ギガゴリWiFi 評判

ギガゴリWiFI

ギガゴリWiFi 評判 /おすすめポイント

  • 最低利用期間1年
  • 月額2350円〜と業界最安値価格帯
  • ソフトバンク4G回線だから全国エリア対応

ギガゴリWiFiは、インターネットプロバイダ GMOとくとくBBが提供するポケットWiFiです。

ソフトバンク回線を利用したギガゴリWiFi、世界で利用できるクラウドSIMのギガゴリWiFiワールドプランを扱っています。

ギガゴリWiFiでは、乗り換えやすい1年契約のプランを提供ていることから良い評判を得ています。

ギガゴリWiFiのおすすめポイントは「最低利用期間1年」「月額2350円〜と業界最安値」「ソフトバンク4G回線だから全国エリア対応」の3つです。

30GBまでのデータ容量で最安値帯のポケットWiFiを1年単位で使いたい方におすすめしています。

もし、無制限で利用されたい方はギガゴリWiFiはおすすめできません。無制限利用できるギガゴリWiFiワールドよりもお得なポケットWiFiが存在するからです。無制限のポケットWiFiをお探しの方は以下の記事をご覧くださいね。

参考【ポケットWi-Fi おすすめ】モバイルルーターの1番人気を紹介!

ギガゴリWiFi50GB超プランは2020年3月22日に受付終了しました。クラウドSIMのギガゴリWiFiワールドプランも取り扱いを始めましたが、サービス自体に問題が多いのでおすすめできません

では、ギガゴリWiFiの料金、速度、エリアの詳細からメリット、デメリットを整理し、評判・口コミを紹介します。

ギガゴリWiFiおすすめポイント1:最低利用期間1年

ギガゴリWiFiは最低利用期間が1年です。

ギガゴリWiFiでは、契約期間が1年単位だからです。

一般的にポケットWiFiの契約期間は2~3年です。特に最近は長期化しており3年自動更新の契約が増えました。

その契約期間中は、ポケットWiFiの端末も同じ物を使い続けることになります。

2020年は5G回線が登場し、光回線でも10Gサービスがフレッツ光でも登場しました。インターネット回線の高品質化が進められてきているため、ネット環境を乗り換えしやすい1年単位の契約はメリットがあります。

ポケットWiFiを契約するにしても2〜3年の長期間ではなく、1年の中期間契約をしたい。そんな方にギガゴリWiFiはおすすめです。

ギガゴリWiFiおすすめポイント2:月額2350円〜から使える

ギガゴリWiFiでは、20GB 月額2350円から利用できます。

同じ20GBのポケットWiFiでは、ギガゴリWiFiが最も安くなりました。

20GB 30GB
ギガゴリWiFi 2350円 2650円
ネクストモバイル 2400円 2600円
それがだいじWiFi 2380円 2680円

20GB,30GBの制限があるなら出来るだけ安いポケットWiFiを使いたい!という方はギガゴリWiFiがおすすめできます。

ギガゴリWiFiおすすめポイント3:ソフトバンク4G回線だから全国エリア対応

ギガゴリWiFiのエリアはソフトバンク4G回線を利用しているため人口カバー率99.9%です。

プラチナバンドLTEだから電波障害も少ないので、ソフトバンクスマホが使える場所でしたら基本的にどこでも使えます。

上記の画像のようにWiMAXに比べると電波を拾いやすいのがソフトバンク回線の特徴です。

繋がりやすさという点ではWiMAXより優れているため、WiMAXが使えないエリアにお住まいの方にはおすすめできます。

ギガゴリWiF 評判/デメリット

ギガゴリWiFiのデメリットを紹介します。

ギガゴリWiFIは、同じデータ容量のポケットWiFiでは最安値価格で勝負しており、1年更新と契約期間の縛りが緩い傾向にあります。

そういったメリットもある一方でデメリットもあるので契約前に確認しておきましょう。

デメリット1:2年目以降は高くなる

ギガゴリWiFIのデメリットは2年目以降の月額料金が450円〜500円高くなることです。

ギガゴリWiFiの1年目と2年目以降では以下のようにに月額料金変わります。

20GBプラン 30GBプラン
1年目 2,350円 2,650円
2年目 2,850円 3,100円

ギガゴリWiFiは1年単位の契約がメリットですが、2年目以降は高くなります。他社は、2年名以降も料金が上がりません。

この料金が高くなる点はデメリットと言えます。

デメリット2:レンタル端末なので返却が必要

ギガゴリWiFiの2つ目のデメリットは、レンタル端末なことです。

他社の場合は2年契約〜が主流で端末買取形式で運用していますが、ギガゴリWiFiは1年で解約できるように設計されているからです。

ギガゴリWiFi解約後は返送手続きをしなければなりません。

返送料も実費で送る必要があります。さらに端末が故障していた場合は端末損害金として10,000円。返送期日までに送らなかった場合は補償料10,000円が請求されます。

