光スマート

インターネットをお得に契約!初心者のための比較&ランキングサイトです。知識ゼロからもっと快適に、いちばんお得につなぐ!選び方から契約方法までわかりやすい情報をお届けします。

業界最安級のBroad WiMAXの評判はどう?デメリット・メリットをまとめます!

更新日:

WiMAXは様々なプロバイダから販売されています。中でも業界最安値級として販売されているBroad WiMAXの広告を見て検討している人も多いかと思います。

Broad WiMAXは本当に安いの?安心して申し込んでいいの?他のプロバイダと比較してどうなの?と疑問に感じている方に向けてBroad WiMAXのデメリット・メリットを解説します。

→Broad WiMAXの最新キャンペーンを見てみる

ちなみにBroad WiMAXはUQ WiMAXのプロバイダ(販売代理店)の株式会社リンクライフ(Link Life)から販売されているWiMAXです。

そもそもWiMAXって何?と疑問な方はこちらも合わせてごらんください。

参考WiMAXのメリットとデメリットとは?図解でわかりやすく解説します!

Broad WiMAXの料金プラン

Broad WiMAXではキャンペーンが適用され次のような料金プランとなります。

ギガ放題 ライトプラン
料金プラン ~2ヶ月 2,726円 2,726円
3~24ヶ月目 3,411円 2,726円
25ヶ月目〜 4,011円〜 3,326円
通信制限 3日で10GB以上で
最大1Mbpsに制限
月7GB以上で
最大128Kbpsに制限
通信速度 下り最大440Mbps
端末 W05,W04,L01s
契約期間 3年
契約事務手数料 3,000円
違約金 12ヶ月以内 19,000円
13~24ヶ月以内 14,000円
26ヶ月目以降 9,500円
更新月 0円
  • ギガ放題プラン:ほぼ使い放題のプラン(3日で10GB以上使うと通信制限)
  • ライトプラン:料金が安いプラン(月7GB以上使うと通信制限)

ほとんどの方がギガ放題プランを選んでいます。

通常のWiMAXでは、月額4380円しますが、Broad WiMAXでは3380円~と安く使える点でメリットがあります。

またキャンペーン適用で初期費用無料になる点も魅力的なポイントです。

Broad WiMAXの3つのデメリット

Broad WiMAXの料金プランを見たらお得に見えますが、デメリットが存在します。契約前に注意したいポイントは次の3つです。

  1. 3年契約しかない
  2. 最安値級だが最安値ではない
  3. 口コミではサポート対応が悪い点が目立つ

順番に解説します。

3年契約しかない

Broad WiMAXの契約は3年契約しか選べません。

3年以内の解約で以下のような解約金が発生します。つまり36ヶ月目更新月以外での解約は違約金が発生します。

3年も使えば使っている端末もボロボロ。どうしても新端末に比べると性能が落ちてしまいます。

端末 W05 W01
画像
発売日 2018年1月 2015年1月
回線 WiMAX 2+
au 4GB LTE
WiMAX 2+
au 4GB LTE
速度 下り最大708Mbps
上り最大75Mbps
下り最大220Mbps
上り最大25Mbps
バッテリー 最大9時間 最大8時間
Wi-FI規格 11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz対応) 11ac/n/a(5GHz帯)、11n/g/b(2.4GHz帯)

確かにWiMAXは安くて速い回線ですが、同じ端末を3年使わなければならない点でデメリットとなります。

3年契約ではメリットもある

3年契約ではキツい縛りがありますが、1,005円/月で使えるau 4G LTE「ハイスピードプラスエリアモード」を無料で使えます。

WiMAXの回線性質のデメリットを以下のような形で解消してくれる機能です。

ただし、ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)で7GB上限に達した場合、ハイスピードモード(WiMAX回線)も一緒に128Kbpsの通信制限になります。

利用できたとしても厳しい通信制限が用意されているので、ピンポイントだけの利用をおすすめします。

最安値級だが最安値ではない

業界最安値級とうたっていますが、しっかりと計算してみるとそれほど安くありませんでした。

WiMAXプロバイダごとのキャンペーンを含め1ヶ月ごとの実質利用料を計算してみたところ、高くなっていました。

プロバイダ 2年契約 3年契約 月額平均
GMOとくとくBB 68704 - 2863
カシモWiMAX 77120 - 3213
Broad WiMAX - 128626 3573
So-net WiMAX - 111208 3089
BIGLOBE WiMAX - 126310 3509
UQ WiMAX - 146312 4064

