IIJmioひかり 評判

IIJmioひかりは、フレッツ光網の光コラボレーションの一つで、格安スマホ『IIJmio』とのセット割が使える光回線です。

IPv6 IPoE接続を利用した次世代ネットワークが強みで通常よりもサクサクネットを利用できます。

ただし、高速化するためには別途オプション申し込みが必要+自前でWiFiルーターを用意しなければなりません。

このページでは、IIJmioひかりの速度・料金・評判について実際に使っている利用者の口コミを元に調査しました。

ちなみにIIJmioひかりよりもお得な光回線を知りたい!そんなあなたは以下のページを参考にしてください。

IIJmioひかりの基本情報

プラン名 料金
ファミリータイプ
(戸建て)
5,450円
マンションタイプ
(集合住宅)
4,356円

初期費用

  • 転用
    • フレッツ光からの転用:1,980円
    • 他社からの転用:3,300円
  • 新規:880円
  • 工事費
    ファミリータイプ:19,800円(20ヶ月に分割請求)
    マンションタイプ:16,500円(20ヶ月に分割請求)
    無派遣工事(転用):2,200円

最低利用期間:24ヶ月

最低利用期間内での解約は違約金5,000円(不課税)を請求されます。自動更新ではないので、その後いつ解約しても違約金は発生しません。

オプションに関して

  • ひかり電話:550円/月(初期費用はありません)
  • レンタル機器:330円/月
  • IPoEオプション:無料

+ レンタル機器ってなに?

光回線を使うには、通常、加入者網終端装置(ONU)が必要となります。こちらは無料レンタルできます。

有料レンタルは、HGW(ホームゲートウェイ)で月額330円です。

  • ひかり電話機能を利用したい場合
  • 無線LAN機能を利用したい場合

に使います。

+ 機器のレンタルは必要なの?

  • ひかり電話を利用しない
  • 無線LAN機器(WI-FI機器)を自分で用意する

この場合は、レンタル不要です。

IIJmioひかりの料金割引

IIJmioひかりのメリットは、格安スマホのIIJmioの割引があることです。

IIJmioひかり+IIJmioの格安SIMサービスで『mio割』が適用されセットで毎月660円の割引が受けられます。

例えば、データSIMのであれば990円なので月額330円〜で格安スマホを利用できる計算となります。

しかし、mio割は、IIJmio1契約に対して1回線のみの適用なので最大660円割引のみ。

一人暮らしでIIJmioを利用している方ならお得に利用できますが、家族でIIJmioを利用している場合、割引額は少ないです。

1契約のみの割引なのでややお得感は低めです。

IIJmioひかりの速度

IIJmioひかりの速度を解説します。

IIJmioひかりの通信速度をみんなのネット回線速度(みんそく)で調査したところ

  • 平均Ping値: 16.22ms
  • 平均ダウンロード速度: 310.91Mbps
  • 平均アップロード速度: 235.83Mbps

IIJmioひかりは光回線速度ランキングで50番中24位の速度でした。

3ヶ月の平均速度情報

時間帯 Ping 下り 上り
15.28ms 376.43Mbps 233.11Mbps
13.67ms 362.66Mbps 259.53Mbps
夕方 15.16ms 365.27Mbps 277.57Mbps
19.32ms 300.68Mbps 246.75Mbps
深夜 14.55ms 355.53Mbps 264.31Mbps

計測している方の多くがIPoE接続オプションを利用されている方でした。

もし、今ご覧になっている方で遅いと感じていたら以下の方法をお試しください。

【速度改善策】IPoEオプション(IPv6接続)を使う

現在、IIJmioひかりを利用している方であれば、IPoEオプションを使えば速度が改善されます。

IPoEとは、通常のインターネット接続方式のIPv4接続と次世代の接続方式IPv6を同時利用できる接続方式です。

詳しくは『IPv6接続オプションとv6プラスの違い何?速度は速くなるの?』にて解説しています。

現状のインターネット環境としては最高の環境と言えます。

  • IPv4:遅い
  • IPV6:速い
  • IPV4・IPV6:IPv4とIPV6の空いているところを通るため最速

ただし、IIJmioの場合は、無料オプションとして提供しており、専用機器を自前で用意しなければなりません。

IIJmioひかり 評判・口コミ

IIJmioひかりの評判・口コミを見ておきましょう。

IIJmioひかりの評判をまとめると

  • IPoEオプションなし:遅い
  • IPoEオプションあり:あり
  • サービスに不満あり

といった内容でした。

IPoEオプションの関係上、使っている人、使っていない人に分けてみました。

IPoEオプションなしの速度

IPoEオプションなしの速度はかなり遅く不満に感じている口コミ・評判が多いです。

一応、IIJmioひかりの設備増強は定期的に行なっています。

参考IIJmio光接続サービスにおける設備増強予定
(定期的に更新中)

ほぼ満足度は、回線速度の安定性に直結しているのでIPoE接続を使っていない方は悪い口コミの方が多い印象でした。

IPoEオプションありの速度

IPoE接続でIIJmioを使っている方は非常に満足度が高いです。

この仕組みに関してはIIJmio公式ブログで紹介しています。

IIJmioの公式ブログ(てくろぐ)は、NTT東西の網終端装置の混雑(IPv4 PPPoE方式・IPv6 PPPoE方式)の接続方法で混雑がボトルネックであり、IPoE接続が一つの解決策であると伝えていました。

http://techlog.iij.ad.jp/archives/1879

参考IIJmioひかりの混雑の理由とバイパス手段(IPoE・DS-Lite対応)(かなり詳しい解説があります)

 

ただし、接続機器としてWI-FI機器も自前で用意または有料レンタルしなければなりません。

この点で満足度が大きく左右されている印象です。

IIJmioひかり サービス対応の評判・口コミ

速度以外のIIJmioひかりの評判・口コミを調査しました。

IIJmioひかりのサービス対応を確認すると悪い口コミがありました。

開通するまでにトラブルも起きているので注意したいところですね。

IIJmioひかり 申し込みから開通までの流れ

IIJmioひかりの申し込みから開通までの流れ

  1. 申し込み
  2. 工事希望日の確認
  3. 利用開始日確定 機器の受け取り
  4. 工事実施・開通

1.お申し込み

IIJmioひかりのお申し込みボタンから手続きします。

お申し込みにはご契約者のクレジットカードが必要です。

他社事業者から転用する場合は事前に「転用承諾番号」を取得しておきましょう。

2.工事希望日の確認

お申し込み時に選択いただいたコンサルティング希望日にお電話にてご連絡し、工事日を調整します。

3.利用開始日確定機器の受け取り

お客様宅に設置する機器は事前に送付します。

工事担当者がお伺いする工事の場合は、原則工事担当者が持参します。

4.工事実施・開通

NTT東日本/西日本担当者が工事にお伺いします。

工事完了後、お客様にて宅内機器の設置と接続の設定を行っていただき、開通完了です。

IIJmioひかりの評判まとめ

IIJmioひかりは、IIJmioユーザーは割引があり・25ヶ月目から違約金が発生しないというメリットがあるものの

  • IPoE接続はオプション申し込みが必要
  • 接続に必要なWI-FI機器は自前で準備
    (もしくは有料レンタル)

というデメリットがあるため、一般的にはおすすめできません。

IIJmioユーザーで全て統一したい人なら良いかもしれません。

ちなみにおすすめの光回線に関しては、以下の記事を参考にしてください。より最適な光回線が見つかるはずです。

-光回線サービス

© 2021 光スマート