このデメリットを解消する方法として安心の端末保証として「安心サポート」「安心サポートワイド」2つのオプションが存在しています。

  • 安心サポート/月額300円(最大2ヶ月0円):万が一ギガゴリWiFiが故障した場合でも無償で修理
  • 安心サポートワイド/月額500円(初月0円,2ヶ月200円):水濡れ故障の場合でも無償で修理

このオプションは契約時に同時加入が必要です。

サポート面で考えれば安心サポートワイドが水濡れまで対象となっているのでこちらが優先的に加入した方が良いです。

端末を最終的に返却しなければならないことから大切に扱う必要があります。心配な方はオプション加入という形になり、結果的に他社よりも月額料金が高くります。

ただ、これらのオプションには紛失には対応していません

1年契約というメリットの裏にはレンタル端末というデメリットがあるので注意してください。

デメリット3:ルーターのスペックが低い

+F FS030W

ギガゴリWiFIのデメリットはルーターのスペックが低いことです。

端末名 +F FS030W
対応SIMカード形状 LTE対応microSIM
連続待受時間 約600時間(休止状態時)
連続通信時間 約20時間(Wi-Fiテザリング時)
約24時間(Bluetoothテザリング時)
電池パック リチウムイオンポリマー 3,060mAh(着脱式)
充電用端子 microUSB
通信速度 LTE対応 下り最大150Mbps/上り最大50Mbps
3G対応 下り最大42Mbps/上り最大5.76Mbps
WiFi規格 11ac対応
国際ローミング 非対応
同時接続可能台数 Wi-Fi: 15
Bluetooth: 5
USB: 1
サイズ 高さ 約74mm × 幅 約74mm × 厚さ 約17.3mm
重量(電池パック含む) 約128g

同じソフトバンク回線のネクストモバイルなどでも利用されている端末ですが、高速通信は期待できない端末となっています。

同じGMOとくとくBBが提供しているWiMAX 最新端末 W06と比較すると一目瞭然です。

端末 ギガゴリWiFi
+F FS030W
WiMAX
W06
最大速度 下り最大150Mbsp 下り最大1.2Gbps
WiFi規格 11ac対応 11ac対応

ギガゴリWiFiのベストエフォート(理論上の速度)が他社製品に比べて低いので高速通信を望まれる方には向いていないです。

ギガゴリWiFIメリット・デメリットまとめ

  • エリアは広くデータ容量上限(〜30GB)までは快適
  • 端末性能は低い
  • レンタルなので返却が必要

ギガゴリWiFiは最低利用期間が1年なので1年だけポケットWiFiを使いたい人におすすめです。一方で通信速度は速くない、レンタル端末なので慎重に扱うべきと注意点があります。

外出先で利用する際は、オプションで紛失に対応してないこと、故障で補償料10,000円が必要となることから注意が必要です。

ギガゴリWiFiは、自宅内の同じ場所で使うのであれば不安も少ないので業界最安値価格帯で利用できます。

ギガゴリWiFi 評判/料金

ギガゴリWiFIの料金を紹介します。

ギガゴリWiFiの料金プランは以下の通りです。

20GBプラン 30GBプラン ワールドプラン
月額料金 1年目 2,350円
2年目以降 2,850円
1年目 2,650円
2年目以降 3,100円
3,460円
契約期間 1年間 1年間 2年間
月額データ量 20GB 30GB 上限なし
直近3日間の
速度制限
なし なし なし

※2020年3月23日よりギガゴリWiFI ワールドプランが開始されました。

  • 事務手数料:3000円
  • 初月基本料金:日割り計算にて請求

ギガゴリWiFiではキャッシュバックキャンペーン特典などが用意されていません。
月額料金が他社に比べて最安値に設定されているため、これ以上の値引きはなさそうな感じです。

