クラウドWi-Fi東京 評判

クラウドWiFi東京

クラウドWi-Fi東京 評判/おすすめポイント

クラウドWiFi東京 ポイント

  • 解約違約金0円の縛りなし!
  • 通信容量制限なし
  • 国内利用と海外利用OK

クラウドWiFi東京は、クラウドSIM技術を使った無制限使い放題のポケットWiFiです。

解約違約金なし!縛りなしの超大容量WIFiルーターをレンタルサービスで提供しています。

クラウドWiFi東京は株式会社ニッチカンパニーというベンチャー企業が運営しており、メリットの多い契約内容で展開しています。

クラウドWiFi東京のおすすめポイントは「解約違約金0円の縛りなし!」「通信容量制限なし」「国内利用と海外利用OK」の3つです。

現在、予約注文にて受付中で6月中旬以降の発送を予定しています。

また、今すぐポケットWiFiを手に入れたい!というあなたは以下のランキングから即日発送のポケットWiFiをお探しくださいね。

参考【ポケットWi-Fi おすすめ】モバイルルーターの1番人気を紹介!

では、クラウドWiFi東京の口コミ・評判からメリット、デメリット、料金や速度、エリアを紹介します。

クラウドWi-Fi東京おすすめポイント1:解約違約金0円の縛りなし!

クラウドWiFi東京は解約違約金0円で縛りなしです。

クラウドWiFi東京は買取形式ではなくレンタルサービスだからです。

多くのWiFiルーターは事前に契約期間が決まっていて、契約更新月以外に解約した場合には解約違約金が必要となります。

しかし、クラウドWiFi東京は、いつ解約してもレンタルサービスだから解約違約金は0円です。

「とりあえず契約して自宅や通勤・通学などで利用し、通信速度に満足がいかなかったら解約する」といった契約の仕方も公式サイトで推奨しています。
最低契約期間は1ヵ月。

月の途中でのご契約の場合は、商品発送日から月末までの残日数分を足した日数が最低契約期間です。

満足いかなかったらいつでも解約できる為、不安が少ないのがおすすめできるポイントです。

クラウドWi-Fi東京おすすめポイント2:通信容量制限なし

クラウドWiFi東京では、通信容量制限を設けていません。

一般的なWiFiルーターは、次のような場合に通信制限を設けています。

契約プランに設定された日・月間容量を超えた場合(7GB/20GB/30GBなど)
3日で10GBを超えた場合

しかし、クラウドWiFi東京は、このような通信容量制限を設けていません。ゲームや動画など、大容量データを消費するコンテンツを使っても安心です。外出時はもちろん、自宅のネットにも安心して使えます。

ただ、これは、一般常識的な範囲となります。

著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当の利用者に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限されます。

制限を設けていないので気にしなくても良い点がクラウドWiFi東京のメリットです。

クラウドWiFi東京の通信は安定している?

一般的にクラウドSIM技術を活用したサービスは、無制限を全面的なキャッチコピーとして売り出しています。

しかし、ビジネスモデルとしてはどこかで制限がかかる為、あまりおすすめできない状況にあります。

利用者が増加すればどこかで通信規制が入るからです。

過去、どんなときもWiFiが無制限・使い放題と謳っておきながら、通信障害がおき25GB/月で制限を設けたくらいです。

どうようの事柄がクラウドSIMでは起こる可能性があります。

ただ、クラウドWiFi東京ではレンタルサービスなので在庫上限が存在します。

そのため、他社の2年契約のように限界まで増やすというよりは、契約者の制限を設けています。縛りのないWiFiルーターなので比較的、通信も安定している口コミも多いのが魅力的なポイントです。

