光スマート

インターネットをお得に契約!初心者のための比較&ランキングサイトです。知識ゼロからもっと快適に、いちばんお得につなぐ!選び方から契約方法までわかりやすい情報をお届けします。

@TCOM光(ヒカリ)の速度は遅い?契約前に知っておきたい評判・評価【2018年版】

更新日:

@TOCM光はTOKAIコミュニケーションズが提供する光回線です。

フレッツ光網を使った光コラボレーションの一つで、@TCOMのプロバイダを利用中の方でしたら勧誘の電話があったかもしれません。

『auひかり』や『格安SIMサービスLIBMO』のセット割引はあるのですが、次世代通信規格である『IPv6+IPoE』『V6プラス』対応がないので速度面で不安があります。

このページでは@TCOM光の速度・料金・特典を実際に使っている利用者の口コミを元に調査してみました。

ちなみに@TCOM光よりもお得な光回線を知りたい!そんなあなたは以下のページを参考にしてください。

@TCOM光の料金・工事費・解約金

@TCOMの料金

回線タイプ 料金
ファミリータイプ
(戸建て)
最大1Gbps:ギガファミリー・スマート / ファミリー・ギガライン※1
最大200Mbps:ファミリー・ハイスピード
最大100Mbps:ファミリー
5,100円
マンションタイプ 最大1Gbps:ギガマンション・スマート / マンション・ギガライン※1
最大200Mbps:マンション・ハイスピード
最大100Mbps:マンション
3,800円

※1 NTT東日本エリアで1Gbps対応無線LANルーターご利用の場合、レンタル料300円(税抜)/月が別途必要

工事費

戸建て マンション 支払い方法
屋内配線を新設する場合 18,000円 15,000円 30回分割
屋内配線を新設しない場合 7,600円 7,600円 30回分割
無派遣工事 2,000円 2,000円 1回払い

解約金

24ヶ月単位の継続利用の割引が適用されるため、24ヶ月目、25ヶ月目の更新月以外の解約で12,000円の違約金が発生します。

@TCOM光の評価

@TCOMのメリットは、格安スマホLIBMOのセット割引が適用されることです。

LIMBOはTOKAIコミュニケーションズの提供する格安スマホで月額480円〜利用できます。

ただし、セット割引の条件はLIMBOのデータ通信プランのデータ容量によって変動するため、やや厳し目。以下の割引額をまとめました。

LIMBO
データ通信プラン
割引額
ライトプラン 割引なし
3GBプラン 100円
6GBプラン 200円
10GBプラン 300円

つまり10GBプランを利用しないと300円の割引は適用されません。

さらに@TCOM光1契約に対してLIMBO1契約のみ割引されるシステムなので、家族で利用する場合はメリットはありません。あくまで一人暮らし向けのサービス。割引があるとはいえ、微妙なところです。

キャッシュバックがある

フレッツ光から@TCOM光へ乗り換えすると最大15,000円の商品券がもらえるキャッシュバックキャンペーンを行なっています。

特別難しい条件を設定しておらず、開通完了の翌月末に発送されるので、もらいやすいキャッシュバックだといえます。

@TCOM光の速度の口コミ・評価

@TCOM光の口コミを調べて見るとかなり評判は悪かったです。

速度が遅い

速度に関しては、遅いという口コミが多いです。

RBB SPEED AWARD 2016にて

  • 『固定回線の部』光コラボレーション部門(東日本)/最優秀賞
  • 『固定回線 Wi-Fi速度の部』光コラボレーション Wi-Fi部門(東日本)/最優秀賞
  • 『固定回線 Wi-Fi速度の部』ISP Wi-Fi部門(フレッツ光1Gbpsプラン)/優秀賞

を受賞していますが、実際のところ評判が良くありませんでした。

最近の傾向としてフレッツ光系(光コラボレーション)の速度のボトルネックは、NTT東西の網終端装置の混雑(IPv4 PPPoE方式・IPv6 PPPoE方式)の接続方法であり、次世代接続方式のIPoE接続が一つの解決策としています。

参考IPv6接続オプションとV6プラスの違い何?速度は速くなるの?

しかし、@TCOM光では、この接続方式を提供していないため、ネット利用者が増えるにつれて遅くなります。

結果として、直近での口コミのような結果になっているかと思います。

事務手続きが雑

過去数回このような口コミがありました。

TCOMの事務手続きが雑なのか、しっかりと転用されてない場合や、二重契約・勝手に契約など事務手続きのミスがいくつかありました。

稀な事例かもしれませんが、契約後にも不安が残ります。余計な心配や場合によっては料金に関して問い合わせなんてこともあり得ます。

しばらくはチェックが必要になるので、契約する場合は注意が必要です。

問い合わせが繋がらない

まず、覚悟しなければならないのは@TCOMの問い合わせ窓口への繋がりにくさです。

電話に繋がるまでに10分以上待たなければなりません。電話の繋がりにくさという点で利用者の怒りが伝わってきますね。

@Tcomは解約できない?

問い合わせが繋がりにくい口コミもありましたが、もっとひどいのは解約手続きの煩雑さです。

時期によって解約する手順が異なっていましたが…解約手続きは非常に負担がかかっているようです。

  1. 電話が繋がりにくい
  2. 繋がっても解約書類を1週間以内に発送
  3. 到着から10日後にようやく解約

最悪の場合、2年自動更新月を超えてしまう可能性があります。解約を進める場合は最低でも1ヶ月前から動かないといけません。

まとめ

@TCOMはネット利用料とプロバイダ料がセットになっているため、フレッツ光よりは安く利用できますが、他社回線と比較すると特別安いとは言えません。

悪い口コミが多いのもあり、できるだけ避けた方が良いです。

もし、お得に使えるとしたら…

  • 一人暮らしでLIMBO(データ容量10GB)を利用中
  • マンションタイプに契約できる

の方のみです。ですが、マンションタイプの場合、VSDL方式だと速度が遅くなるので契約前に必ずせ接続方式を確認してくださいね。

参考VDSL方式は遅い?その仕組みと回線品質を徹底解説!

ちなみにおすすめの光回線に関しては、以下の記事を参考にしてください。より最適な光回線が見つかるはずです。

-光回線サービス

Copyright© 光スマート , 2018 All Rights Reserved.