光スマート

インターネットをお得に契約!初心者のための比較&ランキングサイトです。知識ゼロからもっと快適に、いちばんお得につなぐ!選び方から契約方法までわかりやすい情報をお届けします。

ぷらら光は評判は遅い?契約前に知っておきたい評価・解約事情【2018年版】

更新日:

ぷらら光はNTTぷららの提供する光コラボです。

インターネットプロバイダ「Plala」を利用していたこともあり転用を勧められる電話がかかってきた人もいるかと思います。

ぷらら光はひかりTVとセットで安くなることが売りなので大本命の光回線かもしれません。

結論を伝えると通信速度の遅さ・不安定さからおすすめ出来ない回線でした。

この記事では実際に使っている利用者の口コミを元に調査してみました。

ちなみにぷらら光よりもお得な光回線を知りたい!そんなあなたは以下のページを参考にしてください。

ぷらら光の料金・工事費用・解約金について

インターネット接続のみ

プラン 料金
戸建て
(ホームタイプ)
4800円
集合住宅
(マンションタイプ)
3,600円

ひかりTVセット価格(2ねん割+セット割適用)

プラン 1~24ヶ月 25ヶ月目以降
戸建 5,700円 6,300円
集合住宅 4,500円 5,100円

※ひかりTVチューナーをレンタルする場合は別途500円追加となります。

工事費用

戸建 18,000円
マンション 15,000円

土日祝日の工事は別途3000円

それぞれ30回の分割払いが可能で戸建600円/月・マンション500円/月の支払いが可能です。

フレッツ光からの転用(乗り換え)は工事費用は不要です。

解約金は複雑

インターネット接続のみを利用して、ひかりTVセット価格を適用しなければ、最低利用期間と解約金はありません。

ひかりTVセット利用者に関してはやや複雑です。割引の提供のイメージを見てください。

ひかりTVセット価格を適用すると、2ねん割により最初の2年間は1,000円引き。2年以内に解約すると解約金が9000円掛かります。

セット割の600円引きはひかりTV契約期間中継続されます。こちらは違約金がありません。

料金システムでも公式サイトに表記がなかったので基本情報として表記しました。

ぷらら光の3つメリット

  1. 光回線の縛りがなく違約金もない
  2. ひかりTVを安く使える
  3. セキュリティが2年間無料

縛りがない

通常の光回線は料金を安くする代わりに2~3年間自動更新をつけています。

最低利用期間といわれるもので期間内に解約したら1万円程度の違約金が発生します。

ぷらら光ではネット単体に最低利用期間・違約金がないので他社に比べると手軽に解約できます。

ひかりTVを安く使える

ぷらら光のメリットは、ひかりTVが安くなることです。

ひかりTVとは、NTTぷららが提供する映像配信サービスのこと。地上デジタル放送から、BS放送、料金によって50ch以上のテレビや人気映画などのビデオが見れるサービスです。

ひかりTVはフレッツ光(光コラボ)向けに配信されており、雨の日にもクリアな映像を楽しめることから300万人以上が利用されています。

このひかりTVですが、他社光回線で契約するよりもぷらら光で契約する方が安くなります。

24ヶ月間キャンペーンにて通常価格から900円の値引きが適用となります。

ひかりTVプラン お値打ちプラン テレビおすすめプラン ビデオざんまいプラン
料金 2,500円
1600円
1,500円
900円
1,500円
900円
チャンネル数 50ch以上 50ch以上 10ch以上
ビデオ 約14,000本が見放題 一部の無料作品のみ見放題 約14,000本が見放題

25ヶ月目以降はセット割により600円が永年割引

すでにひかりTVを使われている方もぷらら光に切り替えれば割引が適用となるのでお得になります。

ぷらら独自のセキュリティーサービスが充実

ぷららで付与される標準メールアドレスに対して、迷惑メール振り分け機能とメール送信ウィルスチェック機能が標準で付与されています。有害サイトの閲覧を制限する有害サイトブロック機能も利用可能です。

PC本体を保護するセキュリティソフトの「マカフィー for ぷらら」が最大24か月無料で利用可能です。

フィッシング詐欺、ウイルスなどからパソコンを守ってくれます。

ぷらら光のデメリット

ぷらら光の抱えているデメリットは次の3つ

  1. スマホ割引がない
  2. IPv6対応だけど遅い(理由を解説します)
  3. キャッシュバック条件が厳しい

スマホ割引がない

光コラボの多くは、スマホ割引に対応している会社が増えており、1台あたり最大2,000円割引してもらます。

ひかりTVを安く使える点ではメリットがありますが、割引額としてはスマホ割引の方が多いので対応していない点でデメリットとなります。

IPv4・IPv6同時接続可能だが遅い

あまり公式サイトで訴求していませんが、IPv4・IPv6接続が無料で使えます。

IPv6トンネル対応で速くなる!?と思われるかもしれませんが、ぷらら光のIPv6は、正確に表記するとIPv6 PPPoE接続です。

  • IPv4 PPPoE:遅い
  • IPV6 PPPoE:遅い (ぷらら光はここ)
  • IPv6 IPoE接続:認証不要で速い
  • V6プラス(IPv6 IPoE+IPv4):爆速

上から下に向かって速くなります。

参考IPv6接続オプションとV6プラスの違い何?速度は速くなるの?

加えて、IPv6トンネル対応アダプタ(9,980円)をNTT東西から購入しないと使えません

確かにIPv6接続を無償提供しているけど、接続部分のボトルネックを解消できないので速度は遅いままです。

最大55000円のキャッシュバック。でも条件は厳しい

  • 新規契約:35,000円
  • 転用:10,000円
  • ひかりTV同時契約:20,000円

と最大55,000円のキャッシュバックを行なっています。

適用される条件が、

  1. キャンペーン期間中に新規にお申し込み。お申し込み月から3か月後の月末までに利用開始
  2. 対象のサービスを継続して10か月ご利用

の2つ。

キャッシュバック手続きが10ヶ月の継続利用を確認後、ぷららのメールアドレスに送信され、振込先を回答すると振込されるようになっています。

キャッシュバックの受け取り条件としてはやや厳しめです。

キャッシュバックの注意点!

フレッツ光系ではキャッシュバックが高額ですが、落とし穴があります。

ぷらら光の契約から3年以内に解約された場合、違約金としてキャッシュバックの一部(35,000円)を請求されます。

高額な違約金が発生するのでキャッシュバックを受け取る方は3年以上利用する方のみとしておきましょう。

ぷらら光の評判・口コミ

ぷらら光の評判はかなり割れています。調べてみると時期によってかなり差がありました。

ぷらら光は定期的に増強している

ぷららの『光回線設備の増強工事予定・完了状況』を見ると定期的に回線増強を行なっていました。

47都道府県別に増強しているため、速度に関しては差が出ているのだと思います。

ただし、IPv6対応でもPPPoE接続を取っているので利用者の多い夜になると遅いといったことは多発します。

2018年現在、接続方式を見直している会社が増えていますが、ぷらら光にはその動きはありません。完全に出遅れていると思います。

ぷららの障害対応の評判は悪い

2018年5月2日DNSサーバーの障害発生。プロバイダのぷらら利用者(ぷらら光、ドコモ光 ぷらら)はネットが繋がらない。

解決策

障害報告が「利用できない」から「接続しづらい」に変更

この報告が出るまでの時間が遅く対応が遅いという声が多数ありました。GW中ですからね…対応は雑かと思います。

まとめ

  • 定期的な設備投資あり
  • ひかりTVの永年割引あり
  • 接続方式が古いから遅くなる可能性大
  • キャッシュバック条件に注意が必要
  • 障害対応は悪い

ぷらら光のサービス内容をまとめるとこんな感じ!

ぷらら光がこんな方におすすめ

  • ひかりTVを使い続ける予定のある人
  • 大手キャリアから格安スマホに乗り換えた人
  • 3年以上使い続ける予定のある人

これらに当てはまるならぷらら光はぴったりの回線なので乗り換えておきましょう!

正直、自分にあっていないなーと思った方は、以下の記事を参考にしてください。より最適な光回線が見つかるはずです。

-光回線サービス

Copyright© 光スマート , 2018 All Rights Reserved.