クラウドWi-Fi東京おすすめポイント3:国内利用と海外利用OK

クラウドWiFi東京では、国内と海外利用OKです。

クラウドWiFi東京ではクラウドSIM技術を利用しており、現地で最適な回線に自動で切り替えるからです。

クラウドWiFiなら海外利用の際には面倒な手続きは必要ありません。
現地で端末の電源を入れるだけで最適な回線に切り替わって使えます。

海外レンタルWiFiルーターだと、容量到達後は通信速度が低速モードの「128Kbps」となります。

しかし、クラウドWiFi東京なら1日の規定容量到達後も「384Kbps」で使えるのでメールやサイトの閲覧、地図アプリの利用程度であれば問題なく利用できます。

高速通信は1日1GBまでとなりますが、海外利用もOKな点でメリットがあります。

クラウドWi-Fi東京のデメリット

クラウドWiFi東京のデメリットを紹介します。

クラウドWiFi東京は、縛りなしの違約金がないことが売りですが、デメリットも存在します。契約前に確認しておきましょう。

デメリット1:レンタルなので端末の返却が必要

クラウドWiFi東京の端末U2sはレンタル端末なので返却が必要です。

他社では、3年契約などで買取形式なので返却不要ですが、クラウドWiFi東京は解約後に返却が必要です。

解約月の翌月の3日までの発送で解約時返送先住所の宛先へレターパックや宅配便などでご返送しなければなりません。

返却を忘れると延滞料金が発生します。

第十七条 レンタル料金等の支払いにかかる諸注意

利用者が、契約期間が終了したにもかかわらずレンタル端末等の返却をしない場合、利用者は当社に対し、1日2,000円の延滞料金を支払うものとします。
返却日より5日間連絡がない場合又は当社窓口からの利用者への電話もつながらない場合は、回線を停止します。当社が回線を停止した場合でも、利用者は、当社に対し、レンタル端末等を返却するまで前項の延滞料金を支払うものとします。
利用者が、本サービスに関する契約により生じる当社に対する一切の債務につき、その支払を怠ったときは、年率14.6%の遅延損害金をあわせて当社に支払うものとします。

これは悪質な利用者向けに対しての内容となりますが、忘れっぽい方にはデメリットとなりそうです。

デメリット2:端末の故障時の補償料が高い

クラウドWiFi東京の2つ目のデメリットは、端末故障時の補償料が高いことです。

クラウドWiFi東京のレンタル端末 U2sが水濡れ・故障・紛失・盗難すると25,000円(税抜き)が必要となります。

レンタルWiFiならではのデメリットですが、安心補償プランを使えばある程度抑えることができます。

安心補償の料金400円 / 月

安心補償にご加入頂いている場合は、水濡れ・故障は無料。紛失・盗難は15,000円(税抜き)

安心補償に関しては、弁償金免除適用の前に、審査があり、補償適応審査の結果が通れば、弁償金の一部または全額免除となります。

故障が生じ通常の使用が不能となった場合、端末本体又は端末本体と同等のものと無償交換します。軽微な外装の擦傷若しくは通常の使用に不都合がないと当社が判断した場合は、適用されません。

レンタルWiFiでは、割と手厚い安心補償オプションなので加入しておいた方が無難です。

ただ、高額請求を避けるためにも安心補償への加入が必須となる点からデメリットとなります。

デメリット3:コロナウイルスの影響で発送までに時間がかかる

クラウドWiFi東京 最大のデメリットは、コロナウイルスの影響で発送までに時間がかかることです。

2020年4月20日時点では以下のように記載されていました。

【予約注文受付中!】
現在、新型コロナウィルスの影響により、端末の製造元である中国工場の製造・物流のラインが乱れており、商品の納期が遅延しております。予約注文の場合、商品が入荷次第、順次発送いたします。次回の入荷予定は5月中旬~下旬を予定しております。

この現象はクラウドWiFi東京だけでなく、クラウドSIM端末のU2sの端末製造メーカーの稼働停止、端末製造元工場稼働率の低下が原因としている会社がいくつも存在していました。

