光スマート

インターネットをお得に契約!初心者のための比較&ランキングサイトです。知識ゼロからもっと快適に、いちばんお得につなぐ!選び方から契約方法までわかりやすい情報をお届けします。

ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドのメリットと設定方法

更新日:

ソフトバンク光を利用中の方で、回線が遅い!と感じることがあるのではないでしょうか。

近年、ソフトバンク光を始め光回線の利用者が急増しており、パンク状態となっています。

速度に不満を抱えるソフトバンク光ユーザーで試してほしいのがIPv6高速ハイブリッド接続という新しい接続方式です。

まだ利用していない方に向けて、IPv6ハイブリッド接続の詳細、設定方法をわかりやすく解説します。

ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドとは

IPv6高速ハイブリッドとは、ソフトバンク光で提供している新しい通信方法で正式名称はIPv6 IPoE+IPv4と言います。

一般のIPv6接続と少し違いのですが、わかりにくいので簡単に表で整理してみました。

IPv4接続
(IPv4 PPPoE)
IPv6 IPoE
+IPv4
解説 従来の接続方式 ソフトバンク光の接続方式
ISP 経由する 経由しない
メリット - ・IPv4とIPv6同時接続可能
・認証不要で速い
デメリット ・IPv4のみ
・認証必要で混雑
特定ポートを使うサービスは利用不可
(一部オンラインゲーム)
速度

通常のネットは、IPv4しか使えないのに、

  • IPv4とIPv6を同時利用
  • ISP経由しない接続で混雑を解消
  • さらに設定不要

と言ったメリットがあり、単純に速くなると考えればもらえれば良いです。

+ もう少し詳しい解説を見てみる

用語を簡単に説明すると

  • IPv4:従来のネットの接続方法
  • IPv6:新しいネットの接続方法(アドレス在庫枯渇問題を解消)
  • IPv6 IPoE:ネイティブ接続方式(設定不要)
  • IPv6 IPoE+IPv4:IPv6とIPv4を同時接続する方式(設定不要)

となります。

下の画像の右側は従来の接続方法(IPv4)、左側がIPv6高速ハイブリッド接続となります。

IPv6 PPPoE

問題点

ISP接続時に混雑する→夜間の遅い原因はここ。

IPv6のみなので見れないページあり

IPv6高速ハイブリッド

解消したポイント

ISPを経由しない→認証不要で混雑解消

IPv6とIPv4同時接続可能→IPv4しか見れないページも見れる

より詳細な話は『IPv6接続オプションとV6プラスの違いは何?速度は速くなるの?』にて解説しています。

どのくらい速くなるの?実測値を紹介

細かい話はさておき、どの程度早くなるのか紹介しましょう。

特に夜中に遅くなる時間帯で通常のネット接続方法とIPv6高速ハイブリッド利用時で比較しました。

IPv4通信の場合(23時頃)

IPv4 over IPv6の場合(23時頃)

夜間の混雑時にもサクサクっと使えました。

明らかに改善していますよね。IPv6高速ハイブリッドは一般的に遅くなる時間帯でも不満足に感じないくらい速くなる点が魅力かと思います。

IPv6高速ハイブリッドを利用する方法

  1. 光BBユニットを設置する
  2. ソフトバンク光でIPv6設定をする

この2点が必要となります。

光BBユニットとは、ひかり電話やWI-FI機能を利用できるブロードバンドルータとなります。

では、これから申し込む人とすでにソフトバンク光を利用している人に分けて解説します。

これからソフトバンク光を申し込む人

これからソフトバンク光を申し込む人は、同時に基本パック(月額500円)を利用すれば良いです。

こちらはソフトバンク・ワイモバイル利用者限定のオプションでおうち割光セットを適用させるために必要となっています。

よくわからない方は申し込みの際に『IPv6高速ハイブリッド』を使いたいと言っておきましょう。

ソフトバンク光

  • 戸建:5,200円
  • マンション:3,800円
  • 新規申し込みで28,000円の高額キャッシュバック
  • SoftBankのスマホ割引あり(最大1,000円/1台)
  • 全国対応
  • 他社解約金満額負担

※最短2ヶ月後に入金。

すでにソフトバンク光を利用している人

すでにソフトバンク光を利用している方は、設定が必要となります。

大まかな手順

  1. 光BBユニットレンタルオプションを登録
  2. 光BBユニットユニットの取り付け
  3. IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE+IPv4のお申し込み
  4. 切り替え確認

光BBユニットレンタルオプションを登録

ソフトバンク光のマイページにログインし、オプションサービスの手続きが画面に移行します。

参考ソフトバンク会員ページ ログイン

以下の画面から光BBユニットレンタルを選択し、オプションレンタル開始します。

届き次第、光BBユニットユニットの取り付けを行なってください。

IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE+IPv4のお申し込み

接続方式変更のお申し込み』から申し込みを行います。

スクロールすると「オプションサービスのお手続き」とあるのでそちらから申し込みをします。

IPv6+IPv4の手続きが終わると以下のようなメールが届きます。

こちらを持って申し込み完了となります。

切り替え確認

マイページのお客様情報を確認すると申し込みサービスの項目に『IPv6+IPv4接続オプション』とあれば完了となります。

一応、IPv6接続の確認サイトはこちら→あなたのIPv6をテストしましょう。

IPv6と記載があれば切り替えに成功しています。

機種によっては別途設定が必要

ほとんどないかと思いますが、NTTから提供されている機種によっては別途設定が必要です。

もし、うまくいかない場合はこちらを確認してください。

参考IPv6パケットフィルタ設定の変更

さらに高速化した試みはこちら

別途記事にて光BBユニットのデメリットを解消した試みを紹介しているのでより高速化したい方はこちらを参考にしてください。

参考SoftBank光の遅い原因は光BBユニット。改善策と速度を2倍にする解決策(改善編)

-ソフトバンク光

Copyright© 光スマート , 2018 All Rights Reserved.