NURO光のマンションで契約!プラン・導入方法

NURO光 for マンションに申し込んだけど集まらない!

早くNURO光を使いたいのに一緒に使ってくれるユーザーが集まらないために使えない。こうお悩みの方は結構多いようです。

しかし、最近NURO光の方針が変わった為、たった一人でもマンションプランに申し込めることをご存知ですか?

この記事ではNURO光の2つのマンションプランの違い、メリット・デメリットを解説した上でデメリット解消法をお伝えします。

\今月のキャンペーン情報はこちら/


→特設ページの特典を見てみる

 

参考NURO光 評判・口コミのデメリットを評価

NURO光 G2/G2 Vプラン(旧:マンションミニ)とNURO光forマンションの違い

サービス名 ソフトバンク光
対象 2〜7階建て
集合住宅 
8階建て以上
集合住宅
料金 5,217円 1900円〜
速度 2Gbps 2Gbps
CB
35000円

10000円
無線LAN 無料 無料
セキュリティ 無料 500円
光 でんわ 関東 500円/月
関西・東海 300円/月
関東 500円/月
関西・東海 300円/月
メールアドレス あり なし

NURO光 G2/G2 Vプラン(旧:マンションミニ)導入は料金・速度が一緒

NURO光マンションミニは戸建向けプランNURO光 G2Vプランと一緒です。

おすすめ度
月額料金 5,217円(税込)
速度 最大2Gbps
(一部地域で10Gbps)
特典 ・CB:45,000円
・工事費実質無料
・訪問サポート1回無料
・無線LAN
・セキュリティ標準装備

So-netのQ&Aにも以下のように記載があります。

Q:「NURO 光(戸建・7階建以下)」との違いは何ですか?

A:「NURO 光 (戸建・7階建以下)」は、戸建て又は7階建て以下の集合住宅に、個別回線契約としてご提供しています。
「NURO 光 for マンション」は、3階建て以上かつ4契約以上の集合住宅にご提供しています。また、お住まいのマンションに専用の設備が導入されている必要がございます。

参考「NURO 光(戸建・7階建以下)」との違いは何ですか?

便宜上マンションで取り扱っているため、マンションミニと言っています。では、NURO光forマンションとの違いを見ていきましょう。

NURO光forマンション設備導入のメリットは激安回線なこと

最大のメリットは価格です。人数によって変化し月額1900円という破格で光回線を利用できます。

会員数 月額料金 hands-up会費 基本料金
4人 2,500円 900円 1,600円
5人 2,500円 900円 1,600円
6人 2,500円 900円 1,600円
7人 2,400円 800円 1,600円
8人 2,300円 700円 1,600円
9人 2,200円 600円 1,600円
10人 1,900円 300円 1,600円

+ Hands-up会費とは

NURO光forマンションの運営費、NURO 光 for マンションの設備導入費および設備維持費を支払う会費のことです。

設備導入工事費60,000円※24回分割払い)および設備維持管理費はHands-upが弊社に対して支払う費用です。

毎月1日時点の当該契約者数に応じて、当月のHands-up会費が確定します。

Hands up会費+基本料金とややこしい料金設定になっていますが、単純に1900円〜2500円だと考えてもらえればOKです。

戸建向けのNURO光と同等の下り最大2Gbspで最大速度450Mbsp相当の無線LAN機器が標準装備となっています。

一点、違いがあるのがセキュリティです。こちらのみ+500円のオプション扱いなので別途申し込みが必要です。

オプション扱いで別になっていますが、他社回線と比べてもNURO光forマンションは激安です。

導入済みマンションなら1ヶ月以内で利用可能

すでにNURO光 for マンションを導入済みなら1回の工事(宅内工事)だけで利用が開始されます。

戸建プランだと2回目の工事日程の調整に苦戦するところですが、スピーディーにNURO光が使えます。

NURO光forマンション設備導入のデメリット

NURO光 for マンションのデメリットは最低利用人数が決まっていることです。

集合住宅は4人以上の申し込みが必要

NURO光 for マンションの申し込み条件としてエントリーが4名以上必要となります。

4名未満の場合は募集中の状態で契約できません。

2017年12月

  • なかま募集中(エントリー数):41804件
  • マンションオーナーさまと交渉中:6069件
  • マンション現地調査中:34076件
  • 工事完了:12344件