参考ポケットWiFi 在庫あり&配送状況まとめ

5月20日時点で予約受付を再開しています。

これからご注文いただくお客様への商品のお届けは2020年6月中旬から6月下旬を予定しております。
大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

他社では新規申込停止対応を行っていますが、クラウドWiFi東京では予約販売を行っています。

順次発送されていますが、やはり1ヶ月遅れということもあるので届くまでの期間が長いという点でデメリットとなります。

クラウドWi-Fi東京 評判/料金

クラウドWiFi東京の料金を紹介します。

  • 月額料金:3380円
    月の途中の契約の場合は、端末発送日より月末までの日割り料金(1日110円)を合算してご請求させていただきます。
  • 事務手数料:3980円
  • 安心補償オプション:400円/月
  • 付属品オプション(ACアダプタ):1350円
    ※本製品には充電器(ACアダプタ)は付属しておりません
    送料:無料

シンプルな料金プランとなっています。

クラウドWiFii東京のクーポンに関して

クラウドWiFi東京ではYouTuberとのコラボレーションで初期費用1000円割引のクーポンを発行しています。
どのサイトでも提供しているクーポンではないので、適用されたい方はクーポンをお探しくださいね。

海外利用料金について

クラウドWiFi東京の海外利用料金は月額プランにプラス700円〜135ヵ国で利用できます。

エリアによって料金が異なるので事前に確認しておきましょう。

+ アジア

  • ベトナム:¥700
  • 韓国:¥750
  • 中国:¥1,100
  • 台湾:¥750
  • タイ:¥750
  • 香港:¥800
  • カンボジア:¥800
  • マカオ:¥1,100
  • インドネシア:¥800
  • マレーシア:¥850
  • シンガポール:¥850
  • フィリピン:¥950
  • スリランカ:¥1,000
  • ネパール:¥1,000
  • インド:¥1,050
  • ラオス:¥1,100
  • バングラディシュ:¥1,450
  • モンゴル:¥1,450
  • ミャンマー:¥1,450
  • ロシア:¥900

+ アフリカ

  • モロッコ:¥1,050
  • 西サハラ:¥1,050
  • ケニア:¥1,050
  • エジプト:¥1,150
  • 南アフリカ共和国:¥1,450
  • マダガスカル:¥1,450
  • ガーナ:¥1,550
  • アルジェリア:¥1,650
  • ザンビア:¥1,800
  • モーリシャス:¥1,900
  • ナイジェリア:¥1,900
  • チュニジア:¥1,900
  • タンザニア:¥2,200
  • アンゴラ:¥3,250

+ 北アメリカ

  • アメリカ:¥1,050
  • ハワイ:¥1,050
  • プエルトリコ:¥1,200
  • メキシコ:¥1,250
  • サン・マルタン:¥1,250
  • カナダ:¥1,350
  • グアドループ:¥1,450
  • マルティニーク:¥1,650
  • アンティグア・バーブーダ:¥2,500
  • アルバ:¥2,500
  • ケイマン諸島:¥2,500
  • キュラソー島:¥2,500
  • グレナダ:¥2,500
  • ハイチ:¥2,500
  • ジャマイカ:¥2,500
  • トリニダード・トバゴ:¥2,500
  • タークス・カイコス諸島:¥2,500
  • ヴァージン諸島(イギリス領):¥3,350
  • アンギラ:¥3,450
  • セントビンセント・グレナディーン:¥3,450

+ オセオニア

  • オーストラリア:¥1,050
  • フィジー:¥1,350
  • グアム:¥1,450
  • 北マリアナ諸島(サイパン):¥1,450
  • ニュージーランド:¥1,550

+ 西欧

  • イギリス:¥750
  • フランス:¥900
  • ドイツ:¥1,100
  • オーストリア:¥1,200
  • ベルギー:¥1,200
  • スイス:¥1,200
  • アイルランド:¥1,200
  • オランダ:¥1,200
  • ジャージー:¥1,200
  • マン島:¥1,200
  • ジブラルタル:¥1,200
  • リヒテンシュタイン:¥1,200
  • ガーンジー:¥1,450
  • ルクセンブルグ:¥1,600

