どんなときもWiFi 評判

どんなときもWiFi

どんなときもWiFiは、2020年2月より発生した通信障害が原因で2020年4月3日より新規申し込み受付を停止しています。
形式的には、安定供給の観点からとされていますが、以前のようなサービスは期待できなくなりました。

どんなときもWiFiユーザーの方で解約を検討されている方は【どんなときもWiFi 解約方法】から読み進めてください。

また、ポケットWiFiを検討中の方は以下のページからおすすめのポケットWiFiをお探しくださいね。

参考【ポケットWi-Fi おすすめ】モバイルルーターの1番人気を紹介!

どんなときもWiFiとは

どんなときもWiFiとは、株式会社グッド・ラックが運営する容量無制限のポケットWiFiサービスです。

業界初のクラウドSIMを利用した通信制限無しのポケット型WiFiサービスで次のようなメリットがありました。

  • 3日間制限なしデータ通信が無制限
  • 3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の4G回線を利用できる
  • 世界108ヵ国対応、そのまま利用できる

まず大手キャリアの4G回線を利用できるマルチキャリアであることから、WiMAXエリア外で選べなかったユーザーの大本命となりました。

WiMAXでは、3日で10GB制限がありましたが、どんなときもWiFiは通信制限一切無し、データ使い放題と夢のようなサービスなのにWiMAXよりも安い。

CMもどんどん打ち出していたことから無制限ポケットWiFiといえば「どんなときもWiFi」と言えるレベルになっていました。

しかし、度重なる通信障害を起こした後、2020年4月3日より新規申し込み受付停止と事実上、事実上サービス停止しました。

致命的なデメリットがいくつかあったのでその理由を解説します。

どんなときもWiFi デメリット

どんなときもWiFiのデメリットを紹介します。

どんなときもWiFiのデメリットは以下の4点です。

  1. 通信速度が安定せずサービスに問題が出た
  2. 月額料金が後発サービスに負けている
  3. レンタル端末なので返却が必要
  4. 解約時の違約金が高い

順番に解説します。

デメリット1:通信速度が安定せずサービスに問題が出た

どんなときもWiFiの致命的なデメリットは、通信速度の安定性です。

どんなときもWiFiでは、2020年2月から通信障害が多発しており、使い物にならないレベルとなったからです。

大きな通信障害は2月、3月に発生しており、詳細な情報はどんなときもWiFi お客様サポートに掲載されています。

この度は一部のご利用者様へ通信不具合が発生し、ご迷惑をお掛けしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。
下記に2月に発生した障害について概要をまとめさせていただきましたので、ご確認お願い致します。

事象
一部のご利用者様への通信不具合が発生。
発生期間
2020年2月21日(金)夕方頃 ~ 2020年2月29日(土)

この問題を巡ってはネットニュースにたびたび取り上げられ、運営会社の株式会社グッド・ラックに補償などの対応が求められていました。

通信障害の様子

どんなときもWiFiの通信障害では、30Kbps前後の速度しか出ないため、通信制限で厳しい大手キャリアの128Kbpsを下回る結果となりました。

2月以降は、たびたび通信障害を引き起こした為、通信障害状況に合わせて補償内容を提示していました。

2月に発生した通信障害の補償(受付終了)

①契約をご継続頂ける方に対し、次月の月額料金1ヶ月分を減額。

②契約解除をご希望されるお客様の違約金を免除。
【受付期間】2020年3月2日(月)~2020年3月15日(日)

https://support.donnatokimo-wifi.jp/news/network-terrible/202002.php

3月に発生した通信障害の補償(受付終了)

以下に該当する場合、3月分の月額料金を返金。
・2020年3月31日までにご契約いただいた方
・2020年3月度の基本料金について、既に入金の確認が取れている方

https://support.donnatokimo-wifi.jp/news/network-terrible/202003.php

4月には大容量利用したユーザーを25GB上限のプランに移行

無制限を謳っていましたが、勝手に月間25GBプランに移行させられています。

補償内容
①今月、2020年4月より、次回更新月まで 月額利用料金を無料 とします。
②毎月のデータ通信の利用上限は25GBになります。
③追加のインターネットサービスを利用した場合、上限1万円まで補償します。
補償内容は上記以外にも、準備を進めており、順次、お知らせいたします。

25GBプランに移行したくない人は、契約解除にかかる費用(違約金)なしで解約。

このようにサービス提供自体ができなくなってしまいました。

デメリット2:月額料金が後発サービスに負けている

どんなときもWiFiはスタート時は先進的なサービスであり、WiMAXとの料金比較で安い!と評価されていました。

しかし、同じ完全無制限のポケットWiFiサービスが増え、月額料金を比較すると高くなりました。

ポケットWiFi 月額料金
どんなときもWiFi 〜24ヶ月目:3480円
25ヶ月後:3980円
Mugen WiFi 3280円
縛りなしWiF 3300円
よくばりWiFi 3450円
THE WiFi 3480円
ポケットモバイルCloud 3250円
SPACE Wi-Fi 3680円
UQ WiMAX 3,880円