+ 過去の進捗率

2017年1月の調査内容

  • なかま募集中(エントリー数):28982件
  • マンションオーナーさまと交渉中:6136件
  • マンション現地調査中:21192件
  • 工事完了:3788件

2017年は1年で8000件のマンションへの導入が完了している計算ですが、まだまだ待っている方はいます。2017年1月時点から考えても20,000名はエントリーのみで開通していないことになります。

同じマンションに住む方で、「安くても切り替えるのが面倒。」という方もいます。必ずしも集まるとは限りません。

人数が少なくなった場合はなくなる可能性あり

仮に契約できたとしても3名以下になり、一定期間集まらない場合はNURO光 for マンションは終了となります。実際にNURO光の注意事項を引用します。

ご利用マンション内のNURO 光 for マンションを利用している契約者数(Hands-up 会員数)が3 人以下になった場合、一定期間内に4人以上とならない場合、当該マンションにおけるサービス提供を終了いたします。サービス提供終了時点でHands-up が設備導入工事費(60,000 円)の残債を有する場合、その残債額を残存している契約者さまで等分した金額を各契約者さまにお支払いいただきます。

つまり、サービス終了となった場合は3つの違約金・残債を支払う可能性が出てきます。

  1. 2年間契約の違約金9,500円
  2. 36ヶ月分割の残数(1,111円×残存月数)
  3. 設備導入工事費(60,000円)の残債÷残存契約者数

一度に10名集まれば終わる可能性は低いのですが、ギリギリの4名でスタートするといつ終わってもおかしくない状況が続くことになります。

安くてもリスクのあるサービスとなりますね…。

NURO光マンションプランの契約デメリット解消法

NURO光 for マンションには利用人数によるデメリットがありましたが、すでに解決済みでした。

NURO光は後からでもプラン変更の切り替えが可能になりました。

 

  1. NURO光に申し込む(NURO光 for マンションのエントリー完了扱いへ)
  2. 利用開始
  3. 開通し、So-net側で準備が完了したらプラン変更へ

上記のような流れです。

これならNURO光を今すぐに利用開始ができ、人数が増えてきたら切り替えるためリスクが低い状況を作り出せます。

まずは公式サイトで開通できるか確認しておきましょう。

40戸以上なら一人でも加入可能

NURO光 for マンションへの後から切り替えに伴ったサービスだと思いますが、40戸以上の集合住宅なら一人でも設備導入工事が可能となります。4名以上の条件はありません。

NURO光を運営するSo-netが近所様への声かけを手伝ってくれます。

40戸以上が採算の取れる範囲だからだと思いますが、光回線を取り扱うプロが声をかけてくれるので頼もしいですよね。10名加入すれば1900円で超高速の光回線です。

以前ならやらなかったことですが、NURO光をひっさげたSo-netに力がついてきたという証拠ですね。

NURO光 for マンションが導入できそうな規模でしたら、まずは申し込みをして確認を取っておきましょう。

NURO光マンションプランまとめ

NURO光の2つのマンションプランは

  • NURO光マンションミニ:戸建プランと一緒。後々、NURO for マンションへ切り替え可能
  • NURO光 for マンション:4名以上が条件。でも、40戸以上は1名でも設備導入工事可能

どちらにせよ、7階建て以下ならNURO光で申し込みを進めていけば良いです。So-net公式の特設サイトからの申し込みで35,000のキャッシュバックを実施中です。

NURO光 for マンションだと1万円のキャッシュバック+4名集まるまで待つことになるので、一旦、通常のNURO光を利用しておきましょう。

-NURO光

© 2021 光スマート