+ 西欧

  • リトアニア:¥1,200
  • ノルウェー:¥1,200
  • スウェーデン:¥1,200
  • アランド島:¥1,200
  • アイスランド:¥900
  • デンマーク:¥1,200
  • エストニア:¥1,200
  • フィンランド:¥1,200
  • ラトビア:¥1,200

+ 中東

  • カザフスタン:¥700
  • パキスタン:¥700
  • ヨルダン:¥900
  • イスラエル:¥1,000
  • サウジアラビア:¥1,050
  • バーレーン:¥1,350
  • カタール:¥1,450
  • ブルネイ:¥1,450
  • オマーン:¥1,600
  • クウェート:¥1,650
  • アラブ首長国連邦:¥1,750
  • タジキスタン:¥2,050

+ 南アメリカ

  • ウルグアイ:¥1,200
  • アルゼンチン:¥1,250
  • ブラジル:¥1,250
  • チリ:¥1,250
  • コロンビア:¥1,250
  • パナマ:¥1,250
  • ペルー:¥1,250
  • エクアドル:¥1,250
  • コスタリカ:¥1,250
  • ドミニカ共和国:¥1,250
  • グアテマラ:¥1,250
  • ニカラグア:¥1,250
  • エルサルバドル:¥1,250
  • ベネズエラ:¥1,350
  • ガイアナ:¥1,450
  • ボリビア:¥1,650
  • スリナム:¥2,500

+ 東欧

  • ポーランド:¥700
  • チェコ共和国:¥750
  • イタリア:¥750
  • バチカン:¥750
  • サンマリノ:¥750
  • ポルトガル:¥850
  • モナコ:¥900
  • ウクライナ:¥900
  • トルコ:¥950
  • スペイン:¥1,050
  • ブルガリア:¥1,200
  • ギリシャ:¥1,200
  • クロアチア:¥1,200
  • マルタ:¥1,200
  • ルーマニア:¥1,200
  • セルビア:¥1,200
  • スロベニア:¥1,200
  • モンテネグロ:¥1,200
  • ハンガリー:¥1,200
  • スロバキア:¥1,300
  • キプロス:¥1,350
  • マケドニア共和国:¥1,450
  • ボスニアヘルツェゴビナ:¥1,600
  • アルバニア:¥2,000

クラウドWi-Fi東京/評判 速度

クラウドWiFi東京の速度を解説します。
クラウドWiFi東京の速度は利用端末、利用環境によって左右されいます。

まずは端末のスペックをみていきましょう。

Cloud SIM Router U2s

製品名 U2s
重量 149g
連続使用可能時間 12時間
wifi規格 IEEE802.11b/g/n
最大通信速度 下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps
SIMスロット個数 1 x Standard SIM slot
1 x Micro SIM slot
付属品 MicroUSBケーブル(充電用)
製造元 uCloudlink
サイズ W12.7  x W1.44 x H6.6cm
バッテリー容量 3,500 mAh
ポート USB 2.0 port:
Input: DC 5V-1A~5V-2A
周波数帯
(外付SIMカード含む)
LTE-FDD Band: 1/2/3/4/5/7/8/9/17/19/20
LTE-TDD Band: 38/39/40/41
WCDMA Band: 1/2/4/5/6/8/9/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
CDMA/EVDO: BC0/BC1

下り最大速度150Mbpsは、理論上の速度で実測値としては30Mbps程度となります。

クラウドSIMでは、実測値が遅いという口コミも多くみられますが、クラウドWiFi東京に関しては10Mbps〜30Mbps程度で通信障害がおきたという口コミはみられませんでした。

