光スマート

インターネットをお得に契約!初心者のための比較&ランキングサイトです。知識ゼロからもっと快適に、いちばんお得につなぐ!選び方から契約方法までわかりやすい情報をお届けします。

ドコモ光ミニをおすすめできない3つの理由

更新日:

ドコモ光では、インターネット利用が多くない利用者向けに2段階定額料金サービス「ドコモ光ミニ」を提供しています。

『インターネットをあまり使わない月は安く、たくさん使った月は定額になる!』をうたい文句にしていますが、実は様々な理由からおすすめできません。

そこで3つの観点から、ドコモ光ミニがおすすめできない理由を紹介します。

プロバイダ選びは超重要!

ドコモ光はプロバイダで料金・通信品質が変わります!

まだプロバイダを選んでいない方は合わせて次のページもチェックしておきましょう!

ドコモ光のプロバイダはどこがおすすめ?料金・速度・特典から徹底比較!

ドコモ光ミニとは

ドコモ光ミニは戸建て向けの2段階定額サービスのことで、通常のドコモ光単独タイプと違い、通信量を従量制にすることで通信料に応じて格安で利用できるサービスです。

2年間継続利用のプランにした場合の料金・通信速度は以下の通りです。

ドコモ光ミニ
月額料金 基本料金 2,700円/月(4,200円/月)
上限料金 5,700円/月(7,200円/月)
従量部分の通信料 10MB あたり30円
割引サービス ドコモ光パック セット割 マイナス500円/月
対象プラン:データMパック、データLパック、シェアパック
ドコモ光期間限定割引 マイナス500円/月
対象プラン:FOMA総合プラン、FOMAデータプラン、データSパック、らくらくパック、パケットパックなし
最大通信速度 100Mbps

なお、プロバイダ料金が含まれていない「戸建・単独タイプ」は5,000円/月です。

詳細な計算は割愛しますが、割引を適用した状態で比較すると、単独タイプより割安になる通信料は以下の通りとなります。

単独タイプを下回る通信量(約1300MB(約1.26GB)/月)ならお得に使えるとなります。ただ、上限料金に到達する通信量:約1500MB(約1.49GB)/月。

この分岐点がポイントです。

ドコモ光ミニをおすすめできない3つの理由

ドコモ光のサービス体系を解説した上でおすすめできない理由は

  1. データ量
  2. スマホ割引
  3. 最大速度

の3つです。

スマホ利用なら上限値に達する

通信料に応じて料金が変動するため、上手く使えば安く抑えられると思うかもしれませんが、自宅でスマホを多用する方はおすすめできません。

スマホでWi-Fi通信するとすぐ上限になる

利用方法にもよりますが、特にライン電話やビデオ電話、ゲーム、youtube等の動画視聴をよく利用する方はすぐ通信量の上限になってしまいます。

一般的に、youtube等で動画視聴すると、画質にもよりますが、5分前後で10~20MBかかるといわれています。

上限料金に到達する通信量は約1.49GBなので、動画視聴だけで換算すると約6~12時間。すぐに上限に達します。

ちなみに、ドコモスマホの通信プランは、標準タイプで5GB/月と設定されております。スマホのデータ通信プランと比べても少ない事がわかります。

そのため、結局毎月単独タイプよりも料金が割高になってしまいます。

スマホ割引金額が少ない

「ドコモ光パック セット割」(対象プランはデータMパック、データLパック、シェアパック)を適用することで毎月500円割引となっていますが、戸建てやマンションタイプの方が断然お得です。

家族利用を割引ひとり利用の割引
ご利用のパケットパック ドコモ光パック
(セット割金額)
ウルトラシェアパック100 -3,200円/月
(-3,000円/月)
ウルトラシェアパック50 -2,500円/月
(-2,400円/月)
ウルトラシェアパック30 -2,000円/月
シェアパック15(標準) -1,800円/月
シェアパック10(小容量) -1,200円/月
シェアパック5(小容量) -800円/月

※カッコはマンション向けの割引額です。

ご利用のパケットパック ドコモ光パック
(セット割金額)
ウルトラデータLLパック -1,100円/月
ウルトラデータLパック -900円/月
データMパック(標準) -800円/月
データSパック(小容量) -500円/月
ケータイパック -500円/月

家族での利用かひとりでの利用、データ通信プランによって割引額が異なりますが、戸建て単独タイプのスマホセット割と比較すると、最大で2,700円もの差があります。

参考ドコモ光は本当にお得?口コミ・評判・評価まとめ

例えばデータMパックで比較しても戸建て単独タイプでは割引額が800円/月です。もちろんプランが大きくなるほど割引額も大きくなります。

たとえ通信量を抑えたとしてもスマホセット割引額が大差になってしまうので、ドコモ光ミニでは実質損をしてしまいますね。

最大速度の問題

ドコモ光ミニの最大通信速度は100Mbpsですが、通常のドコモ光の通信速度は、最大1Gbpsです。単純計算で約10倍となります。

言うまでもありませんが、圧倒的に通常のドコモ光の方が速度は速いです。

ベストエフォート方式での数値であるため、ここから実際の速度が遅くなってしまうことを考慮すると、少しでも速度が速いほうが、快適にインターネットを利用することができますよね。

速度はできるだけ上限値が高い方が良いです。

まとめ

ドコモ光ミニと通常タイプの比較した結果

  1. Wi-Fi接続で結果的に割高になってしまう。
  2. スマホ割引額は通常タイプの方が圧倒的にお得。
  3. 最大通信速度は約10倍の差。

ただし、本当に通信量が少ない利用(例えば、ひかり電話中心で使いほどんどインターネットはしようしないなど)であるならば検討する価値はあるでしょう。

業者などからドコモ光ミニを勧められた場合は、決して相手の話をうのみにせず自分の利用状況を考え、損のないよう対応するように注意してください。

ちなみにドコモ光はプロバイダで料金・通信品質に差が出ます!よりお得にドコモ光を契約したあなたは以下のページを参考にしてください。

-ドコモ光

Copyright© 光スマート , 2018 All Rights Reserved.