一部で2年割引 契約キャンペーンを実施していますが、元々1年契約でおすすめする物なので2年目以降は乗り換えをおすすめしています。

ギガゴリWiFi 評判/速度

ギガゴリWiFiの速度について解説します。

ギガゴリWiFiの通信速度は利用端末によって変わります。
現在提供している端末は+F FS030Wで下り最大150Mbpsとなっています。

ギガゴリWiFiは、ソフトバンク 4GLTE回線なので実測値で30〜50Mbps程度です。
提供端末の性能は高くありませんが、最低限の速度は期待できます。

速度の口コミをみると「そこまで遅くはない」「問題ない」といった内容があります。

50GB超プランは2020年3月22日に受付終了

しかし、データ容量上限(〜30GB)に達すると128kbpsの速度制限となるので、使い物にならなくなります。

ギガゴリWiFiの速度制限は厳しい

ギガゴリWiFIの速度規制は厳しいです。

20GBプラン・30GBプランの場合、月間容量を超えた場合、月末まで通信速度が128kbpsとなるからです。

128kbpsの速度は1秒間に128キロビット(16キロバイト)のデータを送受信できる速さです。

128Kbpsで出来ることはLINEやメールの送信くらいです。テキストのみでスタンプの表示にも時間がかかります。WEBサイトやSNSの閲覧は絶望的に遅くなります。

ギガゴリWiFiはデータ容量の上限値に達するとほぼ使い物にならないです。

ギガゴリWiFiで人気だったのは50GB超プランなので20GB、30GBの契約者はまだまだ少ない傾向にあります。

そうした兼ね合いから128Kbps制限にかかったユーザーの口コミは少ないです。決して使い放題ではないので128Kbps制限にはご注意ください。

ギガゴリWiFiとGMOとくとくBB WiMAXを比較

使い放題という観点であればギガゴリWiFiよりもGMOとくとくBB WiMAXがおすすめです。

ギガゴリWiFiとWiMAXを簡単に比較しました。

ギガゴリWiFi
(30GB)
GMOとくとくBB
WiMAX
月額料金 2,650円〜 実質3,263円
通信制限
月額上限で128Kbps

10GB/3日で夜間1Mbps
速度実測値 30Mbps程度 50Mbps程度

速度面で比較すると、通信制限があったとしても緩いのはWiMAXの方です。

同じ運営会社でもWiMAXはUQ WiMAX回線を利用、ギガゴリWiFiはソフトバンク回線を利用しており、各社の通信規制の基準に合わせています。

30GBまでしか使わないから大丈夫と明確に利用料を把握されている方ならギガゴリWiFiはおすすめできます。

しかし、テレワークなどで急遽自宅のネット環境と整えたい方には通信規制の緩いWiMAXがおすすめなのです。

3年縛りではありますが、ポケットWiFiを解約する理由の多くは回線品質です。

ギガゴリWiFiの通信制限は厳しい目ですから、高品質なポケットWiFiをお探しの方はGMOとくとくBB WiMAXを選んでくださいね。

GMOとくとくBB

  • 無制限使い放題
  • WiMAX最安値
  • 20日の返品保証あり
月額料金 2ヶ月目まで:3609円
3ヶ月目以降:4263円
データ容量 無制限
通信品質 UQ WiMAX
契約期間 3年
特典 高額キャッシュバック