クラウドWiFi東京の速度制限

クラウドWiFi東京の速度制限は大容量使った際に概ね384Kbpsに制限されます。

このような通信制限をするのは以下のような場合のみです。

  • 違法ダウンロード
  • 不正利用
  • 大容量によるネットワーク占有

一部のヘビーユーザーの存在でネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合に384Kbpsに制限することがあります。

もし、制限がかかったとしても翌月には解除されます。

違法ダウンロードの不正利用の疑いがあると利用停止されます。

しかし、しかし、普通にYouTubeの動画を視聴する、音楽を聞く、WEBなどの使い方なら通信制限になることはないです。該当したとしても「大容量によるネットワーク占有」に当たるかです。

仮に通信規制をかけられたとしても384Kbpsは、マップは表示されますし、LINE通信可能です。最低限のネット利用なら問題なく使えるのでご安心くださいね。

クラウドWi-Fi東京 評判/解約方法

クラウドWiFI東京の解約方法を紹介します。

クラウドWiFI東京の解約方法は2ステップです。

  1. 問い合わせより解約依頼
  2. 解約後 レンタル機器を郵送する

step
1
問い合わせより解約依頼

クラウドWiFi東京の解約はHP上にあるお問合せフォームの「解約」から解約依頼の連絡をします。
ご解約の締切日は毎月15日まで。16日以降のご解約依頼に関しては翌月末の解約となります。

お問合せフォーム以外から解約依頼は一切お受けできません。

step
1
解約後 レンタル機器を郵送する

解約後レンタル機器を郵送します。

返送時の送料は発送元で負担します。

【ご返送先住所】
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-18-19
新宿税理士ビル第二別館佐竹ビル2F

返送期日は必ずご解約月の翌月の3日までの発送。
違約金などの兼ね合いからレターパックプラスや宅配便などで記録が残るもので発送しておきましょう。

クラウドWiFi東京の違約金

クラウドWiFi東京では解約による違約金はありません。

ただ、端末を未返却、故障、紛失などで弁償金が発生します。

  • 未返却:1日2000円を請求
  • 故障、紛失など:最大25,000円

こちらはご注意くださいね。

クラウドWi-Fi東京と他社回線を比較

クラウドWiFi東京と同じクラウドSIM技術を使った無制限ポケットWiFiで他社回線を比較しました。

ポケットWiFi クラウドWiFi東京 どんなときもWiFi Mugen WiFi
月額料金 3,380円 3480円
(25ヶ月目〜3980円)
3280円
最低利用期間 1ヶ月 2年 2年
違約金 0円 0〜12ヶ月目:19,000円(税抜)
13〜24ヶ月目 14,000円(税抜)
25ヶ月目 0円
26ヶ月以降(更新月以外) 9,500円(税抜)
1年未満:9,000円(税抜)
1〜2年未満:5,000円(税抜)
契約更新月以降:0円(税抜)
端末 U2s D1 U2s
速度 下り最大150Mbps 下り最大150Mbps 下り最大150Mbps

クラウドSIM技術を利用した無制限のポケットWiFIではクラウドWiFi東京が最も条件が良いことが分かりますね。

どんなときもWiFi、Mugen WiFiでは、2年縛りで違約金がかかります。月額料金も100円程度の差なので、これから選ぶならクラウドWiFi東京がお得です。

クラウドWi-Fi東京の良い評判

クラウドWi-Fi東京と悪い評判

クラウドWi-Fi東京の評判まとめ

クラウドWiFI東京がおすすめな人

  • 無制限のポケットWiFiを使いたい方
  • 違約金なし・縛りなしでポケットWiFiを使いたい方
  • 田舎、マンションなどでWiMAXがエリア外だった方

クラウドWiFi東京は上記のような方におすすめできます。

現在はクラウドWiFi東京は予約販売を行っています。

5月中旬〜順次発送なので違約金なし無制限のレンタルポケットWiFiを使いたいた方はお早めにお申し込みくださいね。

-ポケットWiFi

Copyright© 光スマート , 2020 All Rights Reserved.