません。

通信速度の面はご安心くださいね。

ココに注意

BIGLOBE・DTIは、標準プランの新規申し込みおよびギガ得プランからのプラン変更を受け付けておりません。

より細かな内容は以下のページで解説しています。

参考auひかりのずっとギガ得とギガ得の違いは何?どちらのプランを選ぶべきか?

auひかり 10ギガ/5ギガホームの月額料金

auひかり 10ギガ/5ギガホームの月額料金は「ずっとギガ得プラン」「ギガ得プラン」に高速サービス利用料をそれぞれ追加される形となっています。

高速サービス利用料

  • 5ギガ 高速サービス利用料:550円
  • 10ギガ 高速サービス利用料:1,408円

ただし、5ギガ、10ギガは、利用すスタート開始3年間は高速スタートプログラム」で毎月550円値引き。さらに、「auスマートバリュー加入限定の割引」で4年目以降 毎月550円値引きされます。

多くの方がauスマートバリューを適用させるので5ギガホームは実質無料、10ギガホームは実質858円追加で使えます。

auひかりマンションの月額料金

auひかりマンションはネット・機器レンタル料・プロバイダ料を含む利用料金です。標準プラン、お得プランAの2種類があります。

お得プランAは、標準プランに『おうちトラブルサポート』が追加されたもので、2年契約がつかされます。

違約金がないので標準プランの方が良いように見えます。

しかし、キャンペーン・割引の兼ね合いでお得プランAをおすすめしています。

タイプV「16契約以上」/都市機構デラックスの例

組み合わせ 料金
ネット 4,180円
ネット+電話
auスマートバリュー対象
4,730円
ネット+テレビ 4,730円〜
ネット+電話+テレビ
auスマートバリュー対象
5,280円〜

ココがポイント

auひかりマンションの料金は提供環境で異なります。

提供タイプ ネットのみ ネット+電話
タイプV 3,800円
(税込4,180円)
4,300円
(税込4,730円)
都市機構 東日本/西日本 3,800円
(税込4,180円)
4,300円
(税込4,730円)
タイプE 16契約以上 3,400円
(税込3,740円)
3,900円
(税込4,290円)
8契約以上 3,700円
(税込4,070円)
4,200円
(税込4,620円)
マンション ギガ※2 4,050円
(税込4,455円)
4,550円
(税込5,005円)
マンションミニ ギガ 5,000円
(税込5,500円)
5,500円
(税込6,050円)
タイプF 3,900円
(税込4,290円)
4,400円
(税込4,840円)

 

auひかりマンションの料金プランは住んでいる住居の状況に合わせて変わります。こちらで月額料金を指定できないので、ご注意ください。

参考auひかりのお得プランAと標準プランの違いについて解説

auひかりの初期費用(工事費)

auひかり契約時に必要となる初期費用をまとめます。

→戸建(ホームタイプ)の初期費用へ

→集合住宅(マンションタイプ)の初期費用へ

auひかりのホームの初期費用について

初期費用 37,500円(税込41,250円)※
(分割の場合は625円(税込687.5円)×60回)
登録料 3,300円

※土日工事は追加費用3,300円

工事費が41,250円ですが、『ネット+電話プラン』で申し込めば、初期費用相当分割引が適用され実質無料となります。

また、この改定で解約時の撤去工事費31,680円が必須となりました。

参考auひかり 撤去費用を無料の理由と方法

auひかりマンションの初期費用

初期費用 33,000円※
(分割の場合は1,375円×24回)
登録料 3,300円

※土日工事は追加費用3,300円

マンションプランは、申し込みだけで初期費用相当分割引が適用されます。24回分割なので他社回線と同じくらいの期間です。

マンションタイプに関しては、解約時の撤去工事費28,800円は不要です。

auひかり 割引サービス

asひかり申し込みでは、お得なキャンペーンが実施されています。

現在auひかり公式で実施中のキャンペーンは次の2つです。

  1. auひかりスタートサポートキャンペーン:他社違約金相当額を還元、auスマートバリュー新規申し込みで他社携帯電話の違約金還元
  2. auひかり(au one net)の「ネット+電話」新規加入:10,000円キャッシュバック

1つ目のキャンペーンは全ての窓口、プロバイダで適用されるKDDI公式キャンペーンです。

他社回線からauひかりに乗り換えの際に違約金をKDDIが最大30,000円負担するキャンペーンです。

2つ目のキャンペーンは公式経由、プロバイダ:au one net限定のキャンペーンです。

auひかりの最もお得なキャンペーンは以下の記事からお探しくださいね。

auひかりのauスマートバリュー

auひかりでauスマートバリューを利用するメリットは次の2つです。

  • 無線LAN機能 550円が無料
  • au携帯電話の割引
  • 高速サービス利用料 4年目以降 550円値引き

こちらがauひかり+電話プランで申し込むと適用されます。

大手キャリア各社で行っているスマホ月額割引ですね。auひかりはauのスマートフォン、携帯電話を値引きしています。

auひかりの場合は、au携帯電話の値引きだけがメリットではなく、Wi-Fiレンタル料無料や高速サービス利用料値引きなども強い特典内容です。

非常に強いメリットがあるものですから、ネット+電話で契約しておきましょう。

auひかりは申し込み窓口で最安値にできる

auひかりの月額料金は申し込み窓口で最安値にできます。

申し込み窓口毎にキャンペーンを行っているからです。

auひかりでは、KDDI公式、プロバイダ、代理店の3社でキャンペーンを実施しています。

申し込み窓口によってサービス内容や契約内容は変わりません。当然、速度もどこで申し込みをしても変わらないです。

KDDI公式・プロバイダ・代理店の実施しているキャンペーンが異なり、受け取れるキャッシュバック額が変わってくるのです。ただ、申し込み窓口を間違えるともらえるはずだったキャッシュバックが受け取れなかった事例もあります。

もし、auひかりを最安値で使いたい方は各社のキャンペーンを比較してください。なお、当サイトでは以下の記事でauひかりのキャンペーンを徹底比較しています。これから申し込みされる方はぜひ参考にしてくださいね。

参考auひかりキャンペーン比較!高額キャッシュバックの真実と注意点

-auひかり

© 2021 光スマート