後発サービスでは2年後に値上がりすることなく一律料金で展開しています。どんなときもWiFiをあえて選ぶ理由はなくなりました。

デメリット3:レンタル端末なので返却が必要

どんなときもWIFiはレンタル端末なので返却が必要となります。

解約月の翌月10日以内に必着で指定の宛先まで端末本体/個装箱2点の発送が必須です。

「欠品がある場合」「故障がある場合」には機器損害金として18000円の請求があります。

初期費用にて端末代金がかからないことがメリットではあります。しかし、万が一のことを考えて端末補償オプションの加入が必要になることからデメリットとなります。

後発のクラウドSIMサービスによるポケットWiFiではレンタルを採用するところが多いのもどんなときもWiFiの影響だと思われます。

有名どころにて比較してみました。

ポケットWiFi 端末扱い
どんなときもWiFi レンタル端末
返却が必要。弁済金 18,000円
WiMAX
(GMOとくとくBB)
買取
端末代 0円。端末による違約金発生なし
Y!Mobile 買取
36ヶ月の分割。途中解約で10000円程度の残債あり

端末で比較するとポケットWiFiではやはりWiMAXが優勢に見えますね。

WiMAXでは、端末は無料です。解約後は端末代金を請求されないことため、比較するとデメリットといえます。

デメリット4:解約時の違約金が高い

どんなときもWiFiのデメリットは違約金が高いことです。

後発ポケットWiFiサービスで比較すると違約金が高いのは明らかだと思います。

ポケットWiFi 違約金
どんなときもWiFi 0〜12ヶ月目 19,000円(税抜)
13〜24ヶ月目 14,000円(税抜)
25ヶ月目 0円
26ヶ月以降(更新月以外) 9,500円(税抜)
Mugen WiFi 1年未満:9,000円(税抜)
1〜2年未満:5,000円(税抜)
契約更新月以降:0円(税抜)
縛りなしWiF 縛りなしプランは違約金なし
THE WiFi 1ヵ月目~24ヵ月目:解約事務手数料9,800円(税抜)
25ヵ月目以降:0円
ポケットモバイルCloud 0~24ヶ月:18,000円
25ヶ月目:更新月0円
26ヶ月目〜:9,500円

もともと、どんなときもWiFiがスタートした際には無制限使い放題のクラウドSIMサービスは存在していませんでした。そのため、比較するとしたら、WiMAXやワイモバイルのポケットWiFiでした。

この3社で比較すると妥当に見えてしまいます。

ポケットWiFi 違約金
どんなときもWiFi 0〜12ヶ月目 19,000円(税抜)
13〜24ヶ月目 14,000円(税抜)
25ヶ月目 0円
26ヶ月以降(更新月以外) 9,500円(税抜)
WiMAX
(GMOとくとくBB)
~12か月目までのご解約の場合:19,000円
~24か月目までのご解約の場合:14,000円
25ヶ月目以降:9,500円
更新月:0円
Y!Mobile 更新月以外:9,500円

現在では、無制限WiFiサービスの違約金は条件がよくなっています。どんなときもWiFiは比較対象でしかありません。

どんなときもWiFiは通信障害を引き起こした兼ね合いから対象となる方は、違約金0円で解約できます。ただ、対象とならない方は通常通り違約金が発生します。

どんなときもWiFi 良い評判・口コミ

どんなときもWiFiの通信障害がおきる前までの良い評判を集めました。

通信速度、エリア面で満足度が高く良い評判が多かったです。

どんなときもWiFi 悪い評判・口コミ

2020年2月以降の通信障害を起こした後の口コミです。

2月〜3月

3月〜4月

5月〜

ここから

どんなときもWiFi 解約方法

どんなときもWiFiでは、通信障害の影響から、一部ユーザー向けに返金・無償解約を行っています。

無償解約期間は終了。現在は返金のみ

一定の期限があるのでご注意ください。

以下のページにて行っています。

25GB制限になった方のみの補償で、次回更新月まで月額利用料金が無料となります。

詳しくは公式HPを確認しておきましょう。

どんなときもWiFiの解約手順

  1. 解約の受付をする
  2. 端末を返却する

step
1
解約の受付をする

どんなときもWiFiの解約は、「申請フォーム」「電話」の2種類があります。

契約解除申請フォームの場合は、どんなときもWiFiのお客様ページにログインしてから必要事項を入力します。

電話での解約の場合は、グッドラックサポートセンターまでご連絡いただき、担当オペレーターにご解約をご希望である旨をお伝えます。
担当オペレーターで顧客情報を確認し、ご解約の処理をします。電話にて、解約の受付は完了となります。

グッドラックサポートセンター
0120-048-277
【 受付時間 】11:00 ~ 18:00
【 受付日 】月~土( 年末年始は除く )

step
2
端末を返却する

解約申請が終わったら、解約月の翌月10日までに到着するようにレンタル端末を郵送します。

返却が必要なレンタル端末一式

  • 端末本体(必須)
  • 個装箱(必須)
  • 付属のUSBケーブル
  • ストラップ
  • 取扱説明書

端末本体と個装箱は必須です。他はどちらでも良いです。
10日以内に到着を確認できない場合、返却時に故障・破損がある場合、端末・個装箱2点の返却が無い場合は機器損害金として18,000円(税抜)が発生いたしますのでご注意ください。

返却住所
〒289-1608
千葉県山武郡芝山町岩山2313-4 丸全昭和運輸(株)D棟3F
株式会社グッド・ラック どんなときもWiFi受付窓口

どんなときもWiFiの評判まとめ

どんなときもWiFiは画期的なサービスではありましたが、度重なる通信障害でおすすめできなくなりました。

サービス自体は終了するつもりはなく安定してから再開する予定だそうです。

既存ユーザーも不安定なサービスなので別の回線への乗り換えをおすすめします。

-ポケットWiFi

Copyright© 光スマート , 2020 All Rights Reserved.