ギガゴリWiF 評判/ 解約方法

ギガゴリWiFiの解約方法を紹介します。

ギガゴリWiFIの解約方法

  1. BBnaviに会員IDもしくはGMO ID」と「パスワード」を入力してログイン
  2. 「ご利用中のサービス」から「ギガゴリWiFi」を選択し解約
  3. ギガゴリWiFIのレンタル機器を返却する

ギガゴリWiFiの解約方法は上記の3ステップです。

ギガゴリWiFIの解約はGMOとくとくBBのプロバイダーマイページから行います。

契約更新月の20日までの間に解約申請で解約違約金はかかりません。

レンタル機器の返却先は以下の住所となります。

〒132-0024
東京都江戸川区一之江2丁目11-13 ギガゴリWiFi 解約返却窓口宛

ギガゴリWiFIの初期契約解除

ギガゴリWiFiは、初期契約解除制度の対象です。

開通日までのキャンセルにつきましてはキャンセル費用は発生しません。

初期契約解除をされた場合、お客さまは解約違約金や損害賠償などを請求されることはございません。

初期契約解除をされる場合、ギガゴリWiFi端末をとくとくBBまでご返却ください。端末着荷から8日以内にご返却いただくと端末代金のご請求はございません。

ギガゴリWiFi端末のご返却が確認できない場合や端末が破損・故障していると弊社が判断した場合、端末損害金は10,000円(税抜)をご請求いたします。

初期契約解除の際は、下記送り先にご返却いただく必要がございます。返送料はお客さまご負担となります。

【返送先】
〒132-0024
東京都江戸川区一之江2丁目11-13
ギガゴリWiFi 初期契約解除窓口宛

事務手数料3,000円(税抜)に関しましては、初期契約解除をされた場合でも請求されるのでご注意くださいね。

hギガゴリWiFiの違約金

ギガゴリWiFIの違約金、端末補償金を紹介します。

ギガゴリWiFIの違約金

  • 端末発送月を1ヶ月目とした1ヶ月目~12ヶ月目までのご解約の場合:18,000円(税抜)
  • 13ヶ月目以降、契約更新月以外のご解約の場合:8,000円(税抜)
  • 更新月:0円

ギガゴリWiFiの端末補償料

  • 解約月の翌月20日までにWi-Fiルーターの返却が確認できなかった場合、解約月翌々月に、補償料:10,000円(税抜)を請求
  • 端末が破損・故障していると弊社が判断した場合、端末損害金として10,000円(税抜)を請求

ギガゴリWiFiの良い評判・口コミ

ギガゴリWiFiの良い評判・口コミを紹介します。

どんなときもWiFIが通信障害を起こしてからギガゴリWiFIに乗り換えているユーザーの口コミが多くありました。

どの口コミでも快適に利用できており、満足度は高いです。

ギガゴリWiFiの悪い評判・口コミ

注意)ワールドプランの口コミ

ギガゴリWiFiでは、あらたにクラウドSIMを活用したワールドプランの提供を始めています。
ワールドプランに関してはエラーが出る、通信障害があるなどの悪い口コミがありました。

当サイトとしてもギガゴリWiFiは20GB、30GBの容量上限が決められいるサービスでおすすめしており、ワールドプランは国内ではおすすめしていないです。

ギガゴリWiFiとワールドプランの違い

ギガゴリWiFiとギガゴリWiFiワールドプランの違いを解説します。

ギガゴリWiFiワールドプランは50GB超プランの終了後に登場した新プランです。

ギガゴリWiFiワールドプランは同じ名称でも、クラウドSIMサービスを利用しており根底から全く別のサービスとなっています。

わかりやすく表で整理しました。

ギガゴリWiFi
(20GB,30GB)
ギガゴリWiFI
ワールドプラン
回線 ソフトバンク 3キャリア
(ドコモ,au,ソフトバンク)
データ量 〜30GB 無制限
契約期間 1年 2年
海外利用 ×
速度制限 容量オーバーで128Kbps 著しい利用であり

ワールドプランはクラウドSIM技術を使ったポケットWiFiサービスで、海外利用もこれ一台。SIM交換不要でOKというのが売りです。

ココがポイント

クラウドSIMとは、ソフトウェアによって仮想化されたSIMカードのことです。
複数キャリアの中からクラウド上で最適なキャリアに接続するシステムのことで、自動で接続してくれる優れものなのです。そのため、どの国や地域に行ってもSIMカードを差し替えることなく現地の料金で使えるので安価な価格で通信が出来るというものです。

ギガゴリWiFI ワールドプラン 海外利用時の料金は以下の通りです。

アジア 17ヶ国

1日 850円(非課税)
高速データ通信を1GB/日まで利用可能

アジア以外の115ヶ国

(ドイツ、フランス、イギリスといったヨーロッパ圏やエジプト、メキシコといった観光都市)
1日 1,250円(非課税)

高速データ通信を1GB/日まで利用可能

これは、手続きが簡素化されているという点でメリットがあります。

では、国内での状況は?というと微妙なところがあります。

まず、無制限というのは、個別に上限が決められていないという意味にあたります。20GB,30GBというような上限値はありません。

しかし、ビジネスモデルとしては、キャリアで借りている帯域には限界があります。元に固定インターネット回線でも利用者数の増加によって夜間遅延などを引き起こしています。