※当サイトでは各契約期間毎の合計を計算し、1ヶ月毎の使用料を調べました。(2年契約:24ヶ月の合計/24。3年契約:36ヶ月の合計/36)

この原因は、Broad WiMAX3年目の料金が3,411円から4011円への値上がりしたことにありました。

基本的に2年契約時点で比較されていますが契約期間内で再評価するとBroad WiMAXは高めという結果です。

口コミではサポート対応が悪い点が目立つ

Broad WiMAXの口コミでもっとも多いのがサポート体制の悪さでした。

口コミをまとめると

  • 電話してもつながない
  • チャットは自動返信

という結果になりました。

これはネット代理店特有の現象なのですが、人件費を削減するため少人数で運営されているところが多くサポートがネットのQ&A中心になってしまいます。

WiMAXの使い方は電源を入れたら使えるもので難しい設定が不要なのでほぼサポートを必要としませんが、万が一のサポート体制が弱い点でデメリットになります。

 

Broad WiMAXを契約すべき3つメリット

デメリットがあってもBroad WiMAXを契約した方が良い理由があります。

メリットは次の3つです。

  1. 即日発送ですぐにネットが使える
  2. auユーザーのセット割りが使える
  3. 他社WiMAXの違約金負担をやっている

即日発送ですぐにネットが使える

WiMAXの本家 UQ WiMAXでは発送日程に関して次のように記載されていました。

UQのオンラインショップからお申込みいただいた場合は、おおむね1週間以内にはお届けが可能です。

参考配送について

他の販売代理店だと1週間以上かかるところもあるなか、Broad WiMAXでは、即日発送を実施しています。最短で申し込みした翌日からWiMAXを使えるわけですから、急いでネット環境を構築したい人に向いています。

また一部地域(渋谷、秋葉原、大宮、梅田)で、店舗受取を実施しており当日からネットが使えます。

参考BroadWiMAX

auユーザーのセット割りが使える

Broad WiMAXではauユーザー向けのセット割引『auスマートバリューmine』にも対応しています。

最大1,000円/月の割引なのでauユーザーにはお得度が高くなります。

他社プロバイダでは『auスマートバリューmine』に対応していない会社もあるのでauユーザーには嬉しいポイントです。

他社WiMAXの違約金負担をやっている

Broad WiMAX最大のメリットだと思っているのですが、他社WiMAXの違約金負担してくれます。

最大19000円の違約金を負担してくれるわけですから、更新月での乗り換え損ねた方にお勧めできます。

申請方法はm違約金のわかる書類を「info@wimax-broad.jp」までメールで送るだけです。

 

古いWiMAX端末から心機一転!新しいWiMAX端末に無料で切り替えるならこのキャンペーンは魅力的でしょう。

Broad WiMAXの申し込み方法と注意点

Broad WiMAXでは申し込み時に失敗すると初期費用の負担・割引が適用されなくなるため注意して契約しなければなりません。

契約時の注意点は次の2つ

  1. クレジットカードで申し込む
  2. 契約時にオプション加入する

口座振替だと割引額減ってしまうのでクレジットカードにて支払い設定をしてください。

口座振替ありで申し込みしたい方はキャンペーン対応しているBIGLOBE WiMAXでお申し込みください。

また、初期費用18857円の割引を適用させるためには指定オプションサービスに加入しなければなりません。申し込み後に外せるので契約時のみつけておきましょう。

 

まとめ

Broad WiMAXよりももっと安いプロバイダはありますが

  1. 即日発送
  2. 他社WiMAXの違約金負担
  3. 2年間の料金の安さ

は魅力的です。

1日でも早くネット回線が必要な方は以下のリンクからBroad WiMAXから申し込みをしましょう!

もし、時間の余裕があり、もっとお得なWiMAXをお探しの場合は以下のページを参考にしてくださいね。

具体的な申し込み方法を見たい方は次のページへ

次のページへ >

-WiMAX

Copyright© 光スマート , 2018 All Rights Reserved.