光スマート

インターネットをお得に契約!初心者のための比較&ランキングサイトです。知識ゼロからもっと快適に、いちばんお得につなぐ!選び方から契約方法までわかりやすい情報をお届けします。

WiMAXと光回線を徹底比較!速いのは?安いのはどっち?

投稿日:

自宅のインターネットで光回線かWiMAXで迷っている人はいるかと思います。

ネットといえば光回線のイメージが強いけど、『家族みんなでインターネット、だぞっ』という広告のWiMAXも気になるところ。選べるのも悩ましいですよね。

確かに最近ではWiMAXを固定回線代わりに使う人も増えてきましたが、しっかり選びたいですよね。

そこで、WiMAXと光回線の特徴からメリット・デメリットを徹底比較しました。より最適な回線を選べるように参考にしてくださいね。

WiMAXと光回線を違いとは?

WiMAXは、モバイル回線タイプのインターネットのことです。

ちょうどスマホくらいの大きさの機器を使って基地局から電波を受信してPCやスマホ、タブレットをネットに繋ぎます。テザリングのような仕組みを一緒と考えてもらえればOKです。

スマホのネット限定版のようなものですから、自宅でも外出先でも使えます。

光回線は、光ケーブルを使ったインターネット回線です。

宅内に引き込んだ光ケーブル経由でネットに繋ぐので、利用場所は引き込みをした自宅だけに限定されています。

では、この両者の違いを比較していきましょう。

料金が安いのはWiMAX

まず料金を比較してみましょう。

WiMAXや光回線は様々なサービス、回線がありますがほぼWiMAXの方が安くなります。

代表的な例としてカシモWiMAXと大手3キャリアの光回線と比較してみました。

回線 戸建 マンション
カシモWiMAX 3,380円〜
ドコモ光 5,200円 4,000円
auひかり 5,100円 3,800円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円

光回線は戸建・マンションと料金に違いがありますが、WiMAXにはありません。

カシモWiMAXの場合は2年間ずっと3000円台なので安いマンションプランよりも安くなりますよね。

回線工事がなく利便性が高いのはWiMAX

WIMAXは契約後、機器が届けばすぐに使えます。スマホも契約すればすぐに使えましたよね。モバイル回線の特徴といえます。

光回線は申し込み後、宅内に光ファイバーを引き込むため開通工事が必要となります。

WiMAXでは開通までの時間、工事費がかかりません。引越しの際にも機器を持っていくだけなので手軽さがあると言えます。

ポイント

新築戸建の場合なら電柱から引き込み工事が必要ですが、賃貸物件の場合は光ファイバー引き込み済みで無派遣工事になることも多いです。

工事費用がかかると行ってもキャンペーンで実質無料になることが多いので工事費負担の面では差はありません。開通までの日程に差があると覚えておいてください。

速度が速くて安定しているのは光回線

回線速度は速いのは、断然光回線です。

光回線の下り最大1000Mbpsの速度に対して、WiMAXは下り最大440Mbpsなので2.5倍程度差がありますよね。

※1Gbpsですが、わかりやすく1000Mbpsと表記してます。

光回線は、光ファイバー経由ですから外部要因に強く通信が安定しています。

WiMAXの場合は、基地局→WiMAX。WiMAX→スマホなどの端末とモバイル回線の電波を利用しているため通信が不安定になる可能性があります。

スマホと同じモバイル回線なら繋がりやすさは一緒でしょ?

と感じるかもしれませんが、スマホが繋がりやすいのはLTE回線を使っているからです。WiMAXの場合は速度を重視するために周波数帯の異なる回線を使っています。

そのため画像のように屋内だと電波を拾えないことも度々出てきます。

一秒を争うオンラインゲームやFXトレード、画質の良い配信動画を見るならWiMAXは向いていません。安定性・速度で選ぶなら光回線がおすすめです。

外出先で使うならWiMAX

光回線は光ファイバーが自宅に引き込んでいるため速くて安定したネットを使えます。

しかし、引き込みをした自宅限定なので外出先では使えません。

カフェで仕事のちょっとしたメールを送ったり、車の中で動画鑑賞をするならWiMAXが向いています。

特に自宅に部屋がなく一人きりになれる空間が車だけという人はいるのではないでしょうか?

そんな方にはスマホの通信制限も気にせず使えるWiMAXは超便利です。

通信制限を気にしなくても良いのは光回線

光回線もWiMAXも通信量を気にせず使い放題なのですが、WiMAXは3日で10GB以上で通信制限となります。

3日で10GBは一般的な利用なら、なかなか到達できる容量ではありませんが

  • ぶっ続けでオンラインゲーム
  • 複数人でネットを使う
  • 4K動画を見る

これらの条件で到達するかもしれません。

光回線なら上限なく通信し放題ですから、データ容量の大きい動画を見たりずっとネットに繋がっているなら気にせず使える光回線の方がメリットがあります。

家族で使うなら光回線

WiMAXでも据え置きタイプのWI-Fiルーターが発売され自宅でも使えるようになりました。

WI-Fi環境であれば中継器を使えばしっかり宅内で届けることも可能ですが、4人家族で使うには無理がありました。

実際に光回線とWiMAXで実験してみましたが、

  1. Fire TVでアニメ鑑賞
  2. YOUTUBEでMVを流す
  3. Amazon echoで音楽を聞く
  4. ネットで検索

これらを同時に行うとfire TVの再生が止まりました。全員で使うには向いていません。2名までなら大丈夫でしょうが、家族で使うなら速度が安定している光回線でしょう。

固定電話込みなら光回線

固定回線を利用されている方なら、WiMAXを契約するよりも光回線の方がお得です。

ひかり電話に切り替えると基本料金500円となり1000円程度節約できます。

参考ひかり電話のメリット・デメリット。何がお得になるの?

品質も変わりなくほとんどデメリットがありません。

『自宅だけで使う+固定電話がある』という環境なら光回線の方がお得になるケースが多いです。

また、光回線+光電話セットで契約するとキャンペーン特典が増額されることが多いので、これから毛訳される方は必見です。

キャッシュバック・特典で比較!

インターネット回線の契約といえばキャンペーン特典。中でもキャッシュバックは注目すべきポイントですよね。

キャンペーンでは、光回線の工事費無料、WiMAXの端末無料でほぼ一緒。

キャッシュバックはWiMAX・光回線も契約窓口によって差はありますが高額キャッシュバックを用意しています。もっとも高額なキャッシュバックを行なっている代理店で比較してみました。

  • WiMAX:最大40,900円
  • auひかり:50,000円
  • NURO光:35,000円
  • ソフトバンク光:32,000円

参考インターネット契約特典ランキング!お得に契約するならココだ!【2018年最新版】

キャッシュバックで大きな差はありませんね。どちらを契約してもメリットがあるので損はありませんね。

まとめ

これまでの光回線・WiMAXの特徴をまとめると

  • WiMAX:外出先メインで使う人、1,2名で利用する人、引越しが多い人
  • 光回線:自宅内メインで使う人、オンラインゲームや動画でがっつりネットを使う人、頻繁に引越しをしない人

におすすめです。

がっつりネットを利用したい!というあなたは光回線選びに妥協してはいけません。

ひとえに光回線といっても提供プロバイダや回線毎で通信速度・料金に違いがあるので以下の記事を参考に最適な回線を選んでください。

WiMAXが最適だった人は、プロバイダ選びに注目してください。

どこでも同じWiMAXではありますが、販売窓口で2,3万変わってきます。より最適なWiMAXを選びたいあなたは以下の記事を参考にしてくださいね。

-WiMAX

Copyright© 光スマート , 2018 All Rights Reserved.