つまり、利用者が増加すればどこかで速度規制が入るというシステムです。

2020年にはどんなときもWiFi、限界突破WiFiが通信障害を起こして炎上しました。

GMOは企業歴25年以上のインターネット事業者なので、通信障害が起きないように対策は講じれると思います。

しかし、現状のクラウドSIMは「国内利用で無制限で利用できますよ」は誇大表記に近いと思います。それは、どこかで限界があるからです。

海外利用されるならワールドプランはおすすめできますが、国内利用ということであれば、ギガゴリWiFIよりもWiMAXを選ぶべきとしています。

そのため、ギガゴリWiFiのプランネーミングも「ワールドプラン」と別プランに分けている物だと思われます。

今のところ、ギガゴリWiFI ワールドプランは大きな通信障害を起こしたという口コミはありません。しかし、不透明な事柄が多いので避けておいた方が無難です。

ギガゴリWiFiの運営会社情報

会社名 GMOインターネット株式会社
(英文表記:GMO Internet, Inc.)
設立日 1991年5月24日
所在地
  • グループ本社
    〒150-8512
    東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
    4~14階・総合受付11階

    TEL
    03-5456-2555(代表番号)
    03-3461-2222(株主・投資家の皆様)
    FAX
    03-5456-2556
  • グループ第2本社
    〒150-0043
    東京都渋谷区道玄坂1丁目2番3号 渋谷フクラス
    9~16階・総合受付15階
  • 大阪
    〒530-0011
    大阪府大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪タワーB23階
  • 北九州
    〒802-0003
    福岡県北九州市小倉北区米町1-1-21 大分銀行・明治安田生命ビル 4階
  • 宮崎
    〒880-0806
    宮崎県宮崎市広島1丁目18番7号 大同生命宮崎ビル 6階
事業内容
  • インターネットインフラ事業
  • インターネット広告・メディア事業
  • インターネット金融事業
  • 仮想通貨事業
資本金 50億円

2020年3月末日時点

株式 東京証券取引所 第一部上場
株式コード 9449
代表者 代表取締役会長兼社長・グループ代表熊谷 正寿
従業員数 5,995名(社員 5,327名 / 臨時従業員 701名)

2019年12月末日時点 企業グループ合計数

事業者番号 届出電気通信事業者 A-04-531
所属協会研究会等
  • 財団法人インターネット協会(IAjapan)
  • Internet Corporation for Assigned Names and Numbers (ICANN)
  • 社団法人日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)
  • 社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)
  • 公益社団法人 企業メセナ協議会
  • 警視庁 サイバー犯罪対策協議会
  • 日本コンピュータセキュリティインシデント対応チーム協議会(略称:日本シーサート協議会)
  • 日本ブロックチェーン協会
  • ブロックチェーン推進協会
認定

2013年12月26日
「次世代育成支援対策推進法」認定マーク
(愛称:くるみん)取得

取引銀行
  • GMOあおぞらネット銀行
  • あおぞら銀行(本店)
  • 三菱UFJ銀行(渋谷支店)
  • 三井住友銀行(渋谷駅前支店)
  • 三菱UFJ信託銀行(本店)
  • みずほ銀行(渋谷支店)
  • りそな銀行(渋谷支店)

見ての通りインターネット業界では大企業です。

長年WiMAXプロバイダとして運営を続けており、2020年にギガゴリWiFIサービスを開始しました。

2019年頃からポケットWiFi市場に参入する企業が多くなり、サービス内容に大きく差がつきました。

運営元企業としても安心できる会社ですからギガゴリWiFIのサービス自体は問題ないです。

ギガゴリWiFiの評判まとめ

ギガゴリWiFiがおすすめない人

  • 〜30GBまでしか使わない
  • 1年間だけポケットWiFiを使ってみたい
  • 〜30GBまでのポケットWiFiを最安値で使いたい

こんな方にはギガゴリWiFiはおすすめです。

コロナウイルスの影響で申し込みから到着までに1週間ほど時間がかかっているそうです。今すぐ必要な方はお急ぎくださいね。

-ポケットWiFi

Copyright© 光スマート , 2020 All Rights Reserved.