ソフトバンク光の光BBユニットレンタルするメリットとは?

ソフトバンク光のルーター「光BBユニット」のレンタルって必要なの?

オプション料がかかるため使わない方がお得なのでは?と疑問に感じているかもしれません。

しかし、結論をお伝えするとBBユニットのレンタルはあった方が良いです。

実際にソフトバンク光を利用中の私が光BBユニットの性能、メリットをまとめました。

ソフトバンク光を快適に使いたい!」そんなあなたに最適な記事です。ぜひ最後までご覧くださいね。

[toc]

光BBユニットとは?

光BBユニットとは、ソフトバンク光で提供しているブロードバンドルーターで以下の3つの機能を備えています。

  1. 無線LAN が内臓
  2. BBフォン(EWMTA)が使える
  3. ルーター機能(パソコンを複数台利用するための機能)

本来ならネットの接続設定が必要なところ、光BBユニットを使えば設定不要。無線LAN機能もついています。

光BBユニットのデメリット

光BBユニットのデメリットは次の2つです。

  1. 光BBユニットのレンタル料がかかる(467円/月)
  2. Wi-Fi機能利用にはWI-Fiマルチパックが必要(990円/月)

そもそもネット上で不要説が流れる理由は

光BBユニットがなくてもネット利用できるから」なんですよね。

光BBユニットを使えば設定不要で使えるメリットはあるものの、自分で設定すればルーターなしで使えます。月額467円のオプション料なので、支払うくらいなら自分で設定しましょう!って考えなんですよね。

さらにWi-Fi機能を使うには月額990円かかります。合計1457円。年間で17484円の出費なのでバカにならないですよね。

ただ、ソフトバンクユーザーの場合は、

  • 光BBユニット
  • Wi-Fiマルチパック
  • ホワイト光電話

の3セットで500円にて提供しています。

参考ソフトバンク光のおうち割光セットをわかりやすく解説します

それでも余計なオプション料を支払うことになるから、不要説があるんですよね。

でも、快適に利用するには光BBユニットはあった方が良いのです!

光BBユニットレンタルのメリット

光BBユニットの最大のメリットはIPv6高速ハイブリッドが使えることです。

IPv6高速ハイブリット利用の条件として「光BBユニットレンタル」が盛り込まれているんですよね。

IPv6高速ハイブリッドとは?

IPv6高速ハイブリッドとは、次世代通信規格の一つです。公式サイトでは以下のような図を使って解説しています。

これだと、よくわからないですよね。

もっとわかりやすくネット接続方式を比較すると以下のようになります。

  1. IPv4 PPPoE:遅い(通常のネット)
  2. IPv6 IPoE接続:認証不要で速い
  3. IPv6高速ハイブリッド(IPv6 IPoE+IPv4):爆速
    (→光BBユニット利用時)

上から順番に速くなります。

細かな話をすると長くなるので興味のある方は『IPv6接続オプションとV6プラスの違いは何?速度は速くなるの?』をご覧ください。

簡単に説明すると一般の回線と比べると明らかに速くなるんですよね。

実際にIPv4とIPv6高速ハイブリッド利用時で比較しました。

利用環境は集合住宅。時間は23時頃のネットが込み合う時間帯。最悪な利用環境で調査しました。

IPv4利用時(通常のネット)

まともにネットが使えません。YOUTUBEはまともに見れない。Amazon echoの音楽は止まる。漫画アプリはまともにダウンロードできない。4G回線の方が速くWI-Fiを切っていました。

IPv6高速ハイブリッド利用時

超快適。YOUTUBEは普通に見れる。音楽は止まらない。漫画アプリは読める。ついでに諦めていたfire stickも見れる。

非常に満足しています。

まとめ

  1. 光BBユニットは次世代通信規格利用に必須
  2. ソフトバンク利用者であれば月額500円でWi-Fi機能付き
  3. ソフトバンク以外の方は光BBユニット+WI-FIルーターがお得

ソフトバンク光の光BBユニット不要説もありますが、私は積極的な利用を推奨します。

従来のソフトバンク光申し込み方法だと余計なオプションをつけられるので以下の記事から人気の申し込み窓口をお探しくださいね。

すでにソフトバンク光を利用中の方は以下の記事から設定方法をご確認ください。

ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドのメリットと設定方法

Copyright© ソフトバンク光キャッシュバック比較!お得な代理店ランキング【2019年版】 , 2019 All Rights Reserved.