光スマート

インターネットをお得に契約!初心者のための比較&ランキングサイトです。知識ゼロからもっと快適に、いちばんお得につなぐ!選び方から契約方法までわかりやすい情報をお届けします。

ドコモ光はv6プラスがおすすめ!IPv6対応プロバイダと設定・確認方法

投稿日:

ドコモ光のIPv6,IPv6 IPoE,v6プラス

おすすめプロバイダ

  • v6プラス対応
  • 高性能Wi-Fiルーター無料レンタルあり
  • 設定不要!繋げたその日に使える!

ドコモでは、通信速度を大きく改善する次世代通信規格のV6プラスが利用できます。

v6プラスとはIPv6インターネット接続機能の一種類でプロバイダが提供する通信方式となります。

しかし、ドコモ光ではIPv6接続の種類がいくつかあり、わかりにくいものや設定が難しく使いこなせないものも存在しています。

そこで当記事では、ドコモ光のIPv6接続の種類、v6プラス対応するプロバイダ、申し込み方法、設定方法と注意点を解説します。

ドコモ光のv6プラスは最も速い接続技術

結論を伝えるとドコモ光のIPv6接続には3種類の接続方式が存在しています。

IPv6にもいくつか種類があり、小難しい話になるので簡単にまとめてみました。

IPv6 PPPoE IPv6 IPoE接続 v6プラス
(IPv6 IPoE
+IPv4)
ISP 経由する 経由しない 経由しない
メリット - ・認証不要で速い ・IPv4とIPv6同時接続可能
・認証不要で速い
デメリット ・IPv6のみ
・認証必要で混雑
・見れないサイトあり
・IPv6のみ
・IPv4でしか見られない
サイトは閲覧不可
特定ポートを使うサービスは利用不可
(一部オンラインゲーム)
速度

細かな話は後ほど紹介しますが、現状v6プラスが最も安定度の高い接続方式です。

その中でもv6プラス(IPoE IPv4 over IPv6通信)は最も速い安定しています。

→ゲームをやらない人は次へ

v6プラスのデメリットはPS4のオンラインゲーム対応

v6プラスのデメリットになるのはPS4のオンラインゲームやマルチプレイの一部が使えない事があることです。

というのもPS4のオンラインゲームやマルチプレイはIPv4アドレスの特定ポートを使用しているからです。

v6プラスの通信はIPv4アドレスを共有して利用する技術を活用しています。そのため、特定ポートを利用する場合、ゲームのみIPv4 PPPoE接続とする特別な設定が必要※となります。

※この設定は別途ルーターを使ってIPv4 PPPoE経由をしたもの、IPv6対応専用ルーターでv6プラス経由の2つを併用するものです。

ドコモ光プロバイダによってはこの設定ができないため、一部のゲームで利用できない事案が発生しているのです。

例をあげるとプロバイダのGMOとくとくBBでは、MONSTER HUNTER WORLDにてマルチプレイができないという不具合が発生しています。

参考PS4でv6プラスを使ってマルチプレイを利用したい

しかし、全てのゲームができないわけでありません。

GAME Watch Impressでは以下のゲームを検証したところ問題なしです。

  • 「モンスターハンター:ワールド」
  • 「実況パワフルプロ野球 2018」
  • 「コール オブ デューティ ブラックオプス 4」
  • 「ウイニングイレブン2019」
  • 「ストリートファイターV アーケードエディション」
  • 「ドラゴンボール ファイターズ」
  • 「ファイナルファンタジーXIV」
  • 「ドラゴンクエストX」

参考 https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1151113.html

当サイトでもBF5(バトルフィールド5)をv6プラスにてオンライン マルチプレイを試してみましたが問題ありませんでした。

なので現在PS4 オンラインゲームをされている方は『v6プラス ゲーム名』で検索をかけて不具合情報を確認するのが良いです。

GMOとくとくBBはPPPoE削除なので要注意

ドコモ光プロバイダのGMOとくとくBBはv6プラス活用時にPPPoEを削除しています。

弊社ではv6プラス開通のお客さまは、重複セッションによる不具合防止のためIPv4接続サービスを一時的に停止させていただいております。

今後IPv4でのご利用をご希望の場合は、弊社にてPPPoE設定可能にさせていただきますが、v6プラスはサービス停止状態となります。

このため、v6プラスとIPv4 PPPoE接続の併用設定ができなくなります。

この点がドコモ光 GMOとくとくBBのデメリットとなります。

オンラインゲームをやられる方でv6プラスに対応できないソフトを使われる方はPlalaなどの別プロバイダを利用するか ゲームに強い回線を使うようにしておきましょう。

IPv6接続の違いと対応プロバイダについて

IPv6接続には複数の種類があります。

各プロバイダでもIPv6対応と記載されていてもv6プラスとは限りません。

場合によってはIPv6接続によって不具合もあるので、IPv6接続の種類と対応プロバイダをまとめます。

PPPoE IPv6通信

ドコモ光のPPPoE IPv6通信

https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/provider_list/ipv6/

PPPoE IPv6通信とは、インターネット接続に必要な情報(認証IDとパスワード)を用いてIPv6インターネット接続を行う接続方式です。

IPv4通信の後継に当たりますが、接続方式が一緒で大きく改善されるものではありません。

接続部分での混雑は解消されないため、夜間遅延が発生しやすいです。

基本的にこのPPPoE IPv6通信だけのプロバイダはおすすめしていません。

IPv6 PPPoE対応 プロバイダ一覧
  • エディオンネット
  • BB excite
  • hi-ho
  • rakuten
  • @ネクス
  • TIKITIKI
  • COARA
  • TNG

IPoE IPv6通信

ドコモ光のIPoE IPv6通信

https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/provider_list/ipv6/

 

IPoE IPv6通信はIPv6通信を認証不要で利用する接続方式です。

接続部分での混雑が解消されるため、IPv6通信は高速化しました。

IPv6 IPoE接続はIPv6通信は認証不要ですが、IPv4通信はPPPoE方式なのでIPv4通信のみのサイト・ゲームは夜間遅延が発生します。

IPv6 IPoE接続はIPv6通信よりも速い。そんな位置付けとなります。

IPv6 IPoE対応 プロバイダ一覧
  • SYNAPSE
  • AsahiNet
  • wakwak

v6プラス(IPv6 IPv4 over IPv6通信)

ドコモ光のIPoE IPv4 over IPv6通信

https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/provider_list/ipv6/

IPv6 IPv4 over IPv6通信はIPv4・IPv6通信共に認証不要でネットが使える次世代接続方式となります。

IPv6 IPv4 over IPv6通信のメリットは接続部分の混雑を解消することによってインターネットが快適になることです。

v6プラスについて

http://gmobb.jp/lp/flets_v6plus/about/

IPv6 IPv4 over IPv6通信を提供する会社がいくつかあります。

その中でドコモ光プロバイダの多くは日本ネットワークネイブラー株式会社の「v6プラス」を提供しているのです。

自社で提供する会社もあるので一覧は正式名称で記載します。

v6プラス(IPv6 IPv4 over IPv6通信)プロバイダ一覧

プロバイダ サービス名称
ドコモnet IPv4 over IPv6機能※
Plala ぷららv6エクスプレス
GMOとくとくBB v6プラス
@nifty v6プラス
DTI IPv6(IPoE)接続サービス
BIGLOBE IPv6オプション
andline IPv6機能 (v6プラス)
タイガースネット v6プラス
SIS IPv6サービス(v6プラス)
IC-NET v6プラス
OCN OCN v6アルファ
@T COM v6インターネット接続機能(IPoE)
@ちゃんぷるネット ちゃんぷる光v6プラス

※ドコモnetでは「transix」「OCNバーチャルコネクト」を併用

v6プラスは日本ネットワークネイブラー株式会社(JPNE)提供サービスです。

ココがポイント

各社で名前が異なりますが、接続方式は一緒です。

IPv6 IPv4 over IPv6通信を自社で行なっているか、別会社(JPNE)が提供しているかの違いです。

ドコモ光V6プラスの注意点は「申し込みの有無」と「設定」

v6プラス(IPv6 IPv4 over IPv6通信)対応プロバイダの注意点は

  • 「申し込みの必要性」
  • 「IPv6 IPv4 over IPv6通信設定の有無」

v6プラス(IPv6 IPv4 over IPv6通信)提供プロバイダを表で一覧にしました。

プロバイダ 申込の有無 設定の有無
ドコモnet 自動適用 必要
Plala 自動適用 必要
GMOとくとくBB 自動適用 自動適用
@nifty 自動適用 自動適用
DTI 必要 自動適用
BIGLOBE 自動適用 必要
andline 必要 必要
タイガースネット 必要 必要
SIS 必要 自動適用
IC-NET 必要 自動適用
OCN 必要 自動適用
@T COM 自動適用 自動適用
@ちゃんぷるネット 必要 自動適用

注意点1:申し込みが必要な場合がある

一つ目の注意点はv6プラス(IPv6 IPv4 over IPv6通信)を利用する際に申込が必要な場合があることです。

ドコモ光のv6プラス(IPv6 IPv4 over IPv6通信)は自動適用される訳ではありません。

これはプロバイダ毎に対応が異なります。そのため、対応と記載してあっても別途申し込みが必要となる場合があるので注意してください。

注意点2:Wi-Fiルーター側の設定が必要

二つ目の注意点は、v6プラス(IPv6 IPv4 over IPv6通信)を利用する際にルーター側での設定が必要となる場合があります。

レンタルWi-Fiルーターは、設定不要で使えるWi-Fiルーターを提供するプロバイダもあります。

しかし、自分で設定が必要な会社も多いため、設定できないと、IPv6 IPv4 over IPv6通信を申し込みしたのに設定が出来ないため、いつまでもIPv4 PPPoE接続でのネット設定になってしまう可能性があります。

設定自体はマニュアルも多く存在するので見ながらであれば出来ます。

ただし、自分でやれそうになければ設定不要のレンタルWi-Fiルーター側を提供するプロバイダを利用するようにしましょう。

\設定不要/

レンタルWi-Fiルーターを繋げればv6プラスで快適インターネットが出来ます。

ドコモ光 v6プラス 設定不要プロバイダがおすすめ

ドコモ光 v6プラスを活用するなら

  1. v6プラス 自動適用
  2. v6プラス Wi-Fi設定不要

この2つに注意すれば確実に活用できます。

この条件に当てはまるプロバイダは、GMOとくとくBB,@nifty,@Tcomの3社です。

特にGMOとくとくBBは実行速度検証を行なったWi-Fiルーターを提供しています。

https://gmobb.jp/service/docomohikari/v6/

v6プラスで十分速度は上がりますが、さらにWi-Fiルーターの質を追求している点で優れていました。

これからドコモ光を契約する人はこちらからお申し込みくださいね。

\設定不要/

レンタルWi-Fiルーターを繋げればv6プラスで快適インターネットが出来ます。

プロバイダ比較はこちらドコモ光プロバイダのおすすめは?全25社を料金・速度・特典で徹底比較!

-ドコモ光

Copyright© 光スマート , 2019 All Rights